MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
カフェテラスポンヌフ|ナポリタンが評判を呼んで行列店に!ヤミツキ必至特製トマトソース(珈琲店/新橋)

カフェテラスポンヌフ|ナポリタンが評判を呼んで行列店に!ヤミツキ必至特製トマトソース(珈琲店/新橋)

ナポリタンの激戦区・新橋で半世紀近く愛される味と言えばここを忘れてはならない。原点はコーヒー店だが、店主の信夫健二さんが作る。カフェテラス ポンヌフ (Pont Neuf)[交]JR線ほか新橋駅汐留口から徒歩1分 ※ランチタイム有

カフェテラスポンヌフ(最寄駅:新橋駅)

レシピは
変えず、味を守っています


 近年は大病を経験したにもかかわらず、毎朝6時に来て1日分の麺20㎏を茹でるというから頭が下がる。終日の立ち仕事は無理だが、71歳になった今も「感覚を忘れないため」と夜はフライパンを振って調理するのだそう。

 味付けは牛豚の挽き肉や香辛料を入れた特製トマトソースとケチャップ。見事に調和された酸味、甘み、旨みが、太く柔らかい麺に絡まる。これぞ信夫さんのレシピ、ポンヌフの味だ。

スパゲティ・ナポリタン
650円

具はハム、玉ねぎ、マッシュルームなど。ケチャップのほか、ガーリックやブラックペッパーなどの香辛料と挽き肉を加えたトマトソースで炒める。牛と豚の挽き肉の旨みとスパイスの風味が全体を引き締めると同時に、味に絶妙な深みを与えている。店主の信夫さんが考えたレシピだ

ポンヌフバーグ
780円

合挽き肉を手でこねて仕込むハンバーグ。スパゲティとバターロール、生野菜が付いているので、好みでサンドにしても絶品

[その他のメニュー]
ハンバーグスパゲティ850円、カレー750円、ハンバーグサンド780円、ハンバーグカレー1000円、トースト400円、プリン420円、プリン&アイスクリーム530円など

カフェテラスポンヌフ

■『カフェテラス ポンヌフ』
[住所]東京都港区新橋2-20-15 新橋駅前ビル1号館1階
[TEL]03-3572-5346
[営業時間]11時15分~16時(15時半LO)、17時半~20時(19時半LO)、土曜日:11時15分~15時(14時半LO)
[休日]日曜日・祝日
[座席]カウンター6席、テーブル19席、計25席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サなし
[アクセス]JR線ほか新橋駅汐留口から徒歩1分 ※ランチタイム有

電話番号 03-3572-5346
2016年1月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
名物の分厚いホットケーキと並び、密かにファンが多いのがパフェ。なかでも旬のフルーツの美味しさにこだわった季節のパフェは格別。
ドバイの七ツ星ホテル『ブルジュ アル アラブ』や世界の名だたるホテルで採用されている、ドイツの高級紅茶「ロンネフェルト」。そのロンネフェルトを贅沢にもかき氷で味わえる。
独自にカスタマイズした焙煎機によるコーヒーは、ブレンド3種、シングルオリジンが7種の全10アイテム。しかも、ドリップからエアロプレス、エスプレッソまでさまざまな抽出で、その魅力を味わえる。
 恵比寿で9坪のコーヒースタンドから始まった『猿田彦珈琲』。開業してわずか7年だが、その躍進ぶりがスゴイ。
こだわりは生産者の思いが詰まった良い豆を仕入れ、自家焙煎してその魅力をきちんと届けること。焙煎は6タイプ。
ワイワイ、カチャカチャ。ビストロらしい賑わいが似合う店だ。メニューには「フランスの片田舎にあるようなワイン居酒屋」とあり、気取りなく、一方でワインに対して気の利いたアテが揃っている。
大正時代から続く老舗を若き5代目が継いだのは24歳の時。理由は先代の急逝だった。伝統を守りながらより高みを目指し、今35歳。
厳選の国産米を4時間以上かけて炊いたおかゆを12種類提供。看板商品の「POPEYE」(950円)は、ほうれん草のおかゆ。
かつての学芸大学から移って5年、白金高輪の地に隠れ家のような面持ちである店は、きれいな空気感がある。ほんのり甘くダシが品よく利いた玉子焼きしかり、プリッとしたエビとイカをサクッと軽く揚げたかき揚げしかり。
住宅街の奥深くに佇む『ターキー』。初めてでは見つけにくいけれど、各地から熱烈ファンが訪れる街中華の名店だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt