西巣鴨の老舗すき焼き・しゃぶしゃぶ専門店のランチセットに驚愕必至

西巣鴨の老舗すき焼き・しゃぶしゃぶ専門店のランチセットに驚愕必至

しゃぶ辰(しゃぶたつ)/すき焼き・しゃぶしゃぶ/西巣鴨|東京オリンピックと同じ年に創業した、老舗の精肉卸しが営むすき焼き・しゃぶしゃぶ専門店のランチセットに驚愕必至!その全貌はこうだ。


しゃぶ辰(最寄駅:西巣鴨駅)

味、量、内容全てに文句なし驚愕必至ランチ登場!

1人前約120gの国産牛ロース肉に、白菜・春菊・玉ネギなどの野菜がたっぷり。オカワリ自由のご飯と味噌汁に、生卵は2個まで無料。ついでにシメのうどんも付いて、とどめは食後のコーヒーもサービスしてくれる。プロが目利きした牛肉は、ほどよく脂がのって甘みも風味も実に豊か。こっくり甘めの割り下がそれをトコトン引き立て、ご飯もガッツリ進んでしまう。一風変わったU字型カウンターの1階席は、すべておひとりさま仕様のコンロで、誰にも気がねせず自分スタイルのすき焼きをじっくり堪能できる。これで1000円とは……頭が下がります。

国産牛ロースすき焼き定食 1000円

お店からの一言

店主 佐藤義晴さん

「上州牛のすき焼きや豚しゃぶも用意!」

しゃぶ辰(しゃぶたつ)

[住所]東京都豊島区西巣鴨4-13-15 [TEL]03-3910-1020 [営業時間]11時半~13時40分LO、17時~20時半LO ※ランチタイム有 [休日]水、第2日 [交通アクセス]地下鉄三田線西巣鴨駅A2出口から徒歩1分

電話番号 03-3910-1020
2017年11月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


気軽に入れるロシアで人気の老舗レストラン!丸の内『ゴドノフ』

気軽に入れるロシアで人気の老舗レストラン!丸の内『ゴドノフ』

ゴドノフ東京 丸の内店(洋食・西洋料理/丸の内)|ロシアで人気の老舗レストラン『ゴドノフ』。丸の内にオープンした日本1号店は、重厚感のある本店と違い、場所柄気軽に入れるようロシアンバルを掲げ、カジュアルに展開。


人気家系ラーメン桂家と武蔵家のハイブリッドは阿佐ヶ谷にあり!

人気家系ラーメン桂家と武蔵家のハイブリッドは阿佐ヶ谷にあり!

横浜家系 志田家(ラーメン/阿佐ヶ谷)|専務の神田寛之さんは、昨年10月に閉店した伝説の名店『桂家』で最後まで厨房に立っていた人物。人気店『武蔵家』で修業した経歴もあり、東京を代表するふたつの家系ラーメンのいいところを融合させている。


見た目も旨さもケタ外れ!ハンバーグと海老フライの欲張りセット

見た目も旨さもケタ外れ!ハンバーグと海老フライの欲張りセット

洋食工房ヒロ(洋食/京成立石)|そそり立つ特大の海老フライ、その姿はまるでシャチホコ!? 見た目のインパクトもさることながら、旨さもケタ外れ。


約20種類のそうめんに魅惑の料理!恵比寿の「そうめん専門店」

約20種類のそうめんに魅惑の料理!恵比寿の「そうめん専門店」

『そそそ』(和食/恵比寿)|にゅうめんのような定番から鶏塩ダシやクリーム系の変わり種まで、メニューに並ぶ約20種類のそうめんに目を奪われる。ココは、小豆島の手延そうめん「島の光」を使用した専門店。


1日分の野菜をチャージできる優秀「ランチ」は阿佐ヶ谷にあり!

1日分の野菜をチャージできる優秀「ランチ」は阿佐ヶ谷にあり!

『べじcafe 和み』(和食/阿佐ヶ谷)|突然ですが、野菜足りてますか? 生活習慣病予防のため、厚生労働省が定める1日の摂取目標は350g。


最新の投稿


奄美大島の郷土料理『なつかしゃ家』

奄美大島の郷土料理『なつかしゃ家』

“あんま”(お母さん)と親しみをこめて呼ばれるのが、店を切り盛りする恵上イサ子さん。島の中学校の校長を定年退職後、奄美独特の食文化を次の世代に伝えたいと、料理人へ転身した。


至福の鯖百選[6] 「もう1杯」が無限になる!?  ビールに最強の「サバグルメ」でカンパイ!

至福の鯖百選[6] 「もう1杯」が無限になる!? ビールに最強の「サバグルメ」でカンパイ!

ここしばらく「サバグルメ洋風化現象」が起きているなか、「サバと洋酒」シーンがもっと盛り上がってもいいはずだ。 サバと洋酒を極めなければ!と思っていた矢先に、ビッグニュースが飛び込んできた。なんと、キリンビールのビアレストラン『キリンシティ』が最高にビールに合う「サバ料理」を開発! これは行くしかない!!!


落合の豆腐屋『小野田豆腐店』

落合の豆腐屋『小野田豆腐店』

 ご近所さんやお使いの子どもたちが続々と訪れる、一見普通の“街のお豆腐屋さん”だが、手間暇かけて丁寧に作られた絶品の豆腐がいただける。四代目の小野田滋さんが北海道産「音更大袖振」と出合い、大豆に魅せられ作ったのは「四代目 絹」。


築地の豆腐屋『とうふ杉寅』

築地の豆腐屋『とうふ杉寅』

 近隣住民が買いに来るだけでなく、50軒を超える銀座の名店や料亭などにも豆腐を納めている店。ここではプロの舌も唸らせる逸品が手に入る。


名古屋エリア限定グルメ情報(60) たまり醤油の濃厚なコクとほのかな甘さがクセになる「チャーシュー中華そば」

名古屋エリア限定グルメ情報(60) たまり醤油の濃厚なコクとほのかな甘さがクセになる「チャーシュー中華そば」

名古屋には、味噌かつや手羽先、きしめんなど安くて旨いB級グルメは数多くあるが、ご当地ラーメンは存在しない。 そんななか、将来的に名古屋のご当地ラーメンとなる可能性を秘めたラーメンを出す店を発見した。それが『濃厚中華そば 佐とう』だ。


ランキング


>>総合人気ランキング