MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
【閉店】中目黒の“カカオビストロ”|BONNEL HOUSE(ボンヌ ハウス)/ビストロ/中目黒

【閉店】中目黒の“カカオビストロ”|BONNEL HOUSE(ボンヌ ハウス)/ビストロ/中目黒

BONNEL HOUSE(ボンヌ ハウス)/ビストロ/中目黒|ここ数年、カカオ商品のヒットやビーントゥバー専門店の台頭でブームになっているチョコレート。中目黒にオープンした『BONNEL HOUSE(ボンヌ ハウス)』が掲げるコンセプトは、“カカオビストロ”。

※閉店※BONNEL HOUSE(最寄駅:中目黒駅)

中目黒の牛・豚・ジビエ、鎌倉野菜と楽しむ“カカオビストロ”

十条、鎌倉でホットスティックチョコレートを楽しむカフェを営業しているオーナーの丹羽洋平さんが、シェフの竹花大喜さんと出会い、一念発起。世界でも類を見ない店を立ち上げた。 カカオ豆やそれを砕いたチップのカカオニブなどを使った創作肉料理と、三浦野菜とともにワインをペアリングでいただく。ワインはグラス500円~、ボトルは2500円~とリーズナブル。もちろん、ホットスティックチョコレートも用意。店内、テイクアウトで楽しめる。新しい“ナカメ”の顔になるか。

鴨胸肉のカカオロースト 150g
2300円

スパイスとしてのカカオを味わえる一品。マスタードとカカオニブを鴨胸肉の皮目に塗り、じっくりロースト。カカオの苦みを引き出す。フォンドボーソースにつけてどうぞ

カカオと牛肉の赤ワイン煮
2800円

赤ワイン、野菜と10時間煮込んだ牛肉を、カカオニブでとったダシに入れて蒸し上げる。くずれるほど柔らかい牛肉の旨みと、チョコの甘みや赤ワインの渋みと口中で混ざりあう

骨付き子羊のロースト 160g  ボンヌショコラソース
2300円

カカオニブのマリネを施したラムは、そのまま食べて肉の風味を楽しむもよし、カカオ70%のチョコを使ったフォンドボーベースのソースや、カカオ塩で食べるもよし

カカオ畑 980円(奥) カカオニブとレンズ豆のサラダ
700円(手前)

畑に見立てたサラダは、瑞々しい三浦野菜をニンニクの利いたマヨネーズとともに。手前のサラダは、ニブのほのかな苦みが絶妙。「1品目に食べてほしい!」とシェフ自信のひと皿

※閉店※BONNEL HOUSE(ボンヌ ハウス)

写真:BONNEL HOUSE(ボンヌ ハウス)の店内

[住所]東京都目黒区青葉台1-16-9 Sakura Garden east 2階 [TEL]03-6455-3545 [営業時間]ランチ11時~14時、カフェ14~18時、ディナー19~23時 ※ランチタイム有 [休日]火 [交通アクセス]東急東横線中目黒駅正面改札より徒歩5分

電話番号 03-6455-3545
2017年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
地元客や観光客で賑わう軽井沢の人気レストラン『RK GARDEN』。その姉妹店が、昨年9月にお目見えした。
更新: 2019-05-14 15:39:09
こんな店を待っていた! と思わせる新星が登場した。一見オシャレな立ち呑みだが、奥にはカウンターやテーブル席もあり、ゆっくりくつろげる。
更新: 2019-05-16 10:52:50
 仕込みや調理に手間はかけても見た目や味付けはシンプルに。牛、豚、鴨、季節で鹿や猪などを使い、ローストやステーキといった直球勝負の肉料理に仕上げてくれる。
更新: 2019-05-20 13:32:03
「お客さん同士が仲良くなれる店に」と笑顔で話すのは店主の保坂さんと妻の礼子さん。開店1年ながら「ローグ」=いたずらっ子の店名通り、仲良し夫妻の元にお茶目な常連客が集まる繁盛店だ。
更新: 2019-05-20 13:34:27
 何というフォトジェニックなチーズ料理! 熱々に断面をグリルしたラクレットがテーブルに運ばれてきたかと思えば、目の前で季節野菜の上にどろろ~ん。
更新: 2019-05-20 13:37:09
最新の投稿
新大橋通りに面した角に立つ小さなお店。中に入ると、多種多様なベルギービールが棚にずらりと並び、常時50~60種もの味を楽しめる。
更新: 2019-05-21 12:00:00
店主は毎朝築地へ足を運び、勝ち得た信頼と目利きにより入手した天然ものの魚にこだわる。そんな和食店で提供される、肉好きも大満足のメニューが右の逸品。
更新: 2019-05-20 12:00:00
「かろかろん♪」と鈴が鳴るドアを開けると、アフリカ調の素朴な色合いと華やかさが入り混じったリラックス空間が広がる。多国籍の雑貨を売っていた所に、お茶や食事を楽しめるスペースを開設したのが始まり。
更新: 2019-05-20 11:44:41
洋食店としての創業ながら、先代はとんかつ専門店だったという歴史を持つ店の当代が打ち出したのは、驚くほどふわふわのハンバーグ。「子どもの頃、親父が作るハンバーグが好きで、それを再現したかった」と店主は笑う。
更新: 2019-05-20 11:47:44

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt