MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
【東京都内のカレーライス】これぞ日本の宝!おすすめの名作5選

【東京都内のカレーライス】これぞ日本の宝!おすすめの名作5選

本格とか、インド原理主義とかではなく、日本で歴史を刻んだ〈カレーライス〉は、もはや私達の国民食であり、かけがえのない宝物。これぞ名作と言わしめる、そんな至宝のカレーたちを徹底解剖します!

はじめに

万人に愛されるカレーライス。東京都内でもかなりの数のお店があります。お店だけではなくカシミールカレーやドライカレー、キーマカレー、ビーフカレーなど、たくさんのメニューもありより取り見取り。百花繚乱の都内カレー店の中でも、とくにたくさんのファンに支持さる人気店をまとめています。お店選びの参考にしてください。

茅場町 「新川 デリー」の「カシミールカレー」

写真:カシミールカレー 970円

[ルウと相性がいい大粒ご飯]
ご飯は粒の大きい国産米を選ぶ。やや固めに炊き上げることで、ルウが染みた時により美味しくなる。

[ブイヨンで丁寧に調理したチキン]
具のチキンはダシとなるブイヨンで煮てから、最後にルウと合わせるので柔らかくてジューシー。

[サラサラでスパイシーなルウ]
粉末の唐辛子は入れ過ぎるとトロミが出やすいのでオリジナルのレシピより少し減らし、よりサラリとした質感を追及した。

[美味しさの秘訣]

味に複雑さとコクを出す炒め玉ネギは2種類(上記写真)。カシミール用は4時間かけて炒め、生姜を加えてまた炒める。とろみを出さないために玉ネギの繊維を切るようにスライスするのもポイントだ。コルマ用は切り方や炒める時間も異なる。

この店の「カシミール」の妙はバランス。上野デリーの激辛に慣れた口にはマイルドに感じるかもしれないが、味のベースを決める玉ネギの炒め具合、スパイスの配合やブイヨンに至るまで、すべてに丹念な仕事が施されている。のれん分けで『デリー』を名乗れるのは全国でも数店舗しかない。なぜなら、卓越した才能の料理人だけに許される特権だから。上野デリーの厨房を22年支えた、店主・浅野さんがまさにそう。その極みの味を愛して止まない人々が、今日もカウンターにやって来る。

写真:新川 デリーの店内

お店から一言:「最初に全部をかけるとご飯にルウが染みておいしいですよ」
店長 浅野秀夫さん

新川 デリー


2種類の玉ねぎを4時間かけて煮込んだカシミールカレーがお店の看板メニュー。粒の大きな国産米を使用しやや固めに炊きあげ、ルウがなじみやすいように工夫されています。ブイヨンでじっくり煮たチキンを具材をして使い、柔らかい食感で旨味も凝縮。サラサラとしたルウがお米によく絡みスパイシーな香りが食欲をそそります。


[住所]東京都中央区新川1-28-35 鳴門ビル1階 [TEL]03-3297-8922 [営業時間]11時~22時 ※ランチタイム有 [休日]日・祝 [座席]カウンター7席、テーブル12席、計19席/全席禁煙/予約可(ランチ不可)/カード不可/サなし、お通し代なし [アクセス]地下鉄東西線茅場町駅1番出口から徒歩10分 ※メニューはテイクアウト可

中野 「café HAITI 中野」の「ドライカレー」

写真:ドライカレー 700円

[福神漬けがアクセント]
優しい味の福神漬けの甘さがカレーやご飯と相性抜群。合いの手に時々カレーに混ぜて食べるとより美味しい。

[水を使わないルウ]
水を一切使わず、素材の持つ水分だけで調理する。つまり火加減が難しく時間はかかるが、その分素材の旨みを引き出す。

[牛豚の合挽き肉]
キーマカレーに多い鶏肉ではなく、牛豚の合挽きを使用。スパイスに負けないしっかしりした肉の味が出る。

[美味しさの秘訣]

みじん切りの炒め玉ネギがたっぷり入るので優しく自然な甘さが出る。じっくりと時間をかけて水分を飛ばした玉ネギは甘みがギュっと凝縮。香味野菜もそれぞれ水分が飛び切るまで火を入れ、最後に合わせている。

南の海を思わせる青い皿の上に、こげ茶色のドライカレーがのった丸いライスが無人島のようにぽかりと佇んでいる。このフォトジェニックな光景が「懐かしい」となる人はきっと多い。新宿にあった『カフェハイチ』は1974年創業。名物はハイチ人に教わった家庭料理を元にしたというドライカレー。長く人気を博したが2016年に惜しまれつつも閉店。中野店は同店で長年カレーを作ってきたスタッフが開いた。だからレシピも味もそのまんま。昭和を代表する名作カレーは、今後も安泰だ。

写真:café HAITI 中野の外観

café HAITI 中野


ハイチ人の教えてもらったというドライカレーがお店の名物。水を加えずに素材から出る水分だけで調理するため、素材の旨味がギュッと濃縮されています。福神漬けの優しい甘さが、スパイシーなカレーにマッチ。時間をかけてじっくり煮込んだ味わいは絶品。店内インテリアも個性的で、カレーだけではなく非日常感も味わえます。


[住所]東京都中野区中野3-15-8 マンション増田103 [TEL]03-6454-1512 [営業時間]10時~19時、木~日は22時まで ※ランチタイム有 [休日]無休 [座席]テーブル10席/全席喫煙可/予約不可/カード不可/サなし、お通し代なし [アクセス]JRほか中野駅南口から徒歩10分

神保町 「共栄堂」の「スマトラカレー」

写真:スマトラカレーポーク 950円

[焙煎されたスパイス]
あと口に残るなんとも言えないビターさは、スパイスを煎ることから。浅くてもいけない、やり過ぎてもいけない。このせめぎ合いが生命線。

[メニューごとに違うブイヨン]
ブイヨンはカレーの種類によって全部違う。ポークはチキンと野菜がベース。

[サラサラのルウ]
小麦粉は一切使わないサラッとしたカレー。少しのとろみは野菜から出ている。

[美味しさの秘訣]

スパイスの配合は昔から変わらず20数種類。油脂で焙煎し、香りを引き立てたスパイスは、ボウルに入れて1週間以上寝かされる。たまにヘラでまんべんなくかき混ぜながらなじませる。

 スプーンを口に近づけてパクリとやったときの鼻腔に抜けるスパイス感、と同時にルウの中には心地いい甘み、そして余韻にほんのりビターな大人な感じ。これがまたなんとも言えずクセになる。「スパイスを油脂でじっくり焙煎する。ビターさはそこから来る」と店主の宮川さん。しかしどこまで焙煎するか。それがせめぎ合いだ。さらにはブイヨン。形がなくなるまで煮込まれた野菜や肉からの自然な旨みと甘み。小麦粉を一切使わず、サラリとした食感なのに深~い味わいなのがたまらない。

写真:共栄堂の店内

お店から一言:「最初に甘み、次に辛さ、ビターさが来るのが特徴です」
店主 宮川泰久さん

共栄堂


小麦粉を一切使わない製法でさらっとしたルウが特徴。20数種類のスパイスを油で焙煎し、1週間も寝かせて風味をアップさせる手間のかかったカレーです。カレーの肝ともいえるブイヨンは、カレーの種類によって変える手間の入れよう。スパイシーでありながらほのかな甘みのある独特の味わいは一度食べると癖になります。


[住所]東京都千代田区神田神保町1-6 サンビル地下1階 [TEL]03-3291-1475 [営業時間]11時~20時(19時45分LO)※ランチタイム有 [休日]日(祝不定休) [座席]テーブル60席/禁煙/予約不可/カード不可/サなし、お通し代なし [アクセス]地下鉄半蔵門線神保町駅A5出口から徒歩1分

神保町 「キッチン 南海」の「クリームコロッケカレー」

写真:クリームコロッケカレー 700円

[直火で熱々]
どこよりも熱々で出すために、営業中ルウは常に直火にかけられている。焦げないように頻繁にかき混ぜている。

[ブラック]
深い黒みを帯びた色合いは、玉ネギを丹念に焙煎することによって生まれる。

[ヒゲがたった衣]
注文が入ってから揚げるコロッケの衣は、バター入りの粗めの生パン粉を使用。まろやかでヒゲが立って、サクサク!

[美味しさの秘訣]

サラサラのルウには小麦粉をはじめ、余計な糖分は一切入っていない。パワフルではあるが胃にもたれず、「毎日食べられるカレー」を目指すゆえだ。スタッフもまかないで毎日食す。

 こんもり盛られたライスの上に注がれたカレーは深い黒みを帯びて熱々! 口に運べばふっと甘みを感じたあとから辛い! そして刺激的。強烈に食欲をそそられる。
 料理長の中條さん曰く、「豚コマと玉ネギは相当量が入っています。その形がなくなるくらい、煮込んでは寝かせてを3日間くらい繰り返します」。玉ネギを丹念に焙煎することから生まれるという漆黒のルウには、混沌としてその旨さが溶け込む。上に乗るコロッケもまた相当熱々。アチチと言いながら絶妙な相性もぜひ楽しみたい。

写真:キッチン 南海

お店から一言:「僕も30年以上開店前に食べています」
料理長 中條知章さん

キッチン 南海


黒味を帯びた独特の色合いのルーが特徴。この色合いは玉ねぎをじっくり焙煎することで生まれます。人気メニューはクリームコロッケカレーで、注文を受けた後から揚げるためコロッケは熱々。ルーもつねに直火にかけられているため、辛さと熱さのW効果で汗をかくのは必至。刺激的で個性的なカレーライスが食べたい方におすすめ。


[住所]東京都千代田区神田神保町1-5 [TEL]03-3292-0036 [営業時間]11時15分~16時、17時~20時 ※ランチタイム有 [休日]日・祝 [座席]カウンター12席、テーブル16席 計28席/禁煙/予約不可/カード不可/サなし、お通し代なし [アクセス]地下鉄半蔵門線神保町駅A7出口から徒歩1分

三宿 「ビストロ 喜楽亭」の「ビーフかれー」

写真:ビーフかれー 975円

[トッピング]
オニオンフライで食感と苦み、レーズンで甘みを、そしてアーモンドの風味がカレーの香りをさらに引き出す。

[ブイヨン]
が命牛骨と香味野菜でじっくり3日間かけて煮込まれる。

[小麦粉少なめ]
毎日食べても飽きないサラッとした食感は、欧風カレーだけど小麦粉少なめ。




[美味しさの秘訣]

ブイヨンに使われるのは、牛骨と、玉ネギ、ニンジン、セロリ、トマト、ネギなどの香味野菜。継ぎ足し継ぎ足し、毎日10時間以上、3日間煮込まれる。溶け込んだエキスが旨みになる。

 決め手は何と言ってもブイヨンだ。牛骨と香味野菜で3日間かけて煮込まれ、カレー粉と合わせてさらにひと晩寝かされる。どのカレーのベースにも、ぐっとくる深みのある旨みがあるのだ。「スパイスはカレーごとに違って、具材ごとに煮込んだら、ブイヨンと合わせてさらに6時間くらいコトコトします」(店主・大久保さん)と、丁寧に手をかけられた味わいは、マイルドさとスパイシーさが一体となって絶妙なバランス。サフランライスやトッピングとともに、食べ進めるのがうれしくなるのだ。

写真:ビストロ 喜楽亭

ビストロ 喜楽亭


まさに欧風カレーの王道を行くお店。香味野菜と牛骨をじっくり3日間煮込んだブイヨン、さらにカレーごとに違うスパイスを加えてさらに6時間煮込む手間の入れよう。スパイシーでありながら、香味野菜や牛骨の旨味がたまらないビーフカレーに。トッピングのアーモンドやレーズンが甘味や食感のアクセントを作り出しています。


[住所]東京都世田谷区池尻3-30-5 [TEL]03-3410-5289 [営業時間]11時~翌2時(翌1時半LO)※ランチタイム有 [休日]元日 [座席]カウンター6席、テーブル24席 計30席/13時以降喫煙可/予約可/カード可/サなし、お通し代なし [アクセス]東急田園都市線池尻大橋駅西口から徒歩8分

おわりに

ライター&編集部が、東京都内を東奔西走し、食べ歩いて見つけたカレーライスの名店をご紹介しました。定番のビーフカレー、ドライカレーから、カシミールカレー、スマトラカレーなど普段あまり見慣れないカレーまで、カレー好きにはどれもたまらない逸品ばかりです。是非一度お店に足を運んでみてはいかがでしょうか。


このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
これほど男心をくすぐるメニューもそうはないハズだ。カツとカレー。かぐわしく食欲をそそり、パンチも十分。とんかつ店からビストロまで、男を誘う逸品を紹介する! 撮影/瀧澤晃一 取材/池田一郎
カツ丼と並び、とんかつをより魅惑的にするカツカレー。その歴史は意外に古く、元祖的な店がいくつかあるのをご存知だろうか?そこでカツカレーの歴史をひも解きながら、その味がいかに普及に貢献していったのかを大調査! 撮影/谷内啓樹 取材/編集部
カレーの魅力は無限大。つまりカレーはどんどん進化するメニュー。そんな進化し続けるカレーには、本格インドの味わいから、日本独自に生まれたミックス系のものまでさまざま。なかでも東京で注目されているカレー店をフィーチャーします!撮影/西崎進也、貝塚 隆(プラウマカレー、Blakes)  取材/岡本ジュン
新宿エリアをグルメライターが食べ歩いて見つけたカレー店をご紹介!老舗の「カツカレー」から人気店の「なすチキン カレー」まで!
東京のカツカレーを人気グルメ雑誌のライターが実際に足を運んで調査!サクサクジューシーなカツとスパイシーなカレーの組み合わせが絶品の14軒を厳選しました。カレー好きにもとんかつ好きにも是非足を運んでほしい名店ばかりです!
愛知県のラーメンやつけ麺を語ろうとするとき、どうしても名古屋市内の店ばかりがクローズアップされるが、地方にも絶対の自信を持って勧められる店がある。 名古屋めしには欠かせない八丁味噌の産地として知られる岡崎市にある『つけめん舎 一輝 本店』もその一つだ。
またまた、ダイソーで気になる商品を見つけました。 なんと『レンジで簡単 オムライス』。 2枚のお皿で、レンジだけでオムライスができちゃうという、夢のようなモノ! 包丁も、フライパンも使わず、お皿2枚だけでオムライス作りに挑戦です!!
程よい塩気と絶妙な肉の食感が特長のリエットは、バゲットにのせるだけで手軽に贅沢な一品に。軽く火を入れても美味で、ワインが欲しくなる味わいだ。
 「ぜひ見てください」。そう言って店主・中村さんが扉を開けたのは敷地内にある工房。
サラリーマンがホッピーを酌み交わすここは、どう見ても大衆酒場。だがしかし、しかしですよ、テーブルには焼きとんとビストロ料理が共に並び、手渡される手書きリストにはレアなワインまでズラリ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt