寿司 しながわ 葵(寿司/青物横丁)-グルメ取材記事と写真

寿司 しながわ 葵(寿司/青物横丁)-グルメ取材記事と写真

青物横丁の寿司店「寿司 しながわ 葵」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。店主の林さんは実家が寿司屋で父の背中を見て育った。有名ホテルなどで経験を積み、3年前に念願の地元で独立。[住所]東京都品川区南品川3-5-3


寿司 しながわ 葵(最寄駅:青物横丁駅)

満を持して地元で独立誠実さがにじみ出る端正な握り

端正な握りは「奇をてらわず基本を大事に」の姿勢を貫き、手を掛け過ぎないネタと毎年新米の出来具合で配合を変えるシャリとのバランスが絶妙だ。メニューは握りとコースのみで、特にこだわるネタはマグロ。天然生を1~2週間寝かせ、色の美しさを保ちつつ旨みが凝縮したものを使うという。料理は和食の板前が作る旬の味。吉野檜のカウンターで、じっくりと味わいたい。

おきまり握り「渚」(内容は月替わり) 6480円

季節の握り寿司10貫(子持ち昆布、平目、赤貝、車エビ、ウニ、イクラ、天然生本マグロ大トロ、真鯛、中トロ、小肌)椀物、水菓子
ネタは築地や三浦から仕入れる。シャリは粒の白さはそのままに、淡い赤酢で風味を加える

先付(鱧皮と胡瓜の酢の物)、前菜(三種盛り)、椀物、水菓子

コースの料理はホテル時代に共に仕事をした和食の板前が作る

天然生本マグロ大トロ 1500円(時価)

ピンク色に輝く大トロはとろけるような旨み

お店からの一言

店主 林達也さん

「派手なことはやらず基本を大切にしています」

寿司 しながわ 葵

[住所]東京都品川区南品川3-5-3 青横ビル4階 [TEL]03-6712-9656 ※ランチタイム有 [営業時間]11時半~14時、18時~22時(21時半LO) [休日]月 [席]32席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし [交通アクセス]京浜急行線青物横丁駅から徒歩1分

電話番号 03-6712-9656
2017年11月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


奄美大島の郷土料理『なつかしゃ家』

奄美大島の郷土料理『なつかしゃ家』

“あんま”(お母さん)と親しみをこめて呼ばれるのが、店を切り盛りする恵上イサ子さん。島の中学校の校長を定年退職後、奄美独特の食文化を次の世代に伝えたいと、料理人へ転身した。


奄美大島の鉄板焼き『TEPPANYAKI 瑠璃』

奄美大島の鉄板焼き『TEPPANYAKI 瑠璃』

 とびきり贅沢なディナーを楽しむなら、ここを置いて他になし! 使用する野菜や魚介はすべて奄美産。


職人技が光る!拍手喝采の【彩り豊かなちらし寿司】!『銀座 鮨 おじま』

職人技が光る!拍手喝采の【彩り豊かなちらし寿司】!『銀座 鮨 おじま』

若き店主・尾嶋さんは、31歳で独立後、名店ひしめく銀座で7年間暖簾を守ってきた。夜は、肴と握りを織り交ぜたおまかせコースのみで、煮る、〆るといった伝統的な仕事に加え、懐石で腕を磨いた経験からくる繊細な和食の技も随所に光る。


【閉店】恵比寿の日本料理『紫長』

【閉店】恵比寿の日本料理『紫長』

気にはなるけど入るのに勇気がいる店がある。扉の向こうはどんな世界?


ファイヤーホール4000(五反田/火鍋)-五反田で“極上&無敵”の旨辛火鍋!

ファイヤーホール4000(五反田/火鍋)-五反田で“極上&無敵”の旨辛火鍋!

五反田の火鍋専門店[ファイヤーホール4000]のグルメ記事と写真のページ。この迫力あるビジュルですでに説明は不要! すぐにでも食べたい魅惑の火鍋だ。[住所]東京都品川区東五反田1-25-19 [TEL]03-6450-3384


最新の投稿


奄美大島の郷土料理『なつかしゃ家』

奄美大島の郷土料理『なつかしゃ家』

“あんま”(お母さん)と親しみをこめて呼ばれるのが、店を切り盛りする恵上イサ子さん。島の中学校の校長を定年退職後、奄美独特の食文化を次の世代に伝えたいと、料理人へ転身した。


至福の鯖百選[6] 「もう1杯」が無限になる!?  ビールに最強の「サバグルメ」でカンパイ!

至福の鯖百選[6] 「もう1杯」が無限になる!? ビールに最強の「サバグルメ」でカンパイ!

ここしばらく「サバグルメ洋風化現象」が起きているなか、「サバと洋酒」シーンがもっと盛り上がってもいいはずだ。 サバと洋酒を極めなければ!と思っていた矢先に、ビッグニュースが飛び込んできた。なんと、キリンビールのビアレストラン『キリンシティ』が最高にビールに合う「サバ料理」を開発! これは行くしかない!!!


落合の豆腐屋『小野田豆腐店』

落合の豆腐屋『小野田豆腐店』

 ご近所さんやお使いの子どもたちが続々と訪れる、一見普通の“街のお豆腐屋さん”だが、手間暇かけて丁寧に作られた絶品の豆腐がいただける。四代目の小野田滋さんが北海道産「音更大袖振」と出合い、大豆に魅せられ作ったのは「四代目 絹」。


築地の豆腐屋『とうふ杉寅』

築地の豆腐屋『とうふ杉寅』

 近隣住民が買いに来るだけでなく、50軒を超える銀座の名店や料亭などにも豆腐を納めている店。ここではプロの舌も唸らせる逸品が手に入る。


名古屋エリア限定グルメ情報(60) たまり醤油の濃厚なコクとほのかな甘さがクセになる「チャーシュー中華そば」

名古屋エリア限定グルメ情報(60) たまり醤油の濃厚なコクとほのかな甘さがクセになる「チャーシュー中華そば」

名古屋には、味噌かつや手羽先、きしめんなど安くて旨いB級グルメは数多くあるが、ご当地ラーメンは存在しない。 そんななか、将来的に名古屋のご当地ラーメンとなる可能性を秘めたラーメンを出す店を発見した。それが『濃厚中華そば 佐とう』だ。


ランキング


>>総合人気ランキング