MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
中華街で人気!『渡り蟹の炒め』が旨い「興昌」(横浜/中華料理)

中華街で人気!『渡り蟹の炒め』が旨い「興昌」(横浜/中華料理)

おとなの週末「中華街の「エビ・カニ」大調査」特集掲載店舗。一番人気は、ニンニクを効かせたソースで渡りガニを炒めた「渡り蟹の炒め」。

興昌(最寄り駅:石川町駅)

一番人気は、ニンニクを効かせたソースで渡りガニを炒めた「渡り蟹の炒め」。身を食べ終えたら、ゴマ油とたまり醤油を垂らした細麺(1玉378円)を投入し、しっかり混ぜ込む。カニの旨みがたっぷりのソースに麺が絡み、得も言われぬ美味しさだ。カニ1人前につき、麺の注文は2玉まで。

渡り蟹の炒め
2700円

興昌

[住所]神奈川県横浜市中区山下町139 關帝廟通り[TEL]045-681-1293[営]12時~14時、17時~20時50分・土日祝12時~20:時50分[休]水曜日[交]JR根岸線石川町駅

電話番号 045-681-1293
2015年12月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
納戸町で16年間親しまれてきた『上海美味小屋』が、神楽坂上交差点のすぐ近くに今年4月移転オープンした。本場から招聘したシェフが腕によりをかけた、上品で洗練された上海料理がメニューに並ぶ。
更新: 2019-09-16 12:00:00
チャイナタウン化する前の西川口からある山東料理系の老舗。西川口B級グルメで優勝した「彩の国黒豚焼きシューマイ」と「煎人餃子(焼き餃子)」は文句なしの名物。
更新: 2019-09-15 12:00:00
羊料理が有名なこの店の店主は中国内モンゴル出身。塊で茹でる柔らかい羊肉も有名だが、美味しいもの好きの店主が繰り出すオリジナルメニューも評判だ。
更新: 2019-09-12 12:00:00
来るぞ来るぞと分かっていても、目の前に登場するとやっぱり驚いてしまうその大きさ。1個で普通の2、3個分。
更新: 2019-09-04 12:00:00
“辛旨”と文字で書けば簡単だが、伊藤シェフが作る、この複雑で繊細な四川料理の魅力をどう表現したらいいんだろう。例えば麻婆豆腐は山椒と唐辛子のシビれや辛みの奥にきちんと主張する食材の旨みと甘みがあり、絹のようにとろける豆腐と共に口の中で全てが調和、余韻も楽しめるって感じ?
更新: 2019-08-29 12:00:00
最新の投稿
ジビエが苦手な人ほど食べてほしいのがここのイノシシ肉。柔らかな肉と甘みたっぷりの脂が驚くほどの美味しさなのだ。
更新: 2019-09-20 12:00:00
すごく入れ替わりのはげしい吉祥寺において、テイクアウトといえば『C』と『N』の弁当勢力図は、まったく微動だにしないって思っていたおっさん女子……。 そんな状況なので、弁当ニューフェイスが登場したらチェックせざるを得ないと思っていたのですが、今年に入ってからいい感じの新顔弁当が登場したのでご紹介したいと思います……。
更新: 2019-09-19 16:00:00
食材本来の旨みを、自家燻製や各種ソース作りなどの手仕事で引き出す実力派ビストロ。食べると身体中が喜び出すような、素朴で力強いひと皿に出合える。
更新: 2019-09-19 12:00:00
キムチサンドと聞くと、「キムチとパンの相性はどうなの?」と訝しがる人もいるだろう。実は自分自身もそうだった。大阪だし、はじめはネタだろうと……。 「いやいやいや……!ホンマ旨いから」と周りが口をそろえて言うのが、関西ではたびたびテレビに登場する珈琲館「ロックヴィラ」だ。
更新: 2019-09-18 15:55:00
店内にぐるりとめぐらされたボートには、定評のある魚料理各種のほか、珍味系の酒肴や牛・鶏・豚・合鴨などの肉料理、土鍋飯など、圧倒的な数のメニューが並ぶ。目移り必至で食欲解放のスイッチが否が応でも入ってしまうはず。
更新: 2019-09-18 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt