MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
鮨 てつ也(寿司/池袋)|江戸前の技と旬を堪能できるコース

鮨 てつ也(寿司/池袋)|江戸前の技と旬を堪能できるコース

若き店主・中村哲也さんは、池袋東口の人気店『幸ちゃん寿司』などで修業後、北口のはずれにこの店を開いた。毎朝築地に足を運んで仕入れる天然ものを中心としたネタは、常時約20種類ほどを揃え、江戸前の丁寧な仕事を施し、訪れる客を愉しませてくれる。

鮨 てつ也(最寄駅:池袋駅)

また、寿司店としては珍しく、焼き物、煮物、蒸し物といった一品料理にも力を入れており、どれも割烹顔負けの繊細な味わいが見事! はじめてならば、旬の食材を使用したつまみと握りを盛り込んだコースがオススメだ。

雪コース
5200円の握り

マグロのヅケ、金目鯛の炙り、昆布〆した平目など。自家製のカンピョウ煮の巻物や、イクラの小丼が付く。コースの内容は日替わり

穴子
400円~700円

新鮮な穴子を、酒・塩・砂糖で煮る“白煮”で仕上げる。握る直前に笹の葉で蒸し焼きにし、爽やかな香りを堪能できる

雪コースの料理
 

前菜には鴨ロースとカボチャの南蛮煮。刺身は炙りカマス、生本マグロ、水ダコ。一品料理の湯葉のウニのせに、お椀とデザートが付く

大海老玉味噌焼き
1300円

西京味噌と卵黄で作る“玉味噌”で香ばしさとコクをプラス

お店からの一言

店主 中村哲也さん

「肩肘張らずに楽しんでいってください!」

鮨 てつ也

[住所]東京都豊島区池袋2-63-6 パレスガーデンミラノ2階 [TEL]03-5985-4201 [営業時間]17時~23時 [休日]日 [席]16席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、席料500円別 [交通アクセス]JR山手線ほか池袋駅北口から徒歩6分

電話番号 03-5985-4201
2017年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 「寿司屋では緊張せずに、楽しんでいただきたいんです」と語る二代目。店内は手作りのメニューや大漁旗が飾られ、誰でもくつろげる雰囲気だ。
更新: 2019-10-13 12:00:00
サーモンに並び、光モノも際立っていた『がってん寿司』。「光物三昧」ならその日のおすすめ3種類が一度に楽しめる。
更新: 2019-10-08 12:00:00
見目麗しいウニがたっぷりと盛られた軍艦。さらに大トロや活け赤貝といった贅沢ネタまで、職人が握る“回らない寿司”が1貫130円でいただける。
更新: 2019-10-04 12:00:00
池袋駅の構内は強豪店が点在する立ち食い寿司の激戦地。2017年6月の開業からまたたく間に行列店に成長したのが東武百貨店内にあるこちら。
更新: 2019-07-10 09:55:10
最新の投稿
穴場店は都心よりも郊外にある、というのが私の持論。ってことで、またまた穴場店を見つけてしまった。 今年7月、名古屋市北部に隣接する北名古屋市にオープンした『うなぎの中庄』がそれだ。ここは創業90余年の老舗うなぎ卸問屋『中庄商店』の直営店。 ゆえに、確かな目利きで仕入れたうなぎには絶対の自信を持っている……。
更新: 2019-10-17 15:55:00
世の中的な流行なのか、吉祥寺だけの現象なのか不明ですが、ここ1~2年、マニアックなジャンルの食べ物を扱う専門店が増えている傾向にあります。 好きな人にはたまらんなぁ、という感じの店が増えているのですが、今回、私が推すのは「ごはんもの」。いや、今回に限らず、ごはんものは一生推していこうと思ってますけどね……。
更新: 2019-10-17 15:55:00
消費税が10%に上がり、仕事が終わってもまっすぐ帰宅。 家で飲むという方が増えたのではなかろうか。せっかくの家飲み、いつもより“いいお酒”でのんびりと過ごしたい。その思いに応えてくれるウイスキーが登場した。
更新: 2019-10-17 15:00:00
開けた室堂には、数か所の山小屋や池をめぐる散策路が整備されているが、目指すは日本一高所にある天然温泉『みくりが池温泉』だ。泊まり客でなくても入浴や食事が楽しめる。
更新: 2019-10-17 12:00:00
新宿から近く、人気のエリア「高円寺」で、雑誌「おとなの週末」のグルメライターが実際に食べ歩いて見つけた絶品ランチの中から、おすすめ店を厳選してご紹介!お昼の時間帯にしか食べられないメニューや、安いと評判のコスパがいい定食もありますよ♪
更新: 2019-10-17 11:16:19

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt