名古屋エリア限定グルメ情報(36) 人形町『玉ひで』の次男が考案! 名古屋でしか食べられない新タイプの親子丼

名古屋エリア限定グルメ情報(36) 人形町『玉ひで』の次男が考案! 名古屋でしか食べられない新タイプの親子丼

東京・人形町にある親子丼発祥の店『玉ひで』。 お昼時は、親子丼を求める客が長蛇の列をつくることも有名だ。そんな『玉ひで』の味、しかも、どこにもない新たな親子丼が名古屋で楽しめるのをご存じだろうか?


人形町『玉ひで』の次男が考案! 名古屋でしか食べられない新タイプの親子丼


東京・人形町にある親子丼発祥の店『玉ひで』。

お昼時は、親子丼を求める客が長蛇の列をつくることも有名だ。

そんな『玉ひで』の味、しかも、どこにもない新たな親子丼が名古屋で楽しめるのをご存じだろうか?


名古屋駅構内の飲食店街「名古屋うまいもん通り」にある『てつえもん』がそれ。

『玉ひで』8代目当主、山田耕之亮氏が監修した店で、名古屋コーチンを使った焼鳥や親子丼が看板メニューだ。



こちらは、名古屋コーチンのもも肉が入った山田氏直伝の「名古屋コーチン鶏だし親子丼」(1380円)。

山田氏は名古屋とその周辺で暮らす人々の味覚を研究し、割り下に使う醤油は知多半島産のものを使用している。

そのため、どこか懐かしい味わいがするのだ。

特筆すべきは、玉子のとろみ加減。

コーチンの肉とご飯とを一体化させる「つなぎ」の役割を完璧に果たしている。


「『玉ひで』の味をそのまま持ってくるのは簡単なことですが、地元の方に親しめる味出なければならないと思い、ゼロベースで作り上げました。

強火を使って短時間で仕上げますから、卵の状態は秒単位で変わってしまいます。

余熱も考慮したタイミングが重要なんです。

ですから、私が認めた者しか親子丼の調理はできません」と、山田氏。


冒頭で触れた、どこにもない親子丼とは、2018年2月末に販売を開始した「名古屋コーチン昆布だし親子丼」(1380円)のことである。

このメニューは、山田氏の次男、ヤスオ氏が考案した。

彼は京都の老舗料亭『京大和』で働いた後、カナダに渡って2年間修業した。

海外で生活をするなかで、外国人に親子丼を食べてもらいたいという思いが募っていったという。


「ところが、残念なことに海外では半熟の卵を食べる習慣がないんです。
ですから、親子丼そのものも存在しません。
それなら、外国人でも食べられる親子丼を作ろうと。
とはいえ、伝統を守り続ける『玉ひで』で出すのは難しいので、ここ『てつえもん』で販売する許可を父からいただきました」と、ヤスオ氏(写真右。左は山田耕之亮氏)。


ご覧の通り、「名古屋コーチン昆布だし親子丼」は、従来の親子丼とはビジュアルからしてまったく違う。

五穀米を使用したご飯にのっているのは、名古屋コーチンのむね肉ともも肉、フワフワの卵、レタスなど。

コーチンの肉は、昆布だしで火を通してあり、しっかりとした旨みをさらに引き出している。

また、フワフワの卵は、とろみを付けた昆布だしに卵を流し込んだ、いわゆる卵とじ。

鶏と昆布の旨みをたっぷりと吸っていて、口に入れるたびにそれらがジュワッと広がる。


従来の親子丼にはない新感覚の味わいだ。


あまりの旨さに、丼をワシ掴みにしてイッキに掻き込んでしまいたいところだが、半分ほど食べたところで一旦ストップ。

丼と一緒に出されるゴマやワサビなどの薬味をのせて、鶏スープをかけてお茶漬け風にすると、また違った味わいが楽しめるのだ。


「名古屋コーチン昆布だし親子丼」が親子丼の新機軸となるかもしれない。



てつえもん
[住所]愛知県名古屋市中村区名駅1-1-4
    JR名古屋駅名古屋うまいもん通り
[TEL]052-589-1255
[営業時間]11時~23時
[定休日]無休






永谷正樹(ながや・まさき)
1969年生まれのアラフィフライター兼カメラマン。名古屋めしをこよなく愛し、『おとなの週末』をはじめとする全国誌に発信。名古屋めしの専門家としてテレビ出演や講演会もこなす。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

名古屋メシの専門家として、実際に食べてみて本当に美味しかったものや、名古屋のグルメ事情について、好き勝手に書き綴る。

関連する投稿


名古屋エリア限定グルメ情報(60) たまり醤油の濃厚なコクとほのかな甘さがクセになる「チャーシュー中華そば」

名古屋エリア限定グルメ情報(60) たまり醤油の濃厚なコクとほのかな甘さがクセになる「チャーシュー中華そば」

名古屋には、味噌かつや手羽先、きしめんなど安くて旨いB級グルメは数多くあるが、ご当地ラーメンは存在しない。 そんななか、将来的に名古屋のご当地ラーメンとなる可能性を秘めたラーメンを出す店を発見した。それが『濃厚中華そば 佐とう』だ。


名古屋エリア限定グルメ情報(59) 伊勢海老とポルチーニ茸を使った絶品ラーメン

名古屋エリア限定グルメ情報(59) 伊勢海老とポルチーニ茸を使った絶品ラーメン

日を追うごとに寒さが厳しくなるこの季節。とくに食べたくなるのが、ラーメン。定番の醤油にしようか、それともあっさりとした塩? いや、濃厚な味噌も捨てがたい……。そんななか、これまでにないまったく新しいタイプのラーメン、豚骨と魚介のWスープに伊勢海老の殻から抽出したスープをくわえた「伊勢海老らぁめん」なるものを発見した。


名古屋エリア限定グルメ情報(58) 梅茶漬けでシメるひつまぶしを名物に! うなぎの新店『ひつまぶし 花岡』の挑戦

名古屋エリア限定グルメ情報(58) 梅茶漬けでシメるひつまぶしを名物に! うなぎの新店『ひつまぶし 花岡』の挑戦

ここ2、3年、名古屋ではうなぎ店のオープンが相次いでいる。とくに名古屋駅や栄など都心部に多いところを見ると、ひつまぶし目当ての観光客を取りこみたいという店側の意図がうかがえる。 2016年8月、名古屋・栄3丁目に開店した『ひつまぶし花岡』もその一つ。店名の通り、ここはひつまぶしが名物だ……。


名古屋エリア限定グルメ情報(57) 地元グルメレポーターが通い詰める焼肉の名店! 天白区『天火山』

名古屋エリア限定グルメ情報(57) 地元グルメレポーターが通い詰める焼肉の名店! 天白区『天火山』

私の友人で、地元タレントの福田知鶴さんから「美味しい焼肉屋さんがあるんだけど……」と誘われて向かったのは、名古屋市東部の天白区。 知鶴さんはレポーター歴20年以上の大ベテラン、というかレジェンド。とくに美味しさを全身で表現するグルメリポートは定評があり、これまで取材で訪れた店は1万軒にものぼる……。


名古屋エリア限定グルメ情報(56) 台湾人が日常的に食べている料理が楽しめる『台湾飲茶cafe 茶坊』

名古屋エリア限定グルメ情報(56) 台湾人が日常的に食べている料理が楽しめる『台湾飲茶cafe 茶坊』

私事で恐縮だが、2018年9月に台湾・台北へ行った。現地に出店した名古屋の飲食店の取材が目的だったが、その合間に台湾のグルメも楽しんだ。そこでわかったのは、名古屋にある台湾料理店との味の違い……。 そこで、本場の味を名古屋で探したところ、名東区一社で見つけた。


最新の投稿


奄美大島の郷土料理『なつかしゃ家』

奄美大島の郷土料理『なつかしゃ家』

“あんま”(お母さん)と親しみをこめて呼ばれるのが、店を切り盛りする恵上イサ子さん。島の中学校の校長を定年退職後、奄美独特の食文化を次の世代に伝えたいと、料理人へ転身した。


至福の鯖百選[6] 「もう1杯」が無限になる!?  ビールに最強の「サバグルメ」でカンパイ!

至福の鯖百選[6] 「もう1杯」が無限になる!? ビールに最強の「サバグルメ」でカンパイ!

ここしばらく「サバグルメ洋風化現象」が起きているなか、「サバと洋酒」シーンがもっと盛り上がってもいいはずだ。 サバと洋酒を極めなければ!と思っていた矢先に、ビッグニュースが飛び込んできた。なんと、キリンビールのビアレストラン『キリンシティ』が最高にビールに合う「サバ料理」を開発! これは行くしかない!!!


落合の豆腐屋『小野田豆腐店』

落合の豆腐屋『小野田豆腐店』

 ご近所さんやお使いの子どもたちが続々と訪れる、一見普通の“街のお豆腐屋さん”だが、手間暇かけて丁寧に作られた絶品の豆腐がいただける。四代目の小野田滋さんが北海道産「音更大袖振」と出合い、大豆に魅せられ作ったのは「四代目 絹」。


築地の豆腐屋『とうふ杉寅』

築地の豆腐屋『とうふ杉寅』

 近隣住民が買いに来るだけでなく、50軒を超える銀座の名店や料亭などにも豆腐を納めている店。ここではプロの舌も唸らせる逸品が手に入る。


名古屋エリア限定グルメ情報(60) たまり醤油の濃厚なコクとほのかな甘さがクセになる「チャーシュー中華そば」

名古屋エリア限定グルメ情報(60) たまり醤油の濃厚なコクとほのかな甘さがクセになる「チャーシュー中華そば」

名古屋には、味噌かつや手羽先、きしめんなど安くて旨いB級グルメは数多くあるが、ご当地ラーメンは存在しない。 そんななか、将来的に名古屋のご当地ラーメンとなる可能性を秘めたラーメンを出す店を発見した。それが『濃厚中華そば 佐とう』だ。


ランキング


>>総合人気ランキング