MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
【2018年8月リニューアル】ごろごろチキンが贅沢「花家」のオムライス!(洋食/日暮里)

【2018年8月リニューアル】ごろごろチキンが贅沢「花家」のオムライス!(洋食/日暮里)

『あずま家』の隣で、やはり70年近く歴史を刻む甘味と中華の店「花家」。鶏肉がゴロゴロと入ったケチャップライスは、薄めの味付けで、玉子にかかるケチャップと少しずつ混ぜると丁度良い濃さに。[交]JR線日暮里駅北口より徒歩1分 ※ランチタイム有

軽食 甘味 花家(最寄駅:日暮里駅)

オムライス
1000円

レトロな姿ながら計算された美味しさのオムライスは、名物の大振りな「ギョウザ」550円や「くず餅」430円に負けぬ必食メニュー。

軽食 甘味花家

東京都荒川区西日暮里3-2-2 ☎03-3821-3293 10時半~20時 火 [交]JR線日暮里駅北口より徒歩1分 ※ランチタイム有

電話番号 03-3821-3293
2016年1月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 地元・神奈川県産の食材をふんだんに使った洋食を提供。看板商品のナポリタンなど懐かしさを感じる味や雰囲気を残しながらも、素材にこだわるなど時代に合わせた料理がいただける。
洋食タケル(洋食/根津)|看板オムライスは2種。ふわとろオムレツをチキンライスにのせたやつと卵で包む王道のやつ。
洋食工房ヒロ(洋食/京成立石)|そそり立つ特大の海老フライ、その姿はまるでシャチホコ!? 見た目のインパクトもさることながら、旨さもケタ外れ。
にっぽんの洋食 新川 津々井(洋食/茅場町)|昭和25年創業の老舗らしい本格洋食店。佇まいはほどよい緊張感だが、その期待をまったく裏切らない。
キッチンれん(洋食/六本木)|ネオンきらめく六本木で都会のオアシスのような洋食屋を発見。界隈ではちょっと知られた存在で、もうすぐ開店20年になるという人気店だ。
最近、間借りスイーツ&カフェ系&その他も増えてきた印象である。 間借りの勢いがすごいよ。やっぱり吉祥寺は地代が高いからねー、店も工夫が必要なんだね〜、という感じだ。 というわけで今回は、吉祥寺の「曜日限定」テイクアウト系スイーツをご紹介だ!
地下鉄「大国町駅」から徒歩で6、7分の場所に、立ち飲み屋「よしのや酒店」はある。 もともとは駅前に同店の酒屋があり、角打ちをやっていたところがこの店のルーツ。 店内の雰囲気も満点。しかも、食べ物の値段がすこぶる安いときた!
一心不乱にエビが食べたい。そんなアナタに朗報。何とエビでお腹いっぱいになる「海老しゃぶ」があるんです。使用するのは大きさと新鮮さを厳選した赤エビで、その量2人前で約1kg。
フルーツブランデーは果物から造られるヨーロッパの蒸留酒だが、日本では認知度の低い存在。世界的にも専門バーはほとんどないという。
創業は戦後間もなく。料亭からはじまり40年ほど前から、関西風うどんすきを出しはじめた。色とりどりの具材は、鶏肉、ハマグリ、湯葉、練り物、野菜など約20種類。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt