[プネウマカレー]高田馬場にカレーの名作がまたひとつ誕生した。

[プネウマカレー]高田馬場にカレーの名作がまたひとつ誕生した。

プネウマカレー(カレー/高田馬場)|店主の長谷さんは趣味のカレー歴が約20年。かなり攻めたカレーを完成させていたが、店を開く直前に大きな転機がやって来た。


プネウマカレー(最寄駅:高田馬場駅)

瀬戸内の海が育てたアンチョビが隠し味の名作カレーライス

 いりこで有名な香川県伊吹島のイベントでカレーを作ることになったのだ。先方の注文は「お年寄りや子供も食べられるカレー」。そこでインド料理などを日頃口にしない人たちにも喜んでもらえるカレーを作る。伊吹島の鰯を使ってこのミッションをやり遂げた長谷さんは「これで行こう」と決心した。アンチョビの優しい旨みが全体を包むルウは、ほどよいスパイス感がいい。カレーの名作がまたひとつ、高田馬場に誕生した。

チキンカレー 580円

スパイス感はあるが、インド風ではなくこだわりのオリジナルカレー。辛さはほどよく、とろりとしたルウはご飯と一緒に食べるとたまらない威力を発揮する。伊吹島の鰯を発酵させたアンチョビソースを使っているので、奥深い旨みが潜む。シンプルなビジュアルも、かえって存在感をアピールする

ラッシー 300円

カレーを食べたあとに飲みたい、まろやかなラッシー

缶ビール 300円

お店からの一言

店主 長谷 薫さん

「自慢のカレーを気軽に食べに来てください」

プネウマカレー

[住所]東京都新宿区高田馬場1-17-10 ふじ荘1階 [TEL]080-5434-2626 [営業時間]10時45分~15時半、17時~20時 ※ランチタイム有 [休日]日・祝 [席]カウンター8席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サなし、お通し代なし [交通アクセス]JRほか高田馬場駅早稲田口から徒歩5分

電話番号 080-5434-2626
2017年10月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


護国寺の焼き鳥・鶏料理『炭火焼鳥 そかろ』

護国寺の焼き鳥・鶏料理『炭火焼鳥 そかろ』

店名の「そかろ」とは、ご主人が以前住んでいたメキシコにある「中央広場(公園)」の意味。「いろんな人が自然と集まる、憩いの場でありたいですね」と話す本間さん。


日本酒ととびきりのアテで一献!谷中のBAR『サケトアテ 珍念』

日本酒ととびきりのアテで一献!谷中のBAR『サケトアテ 珍念』

サケトアテ 珍念(バー/谷中)|2017年9月、よみせ通りに新たなバーがオープンした。アルコールはビールやワイン、ウィスキーなど、ひと通り揃えているが、とりわけ力を入れるのが日本酒だ。


谷中に来たらまずはコレ!オリジナルビールでカンパイ!

谷中に来たらまずはコレ!オリジナルビールでカンパイ!

アウグス谷中ビアホール 夕やけだんだん店(居酒屋/谷中)|谷中散策のスタートにふさわしい1軒が、“夕やけだんだん”のたもとに店を構えるこちらのビアホール。店内は座敷にちゃぶ台を置いた純和風の設えで、靴を脱いでゆったりくつろげる雰囲気だ。


奥沢発!粗挽き肉をまとった【トロ~リ半熟卵】に、ビールが進む進む!!

奥沢発!粗挽き肉をまとった【トロ~リ半熟卵】に、ビールが進む進む!!

奥沢『ラッドクラフト』|シックな雰囲気のドアと壁がランプに照らされ、映画のような外観の店。バーテンダーとして出発し、ソムリエでもある店主のこだわりは、ブリティッシュ・アメリカンスタイルの古い“ダイナー”調のメニューだ。


うどんの名店「長谷川」から暖簾分けした今大注目の新宿のうどん屋

うどんの名店「長谷川」から暖簾分けした今大注目の新宿のうどん屋

蔵出し和酒と江戸前天ぷら 甲州街道 賽(旧店名:武蔵野 はせがわ)|うどん好きならば、この店名にピンと来るだろう。大泉学園にある武蔵野うどんの名店『長谷川』から暖簾分けし、2016年にオープンした。


最新の投稿


護国寺の焼き鳥・鶏料理『炭火焼鳥 そかろ』

護国寺の焼き鳥・鶏料理『炭火焼鳥 そかろ』

店名の「そかろ」とは、ご主人が以前住んでいたメキシコにある「中央広場(公園)」の意味。「いろんな人が自然と集まる、憩いの場でありたいですね」と話す本間さん。


代々木のそば『山形蕎麦茶寮 月の山』

代々木のそば『山形蕎麦茶寮 月の山』

郷土料理を肴に酒盃を傾け、板蕎麦で〆る。山形の豊富な山海の恵みを看板に、3月にお目見えしたばかりの新店だ。


大阪ローカル穴場メシ情報[35] 十三で出会った石焼の絶品ひつまぶし。おこげとウナギの相性が絶妙なハーモニー

大阪ローカル穴場メシ情報[35] 十三で出会った石焼の絶品ひつまぶし。おこげとウナギの相性が絶妙なハーモニー

もともとは区役所の裏手にあった有名店が、約3年前に十三駅東口から徒歩2分の場所に移転。 『和屋』は、海鮮から創作料理まで、十三らしいお値打ち価格で食せる居酒屋だ。


撮り鉄の「食」の思い出(43) ひたちなか海浜鉄道であんこう鍋&駅猫&多彩な車両を楽しむ/2012~2016年

撮り鉄の「食」の思い出(43) ひたちなか海浜鉄道であんこう鍋&駅猫&多彩な車両を楽しむ/2012~2016年

茨城県のひたちなか海浜鉄道は常磐線に接続する勝田駅から海岸に近い阿字ヶ浦駅までを結ぶ電化されていないローカル線。この鉄道の魅力のひとつは、多彩な列車が走っていること。 それに、ひたちなか海浜鉄道の途中駅、那珂湊駅はネコの駅として有名です。 そんなマニアック情報に加え、今回の旅の目的は、あんこう鍋です……。


代々木上原のそば『山せみ』

代々木上原のそば『山せみ』

この店を訪れるなら刺身類はぜひ注文されたし! というのも、築地のみならず、契約する三浦の漁師から水揚げしたばかりの新鮮な魚介を日々仕入れているのだ。


ランキング


>>総合人気ランキング