カレー好きの間で話題の的。人気店出身のインド人兄弟シェフが大塚に店を開いた。

カレー好きの間で話題の的。人気店出身のインド人兄弟シェフが大塚に店を開いた。

やっぱりインディア(カレー/大塚)|『シバカリーワラ』と『ダバ・インディア』。この2つの人気店でそれぞれ腕を振るったインド人シェフ二人が店を開いた。


やっぱりインディア(最寄駅:大塚駅)

あの人気店出身の兄弟シェフがタッグを組んだ!

となればカレー好きの間ではすでに話題の的。二人は兄弟で、いつか一緒に店をやりたいという願いを叶えたのだ。主軸は出身地である北インドの料理。コクがあるのに軽やかな「バターチキン」や驚くほど口どけ滑らかな「サグパニール」は絶品。兄のスレンダジさんは、南インド料理の名店『グルガオン』と『ダバ・インディア』で23年も務めたベテランシェフ。そこで得意の南インド料理も少しだけオンメニューしている。今すぐにでも食べたい話題の最旬カレーだ。

南インド肉料理ミールス 1790円

サンバル、ラッサム、チキンテェティナード、日替わりカレーがセットに。混ぜ合わせて食べたい。南インドメニューは内容が時々入れ替わる予定

マサラチャイ 450円

チキンティッカ 690円

カシューナッツとチーズベースの2種の味付けの骨なしチキン。コリアンダーソースやレモンをかけても美味

バターチキンカレー 1100円

ヨーグルトの酸味と生姜が爽やかなバターチキン。

サーグパニール 980円

サーグパニールは驚くほど滑らか

チーズクルチャ 580円

お店からの一言

店主 スレンダジさん(左) 
ラムジさん

「味にこだわって丁寧に作った料理を食べて下さい」

やっぱりインディア

[住所]東京都豊島区南大塚3-50-3 運来ビル2階 [TEL]080-3412-1701 [営業時間]11時~15時(14時半LO)、17時~23時(22時LO)※ランチタイム有 [休日]月(祝日の場合は営業、翌日休) [席]テーブル26席/全席禁煙/夜は予約可/カード不可/サなし、お通し代なし [交通アクセス]JR山手線大塚駅南口から徒歩3分

電話番号 080-3412-1701
2017年10月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


29 Rotie(肉料理/大塚)-食べると感動する!鶏肉のしゃぶしゃぶ

29 Rotie(肉料理/大塚)-食べると感動する!鶏肉のしゃぶしゃぶ

大塚の肉料理「29 ロティ」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真ページ。店主の江澤さんは肉のテクニシャン。さまざまな肉を他にない工夫で食べさせる。[住所]東京都豊島区南大塚1-23-8[TEL]03-6902-1294


3日間かける自家製ミートクリームは奥深~い味わい!大塚『とんかつ三節』

3日間かける自家製ミートクリームは奥深~い味わい!大塚『とんかつ三節』

大塚のトンカツ店「とんかつ三節」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。洋食出身の店主・牧野節男さんの腕の見せどころが、ミートクリームコロッケ。その旨みと甘みは驚くほどの濃厚さだ。[住所]東京都豊島区南大塚1-60-16


タマリンド(銀座/インド料理)-南北のシェフが腕をふるうインド料理

タマリンド(銀座/インド料理)-南北のシェフが腕をふるうインド料理

グルメライターが銀座のインド料理[Tamarind(タマリンド)]を実食レポート。南出身のマダン モハンさん、北出身のクマルさん、ふたりの料理長が自慢の腕を競うインド料理店。スパイスは現地で仕入れ、本場の味わいが楽しめる。[住所]東京都中央区銀座6-10-1


ウマい店、続々!東京で話題の三ツ星カレー店おすすめ7選

ウマい店、続々!東京で話題の三ツ星カレー店おすすめ7選

カレーの魅力は無限大。つまりカレーはどんどん進化するメニュー。そんな進化し続けるカレーには、本格インドの味わいから、日本独自に生まれたミックス系のものまでさまざま。なかでも東京で注目されているカレー店をフィーチャーします!撮影/西崎進也、貝塚 隆(プラウマカレー、Blakes)  取材/岡本ジュン


美味しすぎて買いだめ必至!東京の西で東で「カレーパン」

美味しすぎて買いだめ必至!東京の西で東で「カレーパン」

カレー特集で忘れられがちなのがカレーパン。下北沢の『アンゼリカ』でその美味しさに目覚めて以来、カレーパンを食べてきた編集武内の極私的オススメ店の紹介です。


最新の投稿


護国寺の焼き鳥・鶏料理『炭火焼鳥 そかろ』

護国寺の焼き鳥・鶏料理『炭火焼鳥 そかろ』

店名の「そかろ」とは、ご主人が以前住んでいたメキシコにある「中央広場(公園)」の意味。「いろんな人が自然と集まる、憩いの場でありたいですね」と話す本間さん。


代々木のそば『山形蕎麦茶寮 月の山』

代々木のそば『山形蕎麦茶寮 月の山』

郷土料理を肴に酒盃を傾け、板蕎麦で〆る。山形の豊富な山海の恵みを看板に、3月にお目見えしたばかりの新店だ。


大阪ローカル穴場メシ情報[35] 十三で出会った石焼の絶品ひつまぶし。おこげとウナギの相性が絶妙なハーモニー

大阪ローカル穴場メシ情報[35] 十三で出会った石焼の絶品ひつまぶし。おこげとウナギの相性が絶妙なハーモニー

もともとは区役所の裏手にあった有名店が、約3年前に十三駅東口から徒歩2分の場所に移転。 『和屋』は、海鮮から創作料理まで、十三らしいお値打ち価格で食せる居酒屋だ。


撮り鉄の「食」の思い出(43) ひたちなか海浜鉄道であんこう鍋&駅猫&多彩な車両を楽しむ/2012~2016年

撮り鉄の「食」の思い出(43) ひたちなか海浜鉄道であんこう鍋&駅猫&多彩な車両を楽しむ/2012~2016年

茨城県のひたちなか海浜鉄道は常磐線に接続する勝田駅から海岸に近い阿字ヶ浦駅までを結ぶ電化されていないローカル線。この鉄道の魅力のひとつは、多彩な列車が走っていること。 それに、ひたちなか海浜鉄道の途中駅、那珂湊駅はネコの駅として有名です。 そんなマニアック情報に加え、今回の旅の目的は、あんこう鍋です……。


代々木上原のそば『山せみ』

代々木上原のそば『山せみ』

この店を訪れるなら刺身類はぜひ注文されたし! というのも、築地のみならず、契約する三浦の漁師から水揚げしたばかりの新鮮な魚介を日々仕入れているのだ。


ランキング


>>総合人気ランキング