MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
とんかつの人気店『神田ポンチ軒』と同系列店のカツカレー|洋食&ワイン 目白 旬香亭(洋食/目白)

とんかつの人気店『神田ポンチ軒』と同系列店のカツカレー|洋食&ワイン 目白 旬香亭(洋食/目白)

「洋食&ワイン 目白 旬香亭(シュンコウテイ)」(洋食/目白)|昔懐かしい洋食とレストランというのがコンセプト。とんかつの人気店『神田ポンチ軒』と同系列でもある。

洋食&ワイン 目白 旬香亭(最寄駅:目白駅)

スリランカカレーがサクッと甘いとんかつと絡む!

脂身が甘いロースはきめが細かく、ガシッと頬張りたい。岩塩や卓上の太陽ウースターソースも合う。もちろん、スパイスを煙が出るまで炒めたブラックカレーとの相性も抜群。とんかつの下には季節の野菜の素揚げが隠れていて、食べ進めるのがまた楽しい。

カツとブラックカレー(ランチのみ)
1600円

メニューとしてはランチのみ。夜は、ブラックカレーとロースとんかつを別々に頼む手も

欧風ビーフカレー
1800円

デミグラスソースが加えられ、トマトの旨みや酸味も。しっかり煮込まれたビーフの頬肉が旨い!

お店からの一言

店長 古賀達彦さん

「スリランカの味にコクと旨みをのせています」

洋食&ワイン 目白 旬香亭

[住所]東京都豊島区目白2-39-1 トラッド目白2階 [TEL]03-5927-1606 [営業時間]11時~15時(14時LO)、17時~23時(22時LO)※ランチタイム有 [休日]月(祝の月は営業) [席]テーブル30席/全席禁煙/予約可/カード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]JR山手線目白駅から徒歩1歩

電話番号 03-5927-1606
2017年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 地元・神奈川県産の食材をふんだんに使った洋食を提供。看板商品のナポリタンなど懐かしさを感じる味や雰囲気を残しながらも、素材にこだわるなど時代に合わせた料理がいただける。
更新: 2019-05-21 11:04:47
洋食タケル(洋食/根津)|看板オムライスは2種。ふわとろオムレツをチキンライスにのせたやつと卵で包む王道のやつ。
更新: 2019-01-07 12:00:00
洋食工房ヒロ(洋食/京成立石)|そそり立つ特大の海老フライ、その姿はまるでシャチホコ!? 見た目のインパクトもさることながら、旨さもケタ外れ。
更新: 2018-12-27 18:00:00
にっぽんの洋食 新川 津々井(洋食/茅場町)|昭和25年創業の老舗らしい本格洋食店。佇まいはほどよい緊張感だが、その期待をまったく裏切らない。
更新: 2018-12-27 12:00:00
キッチンれん(洋食/六本木)|ネオンきらめく六本木で都会のオアシスのような洋食屋を発見。界隈ではちょっと知られた存在で、もうすぐ開店20年になるという人気店だ。
更新: 2018-12-26 18:00:00
最新の投稿
連日の猛暑で外出するのも億劫になる。そんなときは、味噌煮込みうどんを食べて涼しくなろう! えっ? 余計に暑くなるって!? いやいや、食べれば食べるほど涼しくなる味噌煮込みうどんを名古屋市中区新栄近くにある『吉野屋』で発見したのだ……。
更新: 2019-08-20 15:50:00
魚は全国の選りすぐりの漁師船から買い付け。その日の朝獲れたピチピチ鮮魚のほか、「神経〆」という特別な絞め方をされた旬魚が届き、一番美味しい状態で出せるよう、魚によっては寝かせて熟成させる。
更新: 2019-08-20 12:00:00
氷が見えないほどクリームで覆い尽くした、インパクト大な“苦くない抹茶”のかき氷。3種のソースが使われており、味わいのバランスが絶妙で美味しさはもちろんだが、掘っていく楽しみもある。
更新: 2019-08-19 12:00:00
熱々のうなぎとご飯をほおばると、脂のコクとタレの甘みを感じつつもすぅっと溶けるような食べ心地。大串がのる鰻重でも、最後まで飽きることなくお年寄りから子どもまでパクパクと箸が進んでしまう。
更新: 2019-08-18 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt