MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
すし処 浜新(寿司/中村橋)|お手頃価格で味わえる上質な握りとつまみ

すし処 浜新(寿司/中村橋)|お手頃価格で味わえる上質な握りとつまみ

店主の土屋さんは、この道約30年のベテラン職人。築地から仕入れる新鮮なネタを使用し、赤酢をブレンドした複雑味のあるシャリで握る寿司が1貫130円~(税別)と手頃な価格で味わえる。

すし処 浜新(最寄駅:中村橋駅)

揚げ物や焼き物などのつまみ類も豊富。日本酒にも力を入れており、全国各地の蔵元の酒を厳選。1週間ごとに6銘柄を入れ替えている。肩肘張らずに上質な寿司と酒を愉しめる、日常使いしたい1軒だ。

おまかせ
3240円

大トロや中トロ、ウニ、イクラなど贅沢なネタが一堂に会し、江戸前の仕事を施した小肌や穴子がしっかり脇を固めている(内容は日替わり)

あん肝ポン酢
864円

ふんわりと蒸されたあん肝は、日本酒のお供にぴったり

お造り五点盛り
1728円

この日は旬のサンマや生タコ、身に張りのあるカンパチなど

とろたく巻
648円

スジからこそぎ取ったトロは脂がたっぷり乗って抜群のウマさ。シャリの表面にはマグロ節をまぶし、さらなる旨みを加えている

お店からの一言

店主 土屋伸二さん

「寿司屋は仕込みが命です!」

すし処 浜新

[住所]東京都練馬区中村北4-20-13 [TEL]03-6638-8772 [営業時間]11時半~14時、17時~23時(22時LO)※ランチタイム有 [休日]水 [席]25席/全席喫煙可/予約可/カード可/サなし、お通し代324円別 [交通アクセス]西武池袋線中村橋駅から徒歩6分

電話番号 03-6638-8772
2017年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「マグロが好きで寿司職人になった」と話す店主の本多さんが頑なにこだわり続けるのは、大間をはじめ日本近海で獲れる天然物の生本マグロ。色、艶、弾力、脂のり、それらを納得して仕入れる築地一の上物は神々しいまでに美しく、部位に切り分けて丁寧に処理を施す柵取りは「自分でやらなきゃ気が済まない」と笑う。
『ザ・リッツ・カールトン東京』の寿司店で料理長としてカウンターに立ち、国内外の客の舌を喜ばせてきた店主・朝妻さん。30年以上培った江戸前の技をさらに探求するため昨年11月に独立した。
日光街道沿いに続く商店街の脇道を進むと、ぽっと光がともる小さなお店が。「特上にぎり2500円」という値段からは想像を超えた極上のネタが登場し、舌を巻く。
「寿司屋の仕事の3分の2は仕込み」。そう語るのは、4代目の山縣正さん。
 寿司を握り続けて半世紀以上という店主の須田さん。鍛え抜かれた逞しい指先から生まれる、少し大きな握りには職人の気迫がみなぎっている。
「マグロが好きで寿司職人になった」と話す店主の本多さんが頑なにこだわり続けるのは、大間をはじめ日本近海で獲れる天然物の生本マグロ。色、艶、弾力、脂のり、それらを納得して仕入れる築地一の上物は神々しいまでに美しく、部位に切り分けて丁寧に処理を施す柵取りは「自分でやらなきゃ気が済まない」と笑う。
JR東日本を利用している人にはおなじみのコンビニ、ニューデイズで購入したのが、今回紹介するアマタケの「サラダチキン ランチ」シリーズ。 目指したのは「主食になるサラダチキン!」で、ピザ味、鶏めし味といった炭水化物系のフレーバーを採用することで、主食を食べている気分になれるというものだ。
208views 脱メタボ
『池田商店』の2号店としてオープン。名物の炊き餃子はすべて店で手包みし、1人前6個。
2019年のトレンド鍋は“発酵鍋”に決まったそうだが、ちょっと無理がある気がするのは私だけでしょうか?  そもそもキムチやチーズも発酵食品なんで、たいして新しくもないワケですが……。発酵食品と言えば、私がひそかに注目しているのが、おやつである。 吉祥寺は発酵系のおやつが充実しているので、今回はココをチェック!
かつて貝類が豊富にとれた江戸で、庶民に親しまれた冬の蕎麦が、この“あられ”。今ではほとんどお目にかかれない古典種物を、明治2年創業の老舗はしっかりと守り続けている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt