中目黒の“カカオビストロ”|BONNEL HOUSE(ボンヌ ハウス)/ビストロ/中目黒

中目黒の“カカオビストロ”|BONNEL HOUSE(ボンヌ ハウス)/ビストロ/中目黒

BONNEL HOUSE(ボンヌ ハウス)/ビストロ/中目黒|ここ数年、カカオ商品のヒットやビーントゥバー専門店の台頭でブームになっているチョコレート。中目黒にオープンした『BONNEL HOUSE(ボンヌ ハウス)』が掲げるコンセプトは、“カカオビストロ”。


BONNEL HOUSE(最寄駅:中目黒駅)

中目黒の牛・豚・ジビエ、鎌倉野菜と楽しむ“カカオビストロ”

十条、鎌倉でホットスティックチョコレートを楽しむカフェを営業しているオーナーの丹羽洋平さんが、シェフの竹花大喜さんと出会い、一念発起。世界でも類を見ない店を立ち上げた。 カカオ豆やそれを砕いたチップのカカオニブなどを使った創作肉料理と、三浦野菜とともにワインをペアリングでいただく。ワインはグラス500円~、ボトルは2500円~とリーズナブル。もちろん、ホットスティックチョコレートも用意。店内、テイクアウトで楽しめる。新しい“ナカメ”の顔になるか。

鴨胸肉のカカオロースト 150g 2300円

スパイスとしてのカカオを味わえる一品。マスタードとカカオニブを鴨胸肉の皮目に塗り、じっくりロースト。カカオの苦みを引き出す。フォンドボーソースにつけてどうぞ

カカオと牛肉の赤ワイン煮 2800円

赤ワイン、野菜と10時間煮込んだ牛肉を、カカオニブでとったダシに入れて蒸し上げる。くずれるほど柔らかい牛肉の旨みと、チョコの甘みや赤ワインの渋みと口中で混ざりあう

骨付き子羊のロースト 160g  ボンヌショコラソース 2300円

カカオニブのマリネを施したラムは、そのまま食べて肉の風味を楽しむもよし、カカオ70%のチョコを使ったフォンドボーベースのソースや、カカオ塩で食べるもよし

カカオ畑 980円(奥) カカオニブとレンズ豆のサラダ 700円(手前)

畑に見立てたサラダは、瑞々しい三浦野菜をニンニクの利いたマヨネーズとともに。手前のサラダは、ニブのほのかな苦みが絶妙。「1品目に食べてほしい!」とシェフ自信のひと皿

BONNEL HOUSE(ボンヌ ハウス)

写真:BONNEL HOUSE(ボンヌ ハウス)の店内

[住所]東京都目黒区青葉台1-16-9 Sakura Garden east 2階 [TEL]03-6455-3545 [営業時間]ランチ11時~14時、カフェ14~18時、ディナー19~23時 ※ランチタイム有 [休日]火 [交通アクセス]東急東横線中目黒駅正面改札より徒歩5分

電話番号 03-6455-3545
2017年11月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


ここにしかない!秋葉原『さま田』の独創的カツ丼はぜひ一度食べるべし!

ここにしかない!秋葉原『さま田』の独創的カツ丼はぜひ一度食べるべし!

大のカツ丼好きの店主が、フレンチで培った技術を駆使しつつ、リーズナブルに楽しめる丼をと考案。豚バラ肉の角煮カツを醤油ベースの玉ネギソースをかけたご飯にのせ、さらにとろり半熟オムレツをオン。


『とん長』のモツ焼きは鮮度の良さが段違い!池袋でこの道50年の実力

『とん長』のモツ焼きは鮮度の良さが段違い!池袋でこの道50年の実力

創業から半世紀以上のモツ焼きの老舗。毎日仕入れる新鮮な豚モツを炭火で香ばしく焼き上げる。


コスパ抜群!これで1000円ぽっきりは安すぎっ!新宿三丁目『彗富運』のランチ

コスパ抜群!これで1000円ぽっきりは安すぎっ!新宿三丁目『彗富運』のランチ

飲食激戦区のこのエリアで営業を続けて約10年。なかなか予約のとれないビストロが、昨年11月からランチ営業を開始した。


女性やビギナーにこそ行って欲しい「二郎系ラーメン」が浅草橋にあった!

女性やビギナーにこそ行って欲しい「二郎系ラーメン」が浅草橋にあった!

『ソラノイロ Factory&Labo 浅草橋店』は、「圧倒的なボリューム」、「飾り気のない店内」、「呪文のような独特の注文方法」など、女性やビギナーにとっては何かとハードルの高い二郎系ラーメンを、ソラノイロ流にインスパイア。カフェ風のオシャレな店内で出される「ベジ郎」には、その名にふさわしく、旬の野菜がたっぷりのる。


埼玉県民歓喜!ハム&クラフトビールを川越の『GRILL & BEER SAIBOKU』で堪能

埼玉県民歓喜!ハム&クラフトビールを川越の『GRILL & BEER SAIBOKU』で堪能

豚の育種・生産、精肉、製造・販売まですべてを手がける「サイボクハム」。埼玉県日高市にある本店エリアはミートショップ、レストラン、温泉などを併設。


最新の投稿


東京駅を大調査!北町ダイニングで厳選の三ツ星店2店!

東京駅を大調査!北町ダイニングで厳選の三ツ星店2店!

エリア別東京駅の三ツ星店【北町ダイニング編】!飲食店が数多くひしめく東京駅では、どこに入ればいいか迷いがち。時間があればいいが、急いでいるときにアレコレ言ってなんていられない!そこで、編集部スタッフがエリア毎にくまなく調査。食べまくって見つけた三ツ星店をご紹介します!


麻布十番『とんかつ 都』が奏でる【特選豚&繊細な衣】の絶品ハーモニー!

麻布十番『とんかつ 都』が奏でる【特選豚&繊細な衣】の絶品ハーモニー!

とんかつ 都のトンカツは、うおぉ~と心の声が漏れる感動の分厚さ。繊細でクリスピーな衣から顔を出すのは、経営する肉卸会社が日々厳選する特選豚だ。とんかつ 都 [住所]東京都港区麻布十番3-9-6


池袋の【肉厚ロース定食】は驚きの安さ!嬉嬉豚とんかつ『君に、揚げる。』

池袋の【肉厚ロース定食】は驚きの安さ!嬉嬉豚とんかつ『君に、揚げる。』

池袋のトンカツ店「嬉嬉豚とんかつ 君に揚げる」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。「小さな養豚農家さんが一生懸命育てている本当に旨い肉をブランド化して応援したいんです」とは社長の言葉。肉卸の直営店だからこそ、プロが認める上質な肉を安く提供できるという訳で、群馬県産「嬉嬉豚」を使った肉厚ロースが何と850円!


必食!超とんかつマニアの料理長が作る『亀かわ 巣鴨本店』のとんかつ!

必食!超とんかつマニアの料理長が作る『亀かわ 巣鴨本店』のとんかつ!

巣鴨のトンカツ店「亀かわ」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。店名の『亀かわ』とは?の問いに返ってきたのは店で扱う「甘熟豚南国スイート」の養豚家の名前。南九州で生産に取り組む亀川さんの育てた肉を使っているから名付けたのだそう。[住所]東京都豊島区巣鴨4-19-8


とんかつ激戦区・高田馬場で、絶対に食べたい店『とんかつ ひなた』

とんかつ激戦区・高田馬場で、絶対に食べたい店『とんかつ ひなた』

高田馬場のトンカツ店「とんかつ ひなた」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。「とんかつは、ご馳走だ」。このコンセプトこそが「とんかつ ひなた」の特徴そのものだろう。[住所]東京都新宿区高田馬場2-13-9


ランキング


>>総合人気ランキング