MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
恵比寿の駄菓子屋「きりんちゃんのだがしや」

恵比寿の駄菓子屋「きりんちゃんのだがしや」

おとなの週末「駄菓子を買いに。」特集掲載店舗。明治通り沿いのきれいなビルの1階で数十種類の駄菓子と玩具を販売している。

きりんちゃんのだがしや(最寄り駅:恵比寿駅)

営業は15年前から。明治通り沿いのきれいなビルの1階で数十種類の駄菓子と玩具を販売している。子供よりも、かつてを懐かしがって購入に来る大人の方が多いのだとか。

[住所]東京都渋谷区広尾1-3-16 T&Tビル1階 [TEL]03-3446-0639 [営業時間]11時~18時(日・祝は~17時) [休日]第1・3日、年末年始

電話番号 03-3446-0639
2016年1月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
おとなの週末「駄菓子を買いに。」特集掲載店舗。大正時代にタバコ店として開業。昭和になって玩具、さらに駄菓子まで販売するように。
更新: 2018-05-19 11:50:00
下町うまいもん散歩 駒込&田端特集掲載店。手作りの豆腐・油揚げ・がんもは、種類豊富で選ぶのが楽しい。人気商品のひとつが写真のざる豆腐(400円)。
更新: 2018-03-12 07:00:00
下町うまいもん散歩 駒込&田端特集掲載店。お肉を使った惣菜が中心で、揚げ物のほか自家製の餃子のタネや皮、チャーシューも人気。
更新: 2018-03-11 09:00:00
下町うまいもん散歩 駒込&田端特集掲載店。客の好みに合わせて店頭で精米してくれるため、米の風味が新鮮で炊き立てのご飯がさらに美味しくなる。減農薬の会津産EMコシヒカリなど、玄米2kg1000円~。
更新: 2018-03-10 15:59:29
最新の投稿
新大橋通りに面した角に立つ小さなお店。中に入ると、多種多様なベルギービールが棚にずらりと並び、常時50~60種もの味を楽しめる。
更新: 2019-05-21 12:00:00
店主は毎朝築地へ足を運び、勝ち得た信頼と目利きにより入手した天然ものの魚にこだわる。そんな和食店で提供される、肉好きも大満足のメニューが右の逸品。
更新: 2019-05-20 12:00:00
「かろかろん♪」と鈴が鳴るドアを開けると、アフリカ調の素朴な色合いと華やかさが入り混じったリラックス空間が広がる。多国籍の雑貨を売っていた所に、お茶や食事を楽しめるスペースを開設したのが始まり。
更新: 2019-05-20 11:44:41
洋食店としての創業ながら、先代はとんかつ専門店だったという歴史を持つ店の当代が打ち出したのは、驚くほどふわふわのハンバーグ。「子どもの頃、親父が作るハンバーグが好きで、それを再現したかった」と店主は笑う。
更新: 2019-05-20 11:47:44

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt