八丁堀でそばを食べるならここ!「かんぎ 新川二丁目」

八丁堀でそばを食べるならここ!「かんぎ 新川二丁目」

おとなの週末「蕎麦呑み、天国。」特集掲載店舗。蕎麦は、質のよい「布海苔」だけでつないだ新潟は十日町の名物「へぎそば」。イタリア製パスタマシンを使った、断面の丸い自家製麺で、つるつるコシもよく、喉越しもよし。


かんぎ 新川二丁目(最寄り駅:八丁堀駅)

蕎麦は、質のよい「布海苔」だけでつないだ新潟は十日町の名物「へぎそば」。イタリア製パスタマシンを使った、断面の丸い自家製麺で、つるつるコシもよく、喉越しもよし。十日町では基本冷たい蕎麦だが、それを温かい蕎麦で食せるのもいい。相性抜群の新潟の地酒が揃い、夕方からはひとりでも気軽に一杯。毎月最終週の、旬のつまみと日本酒をお得に楽しめる晩酌セットも人気。

にしんそば 580円

よく締まっていて、ツルツル独特の食感とコシが「へぎそば」の魅力。つゆでも呑める

湯豆腐鍋 520円

酒呑みにはうれしい「湯豆腐鍋」。このボリュームで521円!

あなご天ぷら 400円

さくっと揚がった穴子は塩か天つゆで。根菜もうれしい煮込みは最高のアテとなる

新潟の地酒がずらりと揃う。3ヶ月に2度の酒蔵フェアでは現地でしか飲めない酒も登場する

かんぎ 新川二丁目

[住所]東京都中央区新川2-7-7 [TEL]03-3551-5054 [営業時間]10時~21時(17時~18時ハッピーアワー) [休日]土・日・祝 [席]30人(立席) 夜喫煙可/直前予約可/カード不可 [交通アクセス]JR京葉線・地下鉄日比谷線八丁堀駅A4出口から徒歩5分

電話番号 03-3551-5054
2015年11月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


脂ノリノリの「絶品 鯖寿司」を純米酒と堪能!五反田『酒場それがし』

脂ノリノリの「絶品 鯖寿司」を純米酒と堪能!五反田『酒場それがし』

扱う日本酒は純米酒が原則。人気銘柄も飲めるので、日本酒好きには知られた人気店だ。


絶品天ぷら&鮮魚が楽しめる和バル!湯島『天ぷら&フィッシュバルころも』

絶品天ぷら&鮮魚が楽しめる和バル!湯島『天ぷら&フィッシュバルころも』

目の前で揚げる本格天ぷら、そして手の込んだ和食、その両方が同時に楽しめるバル……気になるでしょ?その注目の一軒がココ。


じわっと旨さの幸福感が心を満たす!根津『瞬彩 真』

じわっと旨さの幸福感が心を満たす!根津『瞬彩 真』

瞬彩 真(日本料理/根津)|根津にまたひとつ、魅力的な和食店が誕生した。いい店の条件は人それぞれだけど、言うなればここは店主の誠実さがどの料理にも感じられることだろう。


宮崎の鶏と酒に酔いしれる 谷中『和味』は商店街きっての実力店!

宮崎の鶏と酒に酔いしれる 谷中『和味』は商店街きっての実力店!

繊維の奥からあふれ出す肉汁、ほど良い歯応え、そして冴えわたる旨みに、ひと串目から感動! この鶏肉の正体こそ、宮崎の豊かな山林で、ブロイラーの3倍以上の日数をかけて飼育された「黒岩土鶏」。


日本酒ととびきりのアテで一献!谷中のBAR『サケトアテ 珍念』

日本酒ととびきりのアテで一献!谷中のBAR『サケトアテ 珍念』

サケトアテ 珍念(バー/谷中)|2017年9月、よみせ通りに新たなバーがオープンした。アルコールはビールやワイン、ウィスキーなど、ひと通り揃えているが、とりわけ力を入れるのが日本酒だ。


最新の投稿


奄美大島の郷土料理『なつかしゃ家』

奄美大島の郷土料理『なつかしゃ家』

“あんま”(お母さん)と親しみをこめて呼ばれるのが、店を切り盛りする恵上イサ子さん。島の中学校の校長を定年退職後、奄美独特の食文化を次の世代に伝えたいと、料理人へ転身した。


至福の鯖百選[6] 「もう1杯」が無限になる!?  ビールに最強の「サバグルメ」でカンパイ!

至福の鯖百選[6] 「もう1杯」が無限になる!? ビールに最強の「サバグルメ」でカンパイ!

ここしばらく「サバグルメ洋風化現象」が起きているなか、「サバと洋酒」シーンがもっと盛り上がってもいいはずだ。 サバと洋酒を極めなければ!と思っていた矢先に、ビッグニュースが飛び込んできた。なんと、キリンビールのビアレストラン『キリンシティ』が最高にビールに合う「サバ料理」を開発! これは行くしかない!!!


落合の豆腐屋『小野田豆腐店』

落合の豆腐屋『小野田豆腐店』

 ご近所さんやお使いの子どもたちが続々と訪れる、一見普通の“街のお豆腐屋さん”だが、手間暇かけて丁寧に作られた絶品の豆腐がいただける。四代目の小野田滋さんが北海道産「音更大袖振」と出合い、大豆に魅せられ作ったのは「四代目 絹」。


築地の豆腐屋『とうふ杉寅』

築地の豆腐屋『とうふ杉寅』

 近隣住民が買いに来るだけでなく、50軒を超える銀座の名店や料亭などにも豆腐を納めている店。ここではプロの舌も唸らせる逸品が手に入る。


名古屋エリア限定グルメ情報(60) たまり醤油の濃厚なコクとほのかな甘さがクセになる「チャーシュー中華そば」

名古屋エリア限定グルメ情報(60) たまり醤油の濃厚なコクとほのかな甘さがクセになる「チャーシュー中華そば」

名古屋には、味噌かつや手羽先、きしめんなど安くて旨いB級グルメは数多くあるが、ご当地ラーメンは存在しない。 そんななか、将来的に名古屋のご当地ラーメンとなる可能性を秘めたラーメンを出す店を発見した。それが『濃厚中華そば 佐とう』だ。


ランキング


>>総合人気ランキング