獅門酒楼(しもんしゅろう)のグルメ記事と写真

獅門酒楼(しもんしゅろう)のグルメ記事と写真

横濱の中華店「獅門酒楼」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。おとなの週末「中華街のエビ・カニ大調査」特集掲載店舗。


獅門酒楼(最寄り駅:元町中華街駅)

活きサイマキエビを紹興酒のなかに入れ、十分に酔わせたら、軽くボイル。茹であがった熱々を食べれば、エビの旨みと甘み、紹興酒の香りが口の中で広がり、鮮烈な味わいに目を見張る。細麺状の生地“カダイフ”を衣にした「海老とマンゴーのサクサク変わり揚げ」(2本960円)も美味。

活酔払い海老の湯引き 6尾 1980円

獅門酒楼

[住所]神奈川県横浜市中区山下町145 [TEL]045-662-7675

電話番号 045-662-7675
2015年12月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


中華街で人気!『渡り蟹の炒め』が旨い「興昌」(横浜/中華料理)

中華街で人気!『渡り蟹の炒め』が旨い「興昌」(横浜/中華料理)

おとなの週末「中華街の「エビ・カニ」大調査」特集掲載店舗。一番人気は、ニンニクを効かせたソースで渡りガニを炒めた「渡り蟹の炒め」。


横浜の中華料理店「菜香新館」のエビマヨに悩殺!!

横浜の中華料理店「菜香新館」のエビマヨに悩殺!!

おとなの週末「中華街の「エビ・カニ」大調査」特集掲載店舗。


「カニ派×エビ派」ぶっちゃけ覆面座談会!本音で語るいい店・悪い店!

「カニ派×エビ派」ぶっちゃけ覆面座談会!本音で語るいい店・悪い店!

日本人の大好きな2大甲殻類、エビ、そしてカニ! ここでは取材記事では書けない裏側やガチンコ覆面調査の様子も、ぶっちゃけトークでしゃべります。


殻ごとバリバリ!魅惑のエビ唐揚げ|新錦江(四川料理/横浜中華街)

殻ごとバリバリ!魅惑のエビ唐揚げ|新錦江(四川料理/横浜中華街)

「中華街のエビ・カニ大調査」特集掲載店、「新錦江」は四川と広東の家庭料理が楽しめる。約115種類のメニューが揃うなか、エビのイチオシは「殻つき海老唐揚げ」。[アクセス]元町・中華街駅2番出口から徒歩7分、石川町駅北口から徒歩5分 ※ランチタイム有


DobuRoku(えび料理/三軒茶屋)|すべて漁場から産地直送!幻のエビに出合える(えび料理/三軒茶屋)

DobuRoku(えび料理/三軒茶屋)|すべて漁場から産地直送!幻のエビに出合える(えび料理/三軒茶屋)

さまざまなスタイルの料理で活きるエビ・カニの懐深さに惹かれた店主がオープンした「DobuRoku(どぶろく)」。エビは北海道産を中心に、ゴジラエビ(春期)など希少なものを抜群の鮮度で提供。料理は和だけでなく、洋食メニューも取り揃えている。[アクセス]東急田園都市線三軒茶屋駅三茶パティオ口から徒歩3分


最新の投稿


東京駅構内で「ちょい呑み」!コスパもGoodな店5選

東京駅構内で「ちょい呑み」!コスパもGoodな店5選

発車まであと00分!慌ただしくても楽しめるちょい飲みで、美味しいひとときを!列車の発車までまだ少しだけ余裕がある。そんな時に立ち寄りたいのが、ちょい飲みの店。美味しいお酒で列車を待てば、胃も満足、旅情もアップと一石二鳥です。 撮影/石井明和、小澤晶子(エノテカ)、大西尚明(あべや)取材/菜々山いく子


ザクッ、プリッ!一度食べたらハマる「エビフライ」は想像以上の食べ応え!

ザクッ、プリッ!一度食べたらハマる「エビフライ」は想像以上の食べ応え!

大山『とんかつ 豚しゃぶ 創作料理 銀扇』|テーブルに運ばれてきて、実際にその大きさを目にすると、「おーっ!」と感嘆の声を上げてしまった。ザクッ、プリッという爽快な歯ざわりのあと、ギュッと詰まった身の濃厚な味で満たされる。


じゅわっと旨みが染み出す大ぶりの牡蠣を赤坂で堪能!『とんかつ末吉』

じゅわっと旨みが染み出す大ぶりの牡蠣を赤坂で堪能!『とんかつ末吉』

粗めに仕上げた自家製パン粉に合うものをと探してたどり着いたのが、現在のぷりっぷりで大きな牡蠣。口に運ぶと、ザクザクという小気味いい音とともに、じゅわっと牡蠣の旨みが染み出す。


新宿『とみたや』でA5ランクの肉を使った「すき焼き」を満喫!

新宿『とみたや』でA5ランクの肉を使った「すき焼き」を満喫!

とみたや|もとは松阪牛の本場、三重県出身の初代が肉の卸業を営み、さらに虎ノ門で店を構えたのが始まり。3代目となる今も、長年の信頼関係と目利きゆえ、いい肉を安く仕入れられるのが自慢だ。


 昼に食べれば夜まで満腹!美味で食べ飽きない秋葉原の「デカ盛りパスタ」!

昼に食べれば夜まで満腹!美味で食べ飽きない秋葉原の「デカ盛りパスタ」!

『カフェ・レストランフレスカ』ではデカ盛りをどこよりも早い15年前に実施。当初は肉体労働で腹ペコの電化製品販売員のリクエストから始まったのだそう。


ランキング


>>総合人気ランキング