MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
すし処 浜新(寿司/中村橋)|お手頃価格で味わえる上質な握りとつまみ

すし処 浜新(寿司/中村橋)|お手頃価格で味わえる上質な握りとつまみ

店主の土屋さんは、この道約30年のベテラン職人。築地から仕入れる新鮮なネタを使用し、赤酢をブレンドした複雑味のあるシャリで握る寿司が1貫130円~(税別)と手頃な価格で味わえる。

すし処 浜新(最寄駅:中村橋駅)

揚げ物や焼き物などのつまみ類も豊富。日本酒にも力を入れており、全国各地の蔵元の酒を厳選。1週間ごとに6銘柄を入れ替えている。肩肘張らずに上質な寿司と酒を愉しめる、日常使いしたい1軒だ。

おまかせ
3240円

大トロや中トロ、ウニ、イクラなど贅沢なネタが一堂に会し、江戸前の仕事を施した小肌や穴子がしっかり脇を固めている(内容は日替わり)

あん肝ポン酢
864円

ふんわりと蒸されたあん肝は、日本酒のお供にぴったり

お造り五点盛り
1728円

この日は旬のサンマや生タコ、身に張りのあるカンパチなど

とろたく巻
648円

スジからこそぎ取ったトロは脂がたっぷり乗って抜群のウマさ。シャリの表面にはマグロ節をまぶし、さらなる旨みを加えている

お店からの一言

店主 土屋伸二さん

「寿司屋は仕込みが命です!」

すし処 浜新

[住所]東京都練馬区中村北4-20-13 [TEL]03-6638-8772 [営業時間]11時半~14時、17時~23時(22時LO)※ランチタイム有 [休日]水 [席]25席/全席喫煙可/予約可/カード可/サなし、お通し代324円別 [交通アクセス]西武池袋線中村橋駅から徒歩6分

電話番号 03-6638-8772
2017年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
車エビや毛ガニなどの茹で物、穴子やヤリイカなどの煮物、玉子や小肌などの焼き物や〆物…。江戸前の仕事がされたネタが端正に並んだ姿が粋でちょっと惚れ惚れ。
更新: 2019-01-18 12:00:00
ネタとシャリとの一体感こそ、この丼の真骨頂。使用するのは、まったりとしたサーモンに酸味の小肌、歯応えを生むイカやタコなど。
更新: 2019-01-17 18:00:00
色とりどりの華やかな見た目に、まずは食欲をそそられる。たまらず頬張れば、見た目以上の旨さに思わず唸る!
更新: 2019-01-16 18:00:00
駅至近の一等地にありながら、驚異のコスパをたたき出すのが平日昼限定のこの一杯。マグロやホタテ、鯛にアジなど白身や青物、貝類をバランスよくのせている。
更新: 2019-01-15 12:00:00
若き店主・尾嶋さんは、31歳で独立後、名店ひしめく銀座で7年間暖簾を守ってきた。夜は、肴と握りを織り交ぜたおまかせコースのみで、煮る、〆るといった伝統的な仕事に加え、懐石で腕を磨いた経験からくる繊細な和食の技も随所に光る。
更新: 2019-01-13 18:00:00
最新の投稿
春の鉄道旅、全国にはおススメの路線がたくさんあります。 そんななかでも、おおっ! すごいと思うのは、中央本線が走る甲府盆地。 時期は4月上旬、都心の桜から一週間くらい後に、このあたりは桃源郷と呼びたくなるような様子になります……。
更新: 2019-03-25 16:05:00
 旬の味を抜群の盛りでリーズナブルに提供。メニューはフレンチをベースにイタリアンのエッセンスを取り入れ、素材にこだわりあり。
更新: 2019-03-25 12:00:00
 ドイツワインの奥深さに魅了された店主が、現地での研修などを経て2016年にオープン。定番のボトル12種と7~8種の日替わりグラスワインを揃える。
更新: 2019-03-24 18:00:00
グルメ雑誌「おとなの週末」の人気コラム「おいしい往復書簡」掲載店舗。門上武司が関西でおすすめする担々麺をご紹介。
更新: 2019-03-23 12:00:00
 伊勢佐木町商店街の関内駅側出入口から野毛へと抜ける道すがらの一角こそ“バーの街”とも呼ばれる吉田町。そこで木と鉄格子のワイルドなファザードで待ち受けるバー。
更新: 2019-03-22 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt