名古屋エリア限定グルメ情報(36) 人形町『玉ひで』の次男が考案! 名古屋でしか食べられない新タイプの親子丼

名古屋エリア限定グルメ情報(36) 人形町『玉ひで』の次男が考案! 名古屋でしか食べられない新タイプの親子丼

東京・人形町にある親子丼発祥の店『玉ひで』。 お昼時は、親子丼を求める客が長蛇の列をつくることも有名だ。そんな『玉ひで』の味、しかも、どこにもない新たな親子丼が名古屋で楽しめるのをご存じだろうか?


人形町『玉ひで』の次男が考案! 名古屋でしか食べられない新タイプの親子丼


東京・人形町にある親子丼発祥の店『玉ひで』。

お昼時は、親子丼を求める客が長蛇の列をつくることも有名だ。

そんな『玉ひで』の味、しかも、どこにもない新たな親子丼が名古屋で楽しめるのをご存じだろうか?


名古屋駅構内の飲食店街「名古屋うまいもん通り」にある『てつえもん』がそれ。

『玉ひで』8代目当主、山田耕之亮氏が監修した店で、名古屋コーチンを使った焼鳥や親子丼が看板メニューだ。



こちらは、名古屋コーチンのもも肉が入った山田氏直伝の「名古屋コーチン鶏だし親子丼」(1380円)。

山田氏は名古屋とその周辺で暮らす人々の味覚を研究し、割り下に使う醤油は知多半島産のものを使用している。

そのため、どこか懐かしい味わいがするのだ。

特筆すべきは、玉子のとろみ加減。

コーチンの肉とご飯とを一体化させる「つなぎ」の役割を完璧に果たしている。


「『玉ひで』の味をそのまま持ってくるのは簡単なことですが、地元の方に親しめる味出なければならないと思い、ゼロベースで作り上げました。

強火を使って短時間で仕上げますから、卵の状態は秒単位で変わってしまいます。

余熱も考慮したタイミングが重要なんです。

ですから、私が認めた者しか親子丼の調理はできません」と、山田氏。


冒頭で触れた、どこにもない親子丼とは、2018年2月末に販売を開始した「名古屋コーチン昆布だし親子丼」(1380円)のことである。

このメニューは、山田氏の次男、ヤスオ氏が考案した。

彼は京都の老舗料亭『京大和』で働いた後、カナダに渡って2年間修業した。

海外で生活をするなかで、外国人に親子丼を食べてもらいたいという思いが募っていったという。


「ところが、残念なことに海外では半熟の卵を食べる習慣がないんです。
ですから、親子丼そのものも存在しません。
それなら、外国人でも食べられる親子丼を作ろうと。
とはいえ、伝統を守り続ける『玉ひで』で出すのは難しいので、ここ『てつえもん』で販売する許可を父からいただきました」と、ヤスオ氏(写真右。左は山田耕之亮氏)。


ご覧の通り、「名古屋コーチン昆布だし親子丼」は、従来の親子丼とはビジュアルからしてまったく違う。

五穀米を使用したご飯にのっているのは、名古屋コーチンのむね肉ともも肉、フワフワの卵、レタスなど。

コーチンの肉は、昆布だしで火を通してあり、しっかりとした旨みをさらに引き出している。

また、フワフワの卵は、とろみを付けた昆布だしに卵を流し込んだ、いわゆる卵とじ。

鶏と昆布の旨みをたっぷりと吸っていて、口に入れるたびにそれらがジュワッと広がる。


従来の親子丼にはない新感覚の味わいだ。


あまりの旨さに、丼をワシ掴みにしてイッキに掻き込んでしまいたいところだが、半分ほど食べたところで一旦ストップ。

丼と一緒に出されるゴマやワサビなどの薬味をのせて、鶏スープをかけてお茶漬け風にすると、また違った味わいが楽しめるのだ。


「名古屋コーチン昆布だし親子丼」が親子丼の新機軸となるかもしれない。



てつえもん
[住所]愛知県名古屋市中村区名駅1-1-4
    JR名古屋駅名古屋うまいもん通り
[TEL]052-589-1255
[営業時間]11時~23時
[定休日]無休






永谷正樹(ながや・まさき)
1969年生まれのアラフィフライター兼カメラマン。名古屋めしをこよなく愛し、『おとなの週末』をはじめとする全国誌に発信。名古屋めしの専門家としてテレビ出演や講演会もこなす。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

名古屋メシの専門家として、実際に食べてみて本当に美味しかったものや、名古屋のグルメ事情について、好き勝手に書き綴る。

関連する投稿


名古屋エリア限定グルメ情報(44) 東京・人形町『玉ひで』プロデュースの鶏料理店『とり五鐵』がリニューアルオープン!

名古屋エリア限定グルメ情報(44) 東京・人形町『玉ひで』プロデュースの鶏料理店『とり五鐵』がリニューアルオープン!

本当に美味しい店を紹介するために、覆面取材という手法でリサーチをする『おとなの週末』。これまで私も数多くの店に足を運んだのだが、丼もの特集において、不動の上位にランクインする店がある。 名古屋駅のJRセントラルタワーズ13階にある『とり五鐵』がそれだ。


名古屋エリア限定グルメ情報(43) 甘辛味で名古屋を席巻した「ハワイめし」!『Yummy ハワイアンバーベキュー 栄本店』

名古屋エリア限定グルメ情報(43) 甘辛味で名古屋を席巻した「ハワイめし」!『Yummy ハワイアンバーベキュー 栄本店』

手羽先唐揚げに代表される、甘辛い味が名古屋人は大好き。「甘辛味を制すれば、名古屋を制す」のである(笑)。 中区伏見の御園通と三蔵通の交差点にある『Yummy(ヤミー) ハワイアンバーベキュー 栄本店』も、まさにそんな店。本拠地はハワイにあり、ホノルルのアラモアナショッピングセンターなど7店舗展開しているのだ。


名古屋エリア限定グルメ情報(42) 愛知県安城市のソウルフード『中国料理 北京本店』の「北京飯」のたれが登場!

名古屋エリア限定グルメ情報(42) 愛知県安城市のソウルフード『中国料理 北京本店』の「北京飯」のたれが登場!

愛知県安城市のJR三河安城駅前にある創業57年の『中国料理 北京本店』。 連載28回目で紹介した、この店の店主、杉浦充俊さんから、6月某日、「面白いモノを作ったので、ぜひ来てください」との連絡があったのだ。 ニューバージョンの北京飯でも作ったのだろうか? そんなことを考えながら店へと向かった……。


名古屋エリア限定グルメ情報(41) 惜しまれて閉店したラーメン店を当時のバイト社員が復活! 愛知県春日井市『中華そば 龍龍』

名古屋エリア限定グルメ情報(41) 惜しまれて閉店したラーメン店を当時のバイト社員が復活! 愛知県春日井市『中華そば 龍龍』

お気に入りの店が閉まることになり、落胆した経験は誰にでもあるだろう。その苦悩は、恋人との別れに等しい。現在、ラーメン店『中華そば 龍龍』を営む大倉裕史さんもその一人だった。 お店が閉まって10年、大倉さんは大胆な行動に出た。当時のオーナーと会い、「もう一度、ラーメン屋をやりましょう!」と、想いを伝えたのだ……!


名古屋エリア限定グルメ情報(40) 東区泉1丁目『キッチン はせ家』の、おかず度MAXのハンバーグでご飯をかっ喰らう!

名古屋エリア限定グルメ情報(40) 東区泉1丁目『キッチン はせ家』の、おかず度MAXのハンバーグでご飯をかっ喰らう!

おかずとしてのポテンシャルが高いハンバーグ。お上品にパンをちぎりながら食べるのではなく、恥も外聞もかなぐり捨ててご飯をかっ喰らうのが正しい作法であると私は思う。そんな、私が子どものころに食べた、スパイスが効いていて肉の密度を感じるハンバーグを『キッチン はせ家』で見つけてしまったのである……。


最新の投稿


大阪ローカル穴場メシ情報[17] 未開拓の三国の住宅街にひっそりと佇む居酒屋で、ホテル仕込みのオムライスと出会った!

大阪ローカル穴場メシ情報[17] 未開拓の三国の住宅街にひっそりと佇む居酒屋で、ホテル仕込みのオムライスと出会った!

新大阪駅から足を伸ばすこと徒歩20分。阪急三国駅界隈は、下町っぽさを残す、大阪でも未開拓エリア。近年はマンション建設が大幅に増えたことで、町が一気に様変わりし始めているが、まだまだ昔の情緒を残す居酒屋も少なくない。そんなエリアで、旨いオムライスと出会った……。


東京日本橋で涼むならここ!日本橋でおすすめの老舗のカフェ2店

東京日本橋で涼むならここ!日本橋でおすすめの老舗のカフェ2店

散策の合間に、老舗のカフェでひと休み。江戸文化が薫る日本橋は今も昔も美味しい店が集まっています。品格あるこの街の風情にしっくりと馴染むのは、何といっても和のお店。暑い夏、東京の日本橋で涼むのにおすすめな老舗カフェを2店 ご紹介。


名古屋エリア限定グルメ情報(44) 東京・人形町『玉ひで』プロデュースの鶏料理店『とり五鐵』がリニューアルオープン!

名古屋エリア限定グルメ情報(44) 東京・人形町『玉ひで』プロデュースの鶏料理店『とり五鐵』がリニューアルオープン!

本当に美味しい店を紹介するために、覆面取材という手法でリサーチをする『おとなの週末』。これまで私も数多くの店に足を運んだのだが、丼もの特集において、不動の上位にランクインする店がある。 名古屋駅のJRセントラルタワーズ13階にある『とり五鐵』がそれだ。


撮り鉄の「食」の思い出(28) 山陰本線 宍道湖名産の、しじみを味わう/2012年~2018年

撮り鉄の「食」の思い出(28) 山陰本線 宍道湖名産の、しじみを味わう/2012年~2018年

山陰本線は、現在日本でいちばん長い在来線で、全長673.8Km。 京都府と山口県を結ぶ路線です。この山陰本線が島根県に差しかかると、車窓には宍道湖(しんじこ)が見えてきます。宍道湖といえば“しじみ”……。今回は道の駅で購入した“しじみ”を車内料理で楽しみました。


おっさん女子の吉祥寺パトロール(57) 吉祥寺でアジア系ごはんを食べるなら、バーのランチにしなよ、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(57) 吉祥寺でアジア系ごはんを食べるなら、バーのランチにしなよ、の件

夏といえば、アジアンテイストのごはんが食べたいよね、という季節でもあります。しかしおっさん女子的には吉祥寺のエスニック料理店がちょっと……。 ちなみに理由はシンプルです。おいしい店は混んでいる……。なぜ地元で予約までして、ごはんを食べなくてはいけないのか? と萎えるのは、私だけでしょうか?


ランキング


>>総合人気ランキング