MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
カフェテラスポンヌフ|ナポリタンが評判を呼んで行列店に!ヤミツキ必至特製トマトソース(珈琲店/新橋)

カフェテラスポンヌフ|ナポリタンが評判を呼んで行列店に!ヤミツキ必至特製トマトソース(珈琲店/新橋)

ナポリタンの激戦区・新橋で半世紀近く愛される味と言えばここを忘れてはならない。原点はコーヒー店だが、店主の信夫健二さんが作る。カフェテラス ポンヌフ (Pont Neuf)[交]JR線ほか新橋駅汐留口から徒歩1分 ※ランチタイム有

カフェテラスポンヌフ(最寄駅:新橋駅)

レシピは
変えず、味を守っています


 近年は大病を経験したにもかかわらず、毎朝6時に来て1日分の麺20㎏を茹でるというから頭が下がる。終日の立ち仕事は無理だが、71歳になった今も「感覚を忘れないため」と夜はフライパンを振って調理するのだそう。

 味付けは牛豚の挽き肉や香辛料を入れた特製トマトソースとケチャップ。見事に調和された酸味、甘み、旨みが、太く柔らかい麺に絡まる。これぞ信夫さんのレシピ、ポンヌフの味だ。

スパゲティ・ナポリタン
650円

具はハム、玉ねぎ、マッシュルームなど。ケチャップのほか、ガーリックやブラックペッパーなどの香辛料と挽き肉を加えたトマトソースで炒める。牛と豚の挽き肉の旨みとスパイスの風味が全体を引き締めると同時に、味に絶妙な深みを与えている。店主の信夫さんが考えたレシピだ

ポンヌフバーグ
780円

合挽き肉を手でこねて仕込むハンバーグ。スパゲティとバターロール、生野菜が付いているので、好みでサンドにしても絶品

[その他のメニュー]
ハンバーグスパゲティ850円、カレー750円、ハンバーグサンド780円、ハンバーグカレー1000円、トースト400円、プリン420円、プリン&アイスクリーム530円など

カフェテラスポンヌフ

東京都港区新橋2-20-15 新橋駅前ビル1号館1階 ☎03-3572-5346 [営]11時15分~16時(15時半LO)、17時半~20時(19時半LO)、土11時15分~15時(14時半LO) [休]日・祝 [席]カウンター6席、テーブル19席、計25席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サなし [交]JR線ほか新橋駅汐留口から徒歩1分 ※ランチタイム有

電話番号 03-3572-5346
2016年1月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
2017年春、中央線の高架沿いに出現した「高円寺アパートメント」。1階には6つの個性的な店が軒を連ねる。
更新: 2019-04-19 12:00:00
明治21年に上野に誕生し、
喫茶店の原点と言われた
「可否茶館」。そこには書棚やビリヤード台が備えられていたという。
更新: 2019-04-17 12:00:00
2003年にシドニーで立ち上がり、2014年に日本に上陸した「シングルオー」。焙煎とオンラインショップでスタートしたが、2年を経てテイスティングバーがオープンした。
更新: 2019-04-16 12:00:00
この店があるのは、まだのどかな雰囲気が残る二子玉川商店街。店主の宮崎哲夫さん・モトコさん夫妻は二子玉川のスターバックスコーヒー、清澄白川のブルーボトルジャパンで立ち上げスタッフを経験したのち独立、コーヒーの移動販売も経て店を開いた。
更新: 2019-04-14 18:00:00
照明を抑えた店内には、静かで非日常な時間が流れている。寄り添ってくれるのは、優しく耳に届く音楽と季節の花、そしてコーヒー。
更新: 2019-04-12 18:00:00
最新の投稿
2017年春、中央線の高架沿いに出現した「高円寺アパートメント」。1階には6つの個性的な店が軒を連ねる。
更新: 2019-04-19 12:00:00
肉の専門店『万世』が手がけるラーメン屋のパーコー麺だ。むっちり弾力があって食べ応え充分なパーコーに、あっさりしつつもコクのあるスープ、プレーンな感じのラーメンがやけに合う。
更新: 2019-04-18 14:55:41
こんな店を待っていた! と思わせる新星が登場した。一見オシャレな立ち呑みだが、奥にはカウンターやテーブル席もあり、ゆっくりくつろげる。
更新: 2019-04-18 12:00:00
天王寺区の桃谷といえば、区役所や警察署、それに総合病院までが密集する閑静な住宅街。 ここに地元民に愛される洋食屋がポツンとある。 その名も「ボナンザ」。 マスコミ初登場の老舗洋食屋でオープンして約40年が経つそうだ……。
更新: 2019-04-17 16:05:00
明治21年に上野に誕生し、
喫茶店の原点と言われた
「可否茶館」。そこには書棚やビリヤード台が備えられていたという。
更新: 2019-04-17 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt