MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
白金よこ山(寿司/白金高輪)|つまみと握りを良心価格のコース仕立てで愉しむ

白金よこ山(寿司/白金高輪)|つまみと握りを良心価格のコース仕立てで愉しむ

おまかせの握りコースは先付からはじまり、揚げ物、お造り……と信じられない充実ぶり。夏は鱧、冬は白子といった旬の小鍋も登場し、京料理出身の店主ならではの繊細な献立がクライマックスの握りへといざなってくれる。

白金よこ山(最寄駅:白金高輪駅)

ネタは天然物で、粒がしっかりして甘みのあるコシヒカリを使うシャリは風味付けに赤酢を加えたやさしい旨み。仕入れ、仕込み、調理まですべて店主ひとりでこなす誠実な味わいに、幸福感がじわりと染みる。

おまかせ「たしなみ」 握り7貫
5400円

(穴子、ウニ、白イカ、ホタテ、ボタンエビ、〆サバ、金目鯛)※仕入れによってネタに変動あり
〆に供される握りは7貫。勝浦の金目鯛や対馬の穴子などその日築地で仕入れたネタを使う。シャリは若干甘めに仕上げている。最後に赤出汁も付く

イワシ
324円

小ぶりで脂がたっぷり乗った大阪湾のイワシ。身がギュッと締まって旨みが濃厚だ

「たしなみ」のおつまみ先付(自家製胡麻豆腐)揚げ物(カボチャとカサゴの天ぷら)カツオたたき
 

本葛と白ゴマで作るゴマ豆腐など京料理店で修業した店主が作るつまみはどれも秀逸

「たしなみ」のおつまみお造り(マグロ、真ダイ、真ダコ)酢の物(もって菊とズワイガニ)小鍋(甘鯛と小カブ)
 

カツオダシで作る小鍋はつまみの名物。季節で食材が変わる

お店からの一言

店主 横山拓生さん

「基本はコースで、季節感のある味わいを心掛けています」

白金よこ山

[住所]東京都港区白金3-9-6 清園ビル1階 [TEL]03-5422-6074 [営業時間]11時半~13時半、18時~22時 ※ランチタイム有 [休日]日・祝 [席]19席/全席禁煙/夜は予約可/カード可/サなし、席料540円別 [交通アクセス]地下鉄三田線ほか白金高輪駅4番出口から徒歩6分

電話番号 03-5422-6074
2017年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
予約困難な名店、東京・四ツ谷の『すし匠』で約15年、腕を磨いた店主が作り出す「ばらちらし」。30種類以上のネタが美しく盛られ、それらが響き合うハーモニーは見事のひと言だ。
価格高騰のため、大手チェーンからは姿を消しつつあるウニ。もう100円では手が届かない……(泣)。
立ち食いだからと侮るなかれ。常時40~50揃うネタにはヅケもあれば煮ハマと言ったものまで用意。
店に入ると左手にカウンター、右手にゆったりしたテーブル席。気楽に居酒屋使いもできるのがうれしいところだ。
歌舞伎座のほど近く、昭和通り沿いに建つビルの5階。今年3月26日にオープンしたこの店で味わえるのは、六本木の名店『山海』で名を馳せた職人・山崎正夫氏の握る、正統的かつ遊び心を感じさせる見事な寿司だ。
西新宿に本店を構える『麺屋翔』の3店舗目として2018年10月2日にオープン。既存の2軒は鶏がメインだが、こちらは鯛。
2018年2月、徳島県が情報発信拠点として開業。レストラン、バー、マルシェ、宿泊施設が揃うなど、充実の内容だ。
オイスターバーから、和食に特化して牡蠣を楽しめるようにしたお店。生牡蠣や焼き牡蠣の他、牡蠣しゃぶや牡蠣のすき焼きなどの鍋物を気軽に楽しめる。
予約困難な名店、東京・四ツ谷の『すし匠』で約15年、腕を磨いた店主が作り出す「ばらちらし」。30種類以上のネタが美しく盛られ、それらが響き合うハーモニーは見事のひと言だ。
本店は、1日3000人が訪れることもある、イタリア・ミラノで大人気のジェラート店。原材料はイタリアから取り寄せ、本店のレシピで作られたフレーバーは、素材をしっかり感じられる力強い味わい。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt