MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
鮨十(寿司/西麻布)|極上のネタと職人技が織り成す珠玉の鮨!

鮨十(寿司/西麻布)|極上のネタと職人技が織り成す珠玉の鮨!

西麻布の寿司店「鮨十(すしとう)」のおすすめメニューのグルメ取材記事と写真のページ。西麻布の細い路地裏に立つ一軒家。レトロな佇まいで敷居が高そうだが、戸を開ければにこやかな笑顔の親方が迎えてくれてホッとする。

鮨十(最寄駅:乃木坂駅・六本木駅)

極上のネタと感性職人技が織り成す珠玉の鮨に惚れる

扱うネタはどれも天然の一級品。米は熊本産のヒノヒカリで、親方の鮨に合うよう特別に栽培・精米されたもの。ネタにより赤酢と米酢の2種のシャリを用意して、煮切り醤油も使い分けるというこだわりようだ。 ランチ握りは鮨8貫に玉子、巻物、お椀という内容。富山の白エビ、肝を添えてコクを出すキンキ、おぼろを挟みまろやかな小肌など、仕事ぶりが光る鮨はどれも美味。そして最後のお楽しみはかんぴょう巻。そのままで十分美味しいが、オリーブオイルにつけるとなんとも言えぬ芳醇な香りが鼻に抜け、感激すること間違いなしだ。

ランチ握り
3000円

大間の本マグロの赤身

北海道のキンキ

宮城の穴子

鹿児島のスミイカ

ウニとイクラの小丼

熊本の小肌

北海道のブリ

富山の白エビ

カンピョウ巻

カツオ
500円

毎朝、店で藁を使い燻すカツオに玉ネギ醤油で風味付け。赤酢のシャリと相性抜群

ばらちらし鮨
1300円

赤身や穴子、エビ、イクラなどで見た目も華やか。数量限定

目の前で仕上げる、名物の“大トロ炭火直炙り”。1貫2000円で、夜の1万8000円以上のコースにも含まれる

お店からの一言

親方 宇田津 久さん

「居心地のいい店を目指していますのでぜひお越し下さい」

鮨十(すしとう)の店舗情報

[住所]東京都港区西麻布2-24-8 [TEL]03-6712-5533 [営業時間]12時~14時(13時半LO)、18時~23時(22時LO)※ランチタイム有 [休日]日・祝、水の昼 [席]12席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし [交通アクセス]地下鉄千代田線乃木坂駅5番出口から徒歩8分、日比谷線六本木駅4番出口から徒歩10分

電話番号 03-6712-5533
2017年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
車エビや毛ガニなどの茹で物、穴子やヤリイカなどの煮物、玉子や小肌などの焼き物や〆物…。江戸前の仕事がされたネタが端正に並んだ姿が粋でちょっと惚れ惚れ。
更新: 2019-01-18 12:00:00
ネタとシャリとの一体感こそ、この丼の真骨頂。使用するのは、まったりとしたサーモンに酸味の小肌、歯応えを生むイカやタコなど。
更新: 2019-01-17 18:00:00
色とりどりの華やかな見た目に、まずは食欲をそそられる。たまらず頬張れば、見た目以上の旨さに思わず唸る!
更新: 2019-01-16 18:00:00
駅至近の一等地にありながら、驚異のコスパをたたき出すのが平日昼限定のこの一杯。マグロやホタテ、鯛にアジなど白身や青物、貝類をバランスよくのせている。
更新: 2019-01-15 12:00:00
若き店主・尾嶋さんは、31歳で独立後、名店ひしめく銀座で7年間暖簾を守ってきた。夜は、肴と握りを織り交ぜたおまかせコースのみで、煮る、〆るといった伝統的な仕事に加え、懐石で腕を磨いた経験からくる繊細な和食の技も随所に光る。
更新: 2019-01-13 18:00:00
最新の投稿
サラダサーモン、サラダシーチキン、超鰹力などなど、これまでにも調理の手間なくお魚のタンパク質をたっぷり摂ることができるコンビニ商品を紹介してきた。そして、その決定版といえる商品がセブンイレブンのプライベートブランド「セブンプレミアム」から発売された。それも3種類同時に登場だ……!
更新: 2019-03-27 08:30:00
花見シーズンです。吉祥寺には人がわんさか来ていますが、同時に路頭に迷う人々が後を絶ちません。 特に土日祝のランチは、通常の時期でもランチ難民が続出してるっていうのに、お花見シーズンにノープラン、ノー予約……反省したほうがいいと思います。 今回は、そんな人々の救世主になってみようと思います。
更新: 2019-03-26 16:05:00
名古屋郊外で昔からのれんを掲げる寿司店といえば、ネタもシャリも大きく、シャリの味付けがやや甘めというイメージが強い。 そんななか、一宮市にある『楽山』は、寿司と割烹を二本柱にして営業する、名古屋からも多くの客が訪れる注目店なのである……。
更新: 2019-03-26 16:05:00
春の鉄道旅、全国にはおススメの路線がたくさんあります。 そんななかでも、おおっ! すごいと思うのは、中央本線が走る甲府盆地。 時期は4月上旬、都心の桜から一週間くらい後に、このあたりは桃源郷と呼びたくなるような様子になります……。
更新: 2019-03-25 16:05:00
 旬の味を抜群の盛りでリーズナブルに提供。メニューはフレンチをベースにイタリアンのエッセンスを取り入れ、素材にこだわりあり。
更新: 2019-03-25 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt