MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
町田で昭和62年から続くカツカレーの名店|アサノ(カレー/町田)

町田で昭和62年から続くカツカレーの名店|アサノ(カレー/町田)

 昭和62年から続くカツカレーの名店だ。ご主人が先代とともに研究したカレーにはホテルの味、東南アジア仕込みのスパイス、和のテイストも加わって、さらさらしながら深い味わい。

アサノ(最寄駅:町田駅)

手間と素材にこだわったリッチな旨さ!

神奈川県名産の「高座豚」には上品な旨みがあって、カレーと一緒になるとさらに旨い。カレーに溶け込んだ肉、別に茹でられたジャガイモやニンジン。あぁスプーンが止まらない。

リッチなカツカレー
1450円

ブイヨンに丸1日、カレーペーストに1日半。丸4日かけて仕込まれる

リッチなエッグカレー
1000円

よりスパイシーなチキンカレーに半熟の卵がのる

[その他のメニュー]リッチなポークカレー950円、リッチなチキンカレー950円、大盛カレールゥ200円増し、大盛ライス100円増し

お店からの一言

店主 浅野信三さん

「一つひとつの材料にもこだわってます」

アサノ

『アサノ』
[住所]東京都町田市原町田4-5-19 町田仲見世飲食街 [TEL]042-729-7258 [営業時間]11時半~14時(並んだ人まで)、17時~20時(売り切れ終了) ※ランチタイム有 [休日]水曜日・木曜日 [座席]カウンター7席/禁煙/予約不可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]JR横浜線ほか町田駅ターミナル口から徒歩3分 [個室]なし [子供]カウンターのみなのであまりおすすめできません

電話番号 042-729-7258
2017年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
キッチンカーからスタートして評判となり、2016年に開店。店主の伊藤さんは、バックパックでインドを訪れ、すっかりカレーの虜になってしまったとか。
スープカレーの先駆け的存在。サラリとしたスープは甘みとコクがたっぷり。※ランチタイムあり
千駄木『スパイスカレー とくじろう』|店主の増田さんは元寿司職人。10年前に店を閉めて修業や研究を重ね、2017年11月19日にこの店をオープンさせた。
カツカレーは「とん丼」という名前で創業してすぐ、オリジナルメニューとして登場。カツに使用するのは脂やスジを切り落としたロース肉。
ビーフ、ポーク、玉ネギ、リンゴなどをブイヨンに加え、じっくりと煮込んだ同店のカレーは、初代が修業した帝国ホテル由来のカルカッタカレーがベース。カツに使うのは脂に上品な甘みを持つ国産豚の上ロース。
かつての学芸大学から移って5年、白金高輪の地に隠れ家のような面持ちである店は、きれいな空気感がある。ほんのり甘くダシが品よく利いた玉子焼きしかり、プリッとしたエビとイカをサクッと軽く揚げたかき揚げしかり。
住宅街の奥深くに佇む『ターキー』。初めてでは見つけにくいけれど、各地から熱烈ファンが訪れる街中華の名店だ。
吉祥寺飲み&家飲みをしないおっさん女子だったが、最近では吉祥寺昼飲みを解禁した。 理由は“もーやってらんない”自分を、さらに甘やかすため。 休日の昼飲みは、居酒屋系のおっさん女子ですが、平日はオシャレ系です。しかもビールを飲んどります! 
赤々と炭を熾した囲炉裏がこの店の舞台。その周りに置かれた席に腰をかければ“三九劇場”の幕が上がる。
初めて訪れたときは、こんな場所に「お店が⁉」と正直驚いた。 言ってみれば鶴橋商店街のダンジョンから抜けてたどり着いた酒場という印象。 それが「よあけ食堂」だった……。 創業74年。長いカウンター席が特徴的で、一品料理から鍋、洋食など、さまざまな料理が楽しめる名店だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt