江戸川橋でカレーを食べるなら「キッチンヨッチ」のメンチカツカレー

江戸川橋でカレーを食べるなら「キッチンヨッチ」のメンチカツカレー

おとなの週末「カツ&メンチカツカレー」特集掲載店舗。カレーがメインの洋食店。


キッチンヨッチ(最寄り駅:江戸川橋駅)

カレーがメインの洋食店。玉ねぎの甘みの奥に香辛料の味わいが光るカレーが、ジューシーなメンチの旨みをぐっと引き立てる。

メンチカツカレー七五〇円

キッチンヨッチ

[住所]東京都新宿区山吹町345 [TEL]03-3267-9237 [営業時間]11時~15時、17時~20時 [休日]日 

電話番号 03-3267-9237
2016年2月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


祐天寺でカレーを食べるなら「ナイアガラ」のカツカレー

祐天寺でカレーを食べるなら「ナイアガラ」のカツカレー

おとなの週末「カツ&メンチカツカレー」特集掲載店舗。ミニミニ電車が料理を運んでくることでも有名な店。


広尾でカレーを食べるなら「広尾のカレー」の国産牛テールカレー

広尾でカレーを食べるなら「広尾のカレー」の国産牛テールカレー

おとなの週末「カツ&メンチカツカレー」特集掲載店舗。


トリコカレー(カレー/中野)|鶏スープをかけて食べるカツカレー

トリコカレー(カレー/中野)|鶏スープをかけて食べるカツカレー

おとなの週末「カツ&メンチカツカレー」特集掲載店舗。濃厚なルーに熱々の鶏スープをかけて好みの濃度にするのが、こちらのスタイル。


新宿の老舗「モンスナック」のカツカレー(カレー/新宿)

新宿の老舗「モンスナック」のカツカレー(カレー/新宿)

おとなの週末「カツ&メンチカツカレー」特集掲載店舗。紀伊國屋の地下にある老舗。


祖師ケ谷大蔵でカレーを食べるなら「カレーの南海」のチキンカツカレー

祖師ケ谷大蔵でカレーを食べるなら「カレーの南海」のチキンカツカレー

おとなの週末「カツ&メンチカツカレー」特集掲載店舗。神保町「キッチン南海」の職人だったシェフが独立し、カレーがメインの店を開店。


最新の投稿


日本橋 まえ田|ご飯が見えないほど穴子たっぷりの釜飯!(魚介・海鮮料理/東京)

日本橋 まえ田|ご飯が見えないほど穴子たっぷりの釜飯!(魚介・海鮮料理/東京)

 ご覧の通り、ご飯が見えないほど穴子が敷き詰められた釜飯に目が釘づけになった人も多いのでは? 期待を裏切らないとはこのこと。


鮮魚は函館直送豪快&お値打ち名物料理に連日満席の人気店|北国炉端 ときしらず東京駅八重洲(魚介・海鮮料理/東京)

鮮魚は函館直送豪快&お値打ち名物料理に連日満席の人気店|北国炉端 ときしらず東京駅八重洲(魚介・海鮮料理/東京)

 函館直送の鮮魚の刺身や時鮭(ときしらず)の炉端焼きなど、豪快な見た目にアッと驚く名物料理が満載。定番の刺盛りは1人前500円~の安さにも恐縮するが、感心するのは値段以上の旨さだ。


焼きはまぐりSTAND|食材にこだわるハマグリ料理と立ち飲みの気軽さ両方の魅力にアッパレ!(魚介・海鮮料理/東京)

焼きはまぐりSTAND|食材にこだわるハマグリ料理と立ち飲みの気軽さ両方の魅力にアッパレ!(魚介・海鮮料理/東京)

 お通しもハマグリ、メニューもほぼハマグリ料理と貝好きにはたまらないハマグリ尽くし。陽気な店長“馬場ちゃん”が切り盛りする立ち飲みは、一度体験したらその楽しさと美味しさにハマること間違いナシだ。


ラ・ミニョネット|華やかさよりも誠実に手間暇かける普段着のフレンチに心の底から満足する(フレンチ/東京)

ラ・ミニョネット|華やかさよりも誠実に手間暇かける普段着のフレンチに心の底から満足する(フレンチ/東京)

 「普段着のフレンチ」という言葉がピッタリの店だ。ソースやフォンなど基本の技術をしっかり守り、手間暇かけて作られた丁寧な料理はどれも長く愛される理由のある“温かさ”に満ちている。


焼鳥本田|独学で追求した比内地鶏の旨みを店主渾身のフルコースで堪能(焼き鳥・鶏料理/東京)

焼鳥本田|独学で追求した比内地鶏の旨みを店主渾身のフルコースで堪能(焼き鳥・鶏料理/東京)

 路地裏に名店ありとはよく言うが、この店がまさにそう。メニューは焼鳥のおまかせコース1本のみ。


ランキング


>>総合人気ランキング