MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
東西「つくね」対決(コラム:マッキー牧元×門上武司の往復書簡)

東西「つくね」対決(コラム:マッキー牧元×門上武司の往復書簡)

おとなの週末で人気連載の呼び声高い、東西うまいもの対決風コラム『[東]マッキー牧元 ×[西]門上武司の往復書簡』。焼き鳥のなかでも、〈つくね〉はまるで別モノのようにその存在感の大きさを感じさせる希有な一品。今回は、なんとも個性的な東のつくねと、職人の腕が冴え渡る西の極上つくねをご案内します。

【今回のお題】つくね

つくね 対決 東/焼鳥 今井 vs. 西/天ぷら あやむ屋

【東】マッキー牧元 焼鳥 今井の「つくね」

門上様、「つくね」ときましたね。
いやあ、ひと言につくねといっても、形状や硬さ、味付けなど様々なつくねが世の中には存在します。

みなさん好みがあるでしょうが、僕はこと焼鳥のつくねとなると、博愛主義です。
安っぽい屋台のつくねも、立派な高級店のも愛しています。
でもその中で強いて言わせてもらえれば、やはり肉料理なのだから、肉の香りとたくましさがあってほしいということでしょうか。

その点ここ『今井』のつくねは、実に肉々しい。
パクチーとナンプラー入りという変則技に着目されがちですが、元の挽き肉がいい。
その挽き肉は、親鳥と赤鳥を合わせたミンチですが、噛むと、その親鳥の歯応えがあって、挽き肉ながら「肉を食らっている」という勇壮な気分になる。
さらには雛鳥にはない凛々しい香りがある。

この親鳥の滋味を楽しんでいると、後からパクチーの香りが鼻に抜け、ナンプラーの旨みがこっそり後押しをする。
そのバランスも良く、また親鳥あっての香草や調味が生きてくるのです。
千駄木は、昭和の香りがまだ残る下町です。
そこでの革新的なつくねを、食べに来ませんか?

ぶりっとした肉感と噛んだ途端に広がる香りに内なる野生が目覚めるような勇壮かつ鮮烈なつくね

▲つくね 350円
味付けに使われるナンプラーも印象的。
「噛んだ瞬間に広がるパクチーの香りがいいね。これ、レモングラスとか入れても合うんじゃない? 季節ごとにハーブを変えてもいいなぁ」(牧)。パクチー好きは“追いパク”も、苦手な人は“抜き”も可能

焼鳥 今井
[住所]東京都文京区千駄木2-29-4 シティーハイツ千駄木102号
[TEL]03-3821-2989
[営業時間]18時~23時(22時LO)、日曜のみランチ営業あり 11時〜14時閉店
[休業日]月(※ほか不定休あり)
[席]カウンター10席
カード可/予約可/サなし *コース6000円、単品一串350円〜
[交通]地下鉄千代田線千駄木駅1番出口から徒歩約1分

【西】門上武司 あやむ屋の「つくね」

牧元さん、つくねというと肉系だけでなく、魚バージョンもあるのですが、どうしても焼き鳥を思い浮かべてしまいます。
そして大阪・福島の『あやむ屋』という焼き鳥屋のつくねにたどり着きました。
ここは俵型に近いスタイルで、串を持つとふるふると揺れるのではないかと思わせるぐらいの柔らかさが伝わってきます。

ひと口食べると、肉肉しさとジューシィーという本来相反する要素がうまく同居していることに感激してしまいます。
店主の永沼巧さん曰く、「せせりが8割、あとは皮と手羽元、ももです」とのこと。

驚くに、店にミンサー(挽肉機)を置き、自店で挽いて、一度挽きと二度挽きを混ぜているというのです。
これが肉肉しさとジューシィーさの秘訣です。
皮の部分が入ることで、よりジューシィーさを強調します。

「店で挽くということは、いつも新鮮でどの部位を使っているか分かります」と永沼さん。
たしかに肉屋任せとは、明らかにつくねに対する思いが違います。
そして、「店の4番バッターのような存在ですから」とも。

福島はいま新たな店がどんどん増え、熱いエリアです。
そこでしっかりしたつくねはいかがですか?

店主の”つくね愛”をひしと感じる手間ひまかけた極上の肉肉&ジューシィー串

▲つくね 250円(※注文は2本から)
丹波地鶏を使用。
「せせりをたっぷり使うことすら珍しいが、一度挽きと二度挽きを混ぜるという永沼さんの徹底ぶりには驚きと感動です。皮の脂分が溶け、ジューシィーになる様は、まさに小籠包の感覚を味わっている感じともいえるのです」(門)

あやむ屋
[住所]大阪府大阪市福島区福島5-17-39
[TEL]06-6455-7270
[営業時間]17時半~23時
[休業日]日
[席]テーブル4席、カウンター13席/計17席
カード可(1万円以上~)/予約可/お通し400円
※単品は2串以上から、人数分の注文
[交通]JR新福島駅より徒歩1分

プロフィール

マッキー牧元/タベアルキストを自称して早30年、ひたすら美味しいものを食べ歩き、それを生業とすべく、各誌への寄稿に励むコラムニスト。東の食雑誌『味の手帖』編集主幹でもある。

門上武司/小誌でもおなじみの、あらゆる食情報に精通している西のグルメ王。食関連の執筆・編集を中心に、各メディアに露出多数。関西の食雑誌『あまから手帖』の編集顧問も務める。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
グルメ専門誌「おとなの週末」ライターが覆面調査で実際に食べたお店だけを厳選。今回は「新宿のイタリアン」を徹底調査。ピッツァ、パスタを中心に、ランチ、ディナーにおすすめの店やコスパよしのグルメ・レストラン情報を公開。
更新: 2019-04-16 20:27:31
有楽町周辺のカフェ情報のまとめ記事です。グルメライターが実際に行って見つけた厳選4店をご紹介。気になるランチ・朝・夜の営業時間やおすすめメニュー、喫煙可否、穴場のお店なのか、など各店の特徴を分かりやすくご案内します!
更新: 2019-04-17 12:14:14
上野エリアを人気グルメ情報誌「おとなの週末」のグルメライターが食べ歩いて見つけた、本当におすすめのランチ情報。和食・洋食・中華・カレー・食べ放題など特におすすめの9店舗をご紹介します!営業時間や休日などの店舗情報もあり。
更新: 2019-04-15 11:13:04
ハムエッグって、朝食メニューでは?この企画タイトルを読んでそんな気持ちになった方に、我々は言いたい。ハムエッグは、呑みのよき友なんです!それを日夜実践しているライターの酔いどれ〜ぬオカモトが、マイコレクションから厳選してご紹介します!撮影・取材/岡本ジュン
更新: 2019-02-02 17:21:33
たまご×醤油×ご飯。たったこれだけなのに、たまらなく美味しいTKGこと「たまごかけご飯」。シンプルだからこそお店では贅沢な一杯を求めて食べまくりました!その結果をご覧あれ。撮影/西﨑進也 取材/菜々山いく子
更新: 2019-02-15 10:23:08
最新の投稿
平成ももうまもなく終わりですが、個人的に“平成っぽい食べ物”と言うと、食べる調味料が浮かびます。 食べるラー油、食べる醤油、食べる味噌などなど……。 ちなみに、私が吉祥寺で食べる調味料を入手するのは、中道通りをちょっと入ったところにある『吉祥寺 千恵蔵さん』に決まっています。
更新: 2019-04-23 16:00:00
黒ゴマをまとい旨みが増したサーモンに、きめ細やかな衣で甘みを最大限に引き出した天使の海老……。素材により4種の衣を使い分け、白絞油でカラリと揚げた串はどれも独創的かつ完成度の高い仕上がりだ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
富山のチューリップの撮影はけっこう難しいことで有名です。 花が見られる時間は長くても数日。 さらに、天気が良くて背景の立山連峰まで美しく見えるという条件がそろわなくてはなりません。 なかなかの難題……。 今回は、ちょっと昔の思い出と、ホタルイカ三昧のお話です。
更新: 2019-04-22 16:01:00
名古屋市東区赤塚町に明治、大正、昭和、平成、そして令和と、5つの時代を駆け抜けた店がある。創業1888(明治21)年の麺類食堂『森田屋』がそれだ。老舗だからといって敷居が高いわけではない。131年間にわたって地元の人々に愛されているのだ。
更新: 2019-04-22 16:00:00
全国から厳選した日本酒が常時40~50種類揃う。銘柄は敢えて固定せず、その季節で一番旨いものを仕入れるのが六三四流。
更新: 2019-04-22 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt