MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
高田馬場の実力派和食店「福茶庵」のボリューミーな日替わりランチ

高田馬場の実力派和食店「福茶庵」のボリューミーな日替わりランチ

「福茶庵 (ふくちゃあん) 」(和食/高田馬場)|高田馬場で41年続く実力派和食店。ボリューミーな日替わりランチは魚定食、肉定食ともに800円とお値打ちだが、悩んだときは両方味わえるダブル定食を頼むべし。

福茶庵(最寄駅:高田馬場駅)

肉も魚も欲張りたい日はここへしみじみ旨い、正統派の和定食

この日のメニュー、カジキの照り焼きは身が厚くてしっとり。「友人がしょうが焼き専門店をやってて。そこの秘伝ダレを使ってます」というしょうが焼きも、なるほど納得の美味しさ。ご主人のお母さんが作る小鉢やぬか漬けがこれまた名脇役で、お替わり自由のご飯がモリモリ進む。北海道のハンターから一頭買いするエゾ鹿を使ったカレー(800円)もファンの多い逸品だ。

本日の魚と肉W定食
950円

デザートのメロンがさり気なくうれしい。ランチは日替わりのほか、「鯖の塩焼き定食」、「釜揚げしらす丼」各800円、「銀ダラの西京焼き定食」1050円など定番メニューもある

福茶庵 (ふくちゃあん)

写真:福茶庵 (ふくちゃあん) の店内

■『福茶庵』
[住所]東京都新宿区高田馬場3-12-6 [TEL]03-3364-0577 [営業時間]11時半~14時、17時~23時半 ※ランチタイム有  [休日]日曜日・祝日 [席]カウンター8席、テーブル10席 計18席/全席喫煙可/夜のみ予約可/夜のみカード可/サなし [アクセス]JR山手線ほか高田馬場駅早稲田口から徒歩4分

電話番号 03-3364-0577
2017年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
荒木町のスナックビルの2階奥にある、小さな和食屋。10席のこぢんまりした店内で、秋田出身の亭主が温かくもてなす。
店に入ると目に飛び込んでくるのが、じっくり煮込まれた「和牛黒煮込み」の大鍋。ビロードのような美しい光沢感にノドが鳴ること間違いなし。
低カロリー、低コレステロールで注目のラム肉。それもあってか、ここ1、2年でジンギスカン店や専門店が増え、ブーム再燃の兆しだ。
2018年3月のオープンながらすでに東中野の名店とも言えるもつ焼き屋がこちら。何気に希少な部位も揃い、肉質、焼き加減ともに見事で、お店の活気も気持ちいい。
看板は、クセがなく刺身でも食べられるほど鮮度の良い上州豚料理。中でもスモークまたは塩などから味を選べるヤキトンは、炭でぷりぷりに焼き上げられた魅惑の味だ。
「マグロが好きで寿司職人になった」と話す店主の本多さんが頑なにこだわり続けるのは、大間をはじめ日本近海で獲れる天然物の生本マグロ。色、艶、弾力、脂のり、それらを納得して仕入れる築地一の上物は神々しいまでに美しく、部位に切り分けて丁寧に処理を施す柵取りは「自分でやらなきゃ気が済まない」と笑う。
JR東日本を利用している人にはおなじみのコンビニ、ニューデイズで購入したのが、今回紹介するアマタケの「サラダチキン ランチ」シリーズ。 目指したのは「主食になるサラダチキン!」で、ピザ味、鶏めし味といった炭水化物系のフレーバーを採用することで、主食を食べている気分になれるというものだ。
208views 脱メタボ
『池田商店』の2号店としてオープン。名物の炊き餃子はすべて店で手包みし、1人前6個。
2019年のトレンド鍋は“発酵鍋”に決まったそうだが、ちょっと無理がある気がするのは私だけでしょうか?  そもそもキムチやチーズも発酵食品なんで、たいして新しくもないワケですが……。発酵食品と言えば、私がひそかに注目しているのが、おやつである。 吉祥寺は発酵系のおやつが充実しているので、今回はココをチェック!
かつて貝類が豊富にとれた江戸で、庶民に親しまれた冬の蕎麦が、この“あられ”。今ではほとんどお目にかかれない古典種物を、明治2年創業の老舗はしっかりと守り続けている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt