MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
新宿東口の懐かしく居心地がよい『純喫茶』を巡礼!おすすめ純喫茶4店を紹介

新宿東口の懐かしく居心地がよい『純喫茶』を巡礼!おすすめ純喫茶4店を紹介

新宿の中でも東口は今なお純喫茶が多く残るエリア。中でも昔ながらの名店と呼ばれる店を回ってみた。

ようこそ!昔ながらの癒し空間へ

まず向かったのは『珈琲 西武』

▲写真:珈琲 西武の「新宿特製オムライス 900円」

看板は小さめだが、店内は驚くほど広くふかふかソファ席もゆったり。
それだけもうれしいが、加えて名物の「プリン ア・ラ・モード」やスパゲッティ、オムライス、ケーキなど食べ物も充実。
食事メニューも豊富なので食事処として使用するのもありだ。




ついで、その裏に位置する『タイムス』に。

▲写真:珈琲タイムスの「ホットドッグセット(+アイスコーヒー) 830円」

店が用意した新聞を手に、くわえタバコでのんびり珈琲を飲む人のなんと多いことか。
ちょっとしたタイムトリップ感が味わえる店だ。
ビジネスマンのほか、純喫茶ファンで終日にぎわう人気店だ。




少し明治通りの方へ足を延ばして『らんぶる』へ。

▲写真:名曲・珈琲 新宿 らんぶるの「ケーキセット(アイスコーヒー+ケーキ各種) 950円」

▲写真:名物の「チョコレートパフェ 800円」

入口から見える1階席が満席でも、地下は広々200席なので安心を。
珈琲も食事もこれぞ喫茶店の味で、その味目当ての人も多かった。
伊勢丹や三越から遠くなく、買い物帰りに立ち寄る女性たちも多い。




最後は『凡』

▲写真:自家焙煎珈琲 凡の「大人のショートケーキ 1280円」と「ぶれんど 1190円」

自家焙煎珈琲を出すのはこちらのみ。
苦みの利いた1杯は心落ち着けて堪能したい。
仕事の合間にふらりと立ち寄るには少し高いが、丁寧にドリップされる自家焙煎珈琲は、深い苦みと程よい酸味が心地よく、それだけの価値あり。
またケーキも美味しく、ぜひ珈琲に合わせて楽しんで。



日々姿を変える新宿にあって、時間が止まったかのように、昔ながらのくつろぎと癒しを与えてくれる純喫茶。
いつまでも変わらず、残り続けてほしい。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
東京駅に程近い京橋エリアを覆面調査した結果、実は多国籍料理が集まる街ということが判明。老舗が集まり江戸を感じさせる日本橋とは違った、ワールドワイドな一面をお届けします。
更新: 2019-08-09 12:16:16
東京駅に程近い京橋エリアをグルメライターが覆面調査!数ある中から「ランチタイムに絶対に外せないお店」を厳選してピックアップ!和食、焼肉、ハンバーガーなど、実は多国籍料理が集まる注目地帯!食べ放題等、見逃せないお得情報もありますよ♪
更新: 2019-08-09 12:15:33
名古屋のおすすめ居酒屋&ダイニングバーをご紹介!安くて美味しいリーズナブルなお店や、ゆっくり個室で呑めるお店、デートにぴったりなオシャレなお店など、グルメライターが実際に食べ歩いて見つけたお店をカテゴリ別にご紹介します!
更新: 2019-07-19 20:13:15
名古屋には全国に展開しているチェーン店も含め人気のある有名ラーメン店がたくさんあります!ここではグルメ雑誌「おとなの週末」のラーメンライターが特におすすめしたい、本当に旨いお店を、厳選してご紹介!写真や最寄り駅の情報も掲載しています。
更新: 2019-07-18 14:03:48
梅田エリアをグルメライターが食べ歩いて見つけた、本当におすすめの焼肉店情報!コスパ抜群のリーズナブルなお店や、個室でゆっくり楽しめるお店の厳選3店舗をご紹介します!営業時間や休日などの店舗情報もあり。
更新: 2019-07-19 13:24:25
最新の投稿
連日の猛暑で外出するのも億劫になる。そんなときは、味噌煮込みうどんを食べて涼しくなろう! えっ? 余計に暑くなるって!? いやいや、食べれば食べるほど涼しくなる味噌煮込みうどんを名古屋市中区新栄近くにある『吉野屋』で発見したのだ……。
更新: 2019-08-20 15:50:00
魚は全国の選りすぐりの漁師船から買い付け。その日の朝獲れたピチピチ鮮魚のほか、「神経〆」という特別な絞め方をされた旬魚が届き、一番美味しい状態で出せるよう、魚によっては寝かせて熟成させる。
更新: 2019-08-20 12:00:00
氷が見えないほどクリームで覆い尽くした、インパクト大な“苦くない抹茶”のかき氷。3種のソースが使われており、味わいのバランスが絶妙で美味しさはもちろんだが、掘っていく楽しみもある。
更新: 2019-08-19 12:00:00
熱々のうなぎとご飯をほおばると、脂のコクとタレの甘みを感じつつもすぅっと溶けるような食べ心地。大串がのる鰻重でも、最後まで飽きることなくお年寄りから子どもまでパクパクと箸が進んでしまう。
更新: 2019-08-18 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt