松戸の唸るラーメン!「松戸中華そば 富田食堂」の「雲呑そば」

松戸の唸るラーメン!「松戸中華そば 富田食堂」の「雲呑そば」

グルメライターが食べ歩いて見つけた、松戸のいま食べておきたい、唸るラーメンは「松戸中華そば 富田食堂」のラーメン。つけ麺の名手『とみ田』が手掛ける『富田食堂』が移転リニューアル。グループ初となる淡麗系ラーメンを新たな看板メニューに掲げ、再スタートを切った。


松戸中華そば 富田食堂(最寄駅:松戸駅)

清湯なのに超濃厚!大量の地鶏で作る贅沢中華そば

スープに使う材料は、鹿児島「黒さつま鶏黒王」、熊本「天草大王」、茨城「奥久慈しゃも」をはじめとする各地の地鶏。大量の材料を使って濃厚な味に仕上げる“とみ田イズム”はここでも健在で、高級食材である地鶏を惜しげもなく使い、清湯ながらも超濃厚な味わいに仕立てている。クリアな地鶏スープを支えるのは、力強い豚スープと昆布や煮干しの旨みがしみ出た魚介ダシ。タレにも大量のアサリを使っているため、旨みの余韻がいつまでも続く。元々の看板である「煮干しそば」(780円)や『とみ田』譲りの「濃厚つけ麺」(850円)もあり、目移り確実だ。

純粋金華豚雲呑そば(塩) 1050円

大判バラロールとワンタン、極太メンマがのる

パリパリに焼けた皮まで旨い「地鶏の塩焼き丼」(500円)

「特製」に乗るつるし焼きチャーシュー(シンタマ・バラ)

お店からの一言

店主 富田 治さん

「席数が増えたのでゆっくりお酒も楽しめます!」

松戸中華そば 富田食堂

[住所]千葉県松戸市松戸1239-1 関根ビル 1階 [TEL]047-312-3120 [営業時間]10時~24時半(24時LO)※ランチタイム有 [休日]無休 [交通アクセス]JR常磐線ほか松戸駅東口から徒歩2分

電話番号 047-312-3120
2017年11月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


川越のバー『ききざけ処 昭和蔵』

川越のバー『ききざけ処 昭和蔵』

国内の日本酒生産量上位といえば、兵庫、京都、新潟。それらに次ぐのが埼玉というのをご存知だろうか。


本郷三丁目のラーメン『中華蕎麦にし乃』

本郷三丁目のラーメン『中華蕎麦にし乃』

ミシュランガイド・ビブグルマンに掲載された上北沢『らぁめん小池』のセカンドブランド。煮干しの風味をビシッと立たせた本店に対し、こちらは鶏や豚、アサリなどの旨みを重ね、より芳醇に仕立てている。


神田のパスタ・ピザ『BIGOLI 神田 寿』

神田のパスタ・ピザ『BIGOLI 神田 寿』

とある調査によれば、男性にとってパスタはモノ足りないランチの代名詞なんだとか。しかし、そんなイメージを覆すのが、ボロネーゼ専門店によるこのひと皿。


気軽に入れるロシアで人気の老舗レストラン!丸の内『ゴドノフ』

気軽に入れるロシアで人気の老舗レストラン!丸の内『ゴドノフ』

ゴドノフ東京 丸の内店(洋食・西洋料理/丸の内)|ロシアで人気の老舗レストラン『ゴドノフ』。丸の内にオープンした日本1号店は、重厚感のある本店と違い、場所柄気軽に入れるようロシアンバルを掲げ、カジュアルに展開。


人気家系ラーメン桂家と武蔵家のハイブリッドは阿佐ヶ谷にあり!

人気家系ラーメン桂家と武蔵家のハイブリッドは阿佐ヶ谷にあり!

横浜家系 志田家(ラーメン/阿佐ヶ谷)|専務の神田寛之さんは、昨年10月に閉店した伝説の名店『桂家』で最後まで厨房に立っていた人物。人気店『武蔵家』で修業した経歴もあり、東京を代表するふたつの家系ラーメンのいいところを融合させている。


最新の投稿


目黒の焼き鳥・鶏料理『やきとり 阿部』

目黒の焼き鳥・鶏料理『やきとり 阿部』

坊主頭にねじり鉢巻きが清々しい、店主の阿部友彦さん。目黒の名店「鳥しき」で修業を積み、2016年に独立。


おっさん女子の吉祥寺パトロール(84) タピオカ・バブルの吉祥寺だけど、本命の台湾カフェはあそこだろ! の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(84) タピオカ・バブルの吉祥寺だけど、本命の台湾カフェはあそこだろ! の件

世の中の台湾フードブームは下火なのかもしれない。しかし吉祥寺は今がピークなんだよ! 都心より遅いんだよ(涙)。吉祥寺は武蔵野市だからね……。 そんなワケで、吉祥寺は、タピオカ・バブルなのである。タピオカミルクティー&台湾スイーツの店が、多すぎなんだよ! もう……! という状況である。


赤坂の焼き鳥・鶏料理『赤坂焼鳥 鳳』

赤坂の焼き鳥・鶏料理『赤坂焼鳥 鳳』

幅広い種類の日本酒やワインとともに、伊達どりや水郷赤鶏、シャモロックなど店主が選び抜いた銘柄鶏・地鶏の串を深夜遅くまで味わえる。野菜串を含んだ6本をいただく「みすじコース」は、ひとりからでも気軽に頼めるのがうれしい。


名古屋エリア限定グルメ情報(63) 家族連れで利用できる本格イタリアン。名古屋・天白『イタリア料理 リベルタ』

名古屋エリア限定グルメ情報(63) 家族連れで利用できる本格イタリアン。名古屋・天白『イタリア料理 リベルタ』

「今日はイタリアンな気分!」と思っても、子供や両親を連れての食事は、どうしても回転寿司やファミレスなどになりがち。やはり、家族でイタリアンというのはハードルが高いのか……?  名古屋市天白区の閑静な住宅街にある『イタリア料理 リベルタ』は、そんな要望に応えてくれる店だ。


大門の焼き鳥・鶏料理『焼鳥 ふくなが』

大門の焼き鳥・鶏料理『焼鳥 ふくなが』

隠れ家のような小さな店構えながらも、こだわりの酒と、ひと手間ふた手間かけた焼鳥で客を魅了する。焼き台に加工備長炭を隙間なく敷きつめることでムラ無く焼き上げ、鶏の肉汁をギュッと閉じ込めた自慢の串には信玄どりを使用。


ランキング


>>総合人気ランキング