MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
獅門酒楼(しもんしゅろう)のグルメ記事と写真

獅門酒楼(しもんしゅろう)のグルメ記事と写真

横濱の中華店「獅門酒楼」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。おとなの週末「中華街のエビ・カニ大調査」特集掲載店舗。

獅門酒楼(最寄り駅:元町中華街駅)

活きサイマキエビを紹興酒のなかに入れ、十分に酔わせたら、軽くボイル。茹であがった熱々を食べれば、エビの旨みと甘み、紹興酒の香りが口の中で広がり、鮮烈な味わいに目を見張る。細麺状の生地“カダイフ”を衣にした「海老とマンゴーのサクサク変わり揚げ」(2本960円)も美味。

活酔払い海老の湯引き 6尾 1980円

獅門酒楼

[住所]神奈川県横浜市中区山下町145[TEL]045-662-7675[営]11時半~22時(21時半L.0)[休]月1回

電話番号 045-662-7675
2015年12月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
本格四川料理が自慢の中華料理店。数ある麺類のなかでもイチオシがこの担々麺で、芝麻醬のゴマのコクをきかせつつも、あっさりと食べられる。
更新: 2019-05-14 15:31:00
グルメ雑誌「おとなの週末」の人気コラム「おいしい往復書簡」掲載店舗。門上武司が関西でおすすめする担々麺をご紹介。
更新: 2019-05-21 13:48:19
グルメ雑誌「おとなの週末」の人気コラム「おいしい往復書簡」掲載店舗。マッキー牧本が関東でおすすめする担々麺をご紹介。姉妹でお店をきりもり。辛さの際立つ料理も多いなかで、どこかほっとするアットホームさが漂うお店だ
更新: 2019-05-21 13:55:14
 言わずと知れた水餃子の有名店。創業30年以上経つ今も皮から手作りし、国産豚肉とニラをたっぷり入れた餡を丁寧に包んで仕上げる。
更新: 2019-05-21 11:33:03
 看板料理を店名に掲げて2016年3月に中華街に登場。瞬く間に人気となり、2017年7月には新館もオープンした。
更新: 2019-05-21 11:54:34
最新の投稿
店主の川畠さん曰く「生まれ育った能登の魚の旨さを伝えたいという思いから、"飲食店スタイルのアンテナショップ"として立ち上げた」というお店は、生産者と繋がっている。天然の「絹もずく」ももちろん産地直送。
更新: 2019-05-26 12:00:00
夜お茶というのは、女子の習慣なのかもしれない。しかしおっさん女子と名乗りながらも、私も女子の端くれ、夜お茶は大好きでごわす。 平成も終って、令和になって、吉祥寺も変わるワケですが、でもこの店がなくなったら、吉祥寺はもう終わりなんじゃないの?という、夜お茶のできる店がおっさん女子的にあります……。
更新: 2019-05-24 20:47:00
2018年3月のオープンながらすでに東中野の名店とも言えるもつ焼き屋がこちら。何気に希少な部位も揃い、肉質、焼き加減ともに見事で、お店の活気も気持ちいい。
更新: 2019-05-24 12:00:00
沖縄出身の店主・新垣さんが、「魚や野菜も地元糸満から仕入れている」という、亀戸で人気の沖縄ダイニング。こちらで人気のもずく酢は、本島東部、勝連産の天然もの。
更新: 2019-05-24 09:53:26

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt