MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
三宿の寿司 えん(寿司/池尻大橋)|至高の寿司をお手頃に!

三宿の寿司 えん(寿司/池尻大橋)|至高の寿司をお手頃に!

時に寿司屋のカウンター内は職人の舞台のようだと表現されるが、美しい国産檜のコの字風が目を引く「三宿の寿司 えん」もそう。ネタ箱には調理を待ちわびる飛び切りの天然物が並び、美味しく魅せるよう配した温かみのあるライト、そして何よりこの舞台で繰り広げられる若き大将の所作と接客が清々しく、客を心から楽しませる。

三宿の寿司 えん(最寄駅:池尻大橋駅)

1貫1貫に真心が込められた至高の寿司をお手頃に

握りはお好みでも十分安いが、とりわけコースはお値打ち。自慢の天然本マグロのほか、本物の味を腹いっぱい食べてほしいと豪快に切り付けたネタの旨さは格別だ。「1貫1貫を料理と考えています」との大将の言葉通り、例えばタコは生でポン酢ジュレ、炙って塩で食べ比べさせるなど気配りも完璧。有明海産の海苔や自家製ダシ醤油とすべてにこだわる名店誕生に三宿が今、沸いている。

にぎりコース 極上握り12貫
5400円

(甘エビ、ウニ、イクラ、穴子、平目昆布〆、カワハギ、白イカ、真ツブ貝、イワシ、天然本マグロ大トロ、中トロ、赤身、玉子焼)※仕入れによってネタに変動あり
天然の本マグロの大トロ、中トロ、赤身をはじめ、大将の故郷の北海道から直送される真ツブ貝など旬の握りが並ぶ。豪快なネタは飾り包丁を施したり、食べさせ方にも趣向を凝らす。シャリは白酢と赤酢を7対3にブレンド

のどぐろ
864円

秋から冬は脂の乗りも最高になる。写真は新潟産。軽く炙って旨みを凝縮させる

にぎりコースの季節のお料理1品(北海道かにみそサラダ)、お椀、デザート
 

ズワイガニのほぐし身の上にカニ味噌が山盛りのサラダはコースの定番。お椀とアイスも付く

本日の刺身盛り合わせ
(1人前2160円~)※写真は2人前5400円

内容は仕入れで変わる。この日は天然本マグロ、北海道産のアイナメ、赤貝など7種類。ボリュームもさることながら盛り付けも見事

お店からの一言

大将 田名部卓也さん

「江戸前の仕事と新鮮なネタを楽しんでください」

三宿の寿司 えん

[住所]東京都世田谷区池尻3-30-6 中尾ビル1階 [TEL]03-6450-7118 [営業時間]11時~14時、17時~23時(22時LO)※ランチタイム有 [休日]水 [席]24席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし [交通アクセス]東急田園都市線池尻大橋駅西口から徒歩8分

電話番号 03-6450-7118
2017年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
『ザ・リッツ・カールトン東京』の寿司店で料理長としてカウンターに立ち、国内外の客の舌を喜ばせてきた店主・朝妻さん。30年以上培った江戸前の技をさらに探求するため昨年11月に独立した。
日光街道沿いに続く商店街の脇道を進むと、ぽっと光がともる小さなお店が。「特上にぎり2500円」という値段からは想像を超えた極上のネタが登場し、舌を巻く。
「寿司屋の仕事の3分の2は仕込み」。そう語るのは、4代目の山縣正さん。
 寿司を握り続けて半世紀以上という店主の須田さん。鍛え抜かれた逞しい指先から生まれる、少し大きな握りには職人の気迫がみなぎっている。
 穴子は、お魚マイスターの資格を持つ魚屋から、東京湾に面した金沢八景のものを使用。ふっくらと柔らかな身質を味わってほしいと、開店以来30年継ぎ足した煮汁で煮上げしたものを握る。
かつて貝類が豊富にとれた江戸で、庶民に親しまれた冬の蕎麦が、この“あられ”。今ではほとんどお目にかかれない古典種物を、明治2年創業の老舗はしっかりと守り続けている。
イタリア産を中心に、店主・新町さんが選び抜いた質・味わいともに群を抜く生ハム&サラミを取り揃える。12ヶ月熟成のクラテッロやローマにある有名店のコッパなど、その時々に食べ頃の6種を超薄切りで盛り合わせに。
今日は絶対に肉が食べたい!定期的にそんな日が訪れますよね。ここでは美味しいお肉料理が食べられる人気店を、グルメライターが実食調査して、本当におすすめしたいお店だけをご紹介します!安く味わえるランチの時別メニューも必見です。
イタリアンの経験があるオーナーの須藤さんが、台湾人の両親をもつ蘭さんと出会って台湾の魅力に触れ、昨年3月にオープンさせたお店。蘭さんの台湾の実家で食べた料理をベースに、東京の味を融合させ、ここならではの味を作り上げた。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt