江戸川橋でカレーを食べるなら「キッチンヨッチ」のメンチカツカレー

江戸川橋でカレーを食べるなら「キッチンヨッチ」のメンチカツカレー

おとなの週末「カツ&メンチカツカレー」特集掲載店舗。カレーがメインの洋食店。


キッチンヨッチ(最寄り駅:江戸川橋駅)

カレーがメインの洋食店。玉ねぎの甘みの奥に香辛料の味わいが光るカレーが、ジューシーなメンチの旨みをぐっと引き立てる。

メンチカツカレー七五〇円

キッチンヨッチ

[住所]東京都新宿区山吹町345 [TEL]03-3267-9237 [営業時間]11時~15時、17時~20時 [休日]日 

電話番号 03-3267-9237
2016年2月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


祐天寺でカレーを食べるなら「ナイアガラ」のカツカレー

祐天寺でカレーを食べるなら「ナイアガラ」のカツカレー

おとなの週末「カツ&メンチカツカレー」特集掲載店舗。ミニミニ電車が料理を運んでくることでも有名な店。


広尾でカレーを食べるなら「広尾のカレー」の国産牛テールカレー

広尾でカレーを食べるなら「広尾のカレー」の国産牛テールカレー

おとなの週末「カツ&メンチカツカレー」特集掲載店舗。


トリコカレー(カレー/中野)|鶏スープをかけて食べるカツカレー

トリコカレー(カレー/中野)|鶏スープをかけて食べるカツカレー

中野エリアのカレー屋「トリコカレー」のグルメ記事とおすすめメニューの写真。おとなの週末「カツ&メンチカツカレー」特集掲載店舗。濃厚なルーに熱々の鶏スープをかけて好みの濃度にするのが、こちらのスタイル。


新宿の老舗「モンスナック」のカツカレー(カレー/新宿)

新宿の老舗「モンスナック」のカツカレー(カレー/新宿)

おとなの週末「カツ&メンチカツカレー」特集掲載店舗。紀伊國屋の地下にある老舗。


祖師ケ谷大蔵でカレーを食べるなら「カレーの南海」のチキンカツカレー

祖師ケ谷大蔵でカレーを食べるなら「カレーの南海」のチキンカツカレー

おとなの週末「カツ&メンチカツカレー」特集掲載店舗。神保町「キッチン南海」の職人だったシェフが独立し、カレーがメインの店を開店。


最新の投稿


奄美大島の郷土料理『なつかしゃ家』

奄美大島の郷土料理『なつかしゃ家』

“あんま”(お母さん)と親しみをこめて呼ばれるのが、店を切り盛りする恵上イサ子さん。島の中学校の校長を定年退職後、奄美独特の食文化を次の世代に伝えたいと、料理人へ転身した。


至福の鯖百選[6] 「もう1杯」が無限になる!?  ビールに最強の「サバグルメ」でカンパイ!

至福の鯖百選[6] 「もう1杯」が無限になる!? ビールに最強の「サバグルメ」でカンパイ!

ここしばらく「サバグルメ洋風化現象」が起きているなか、「サバと洋酒」シーンがもっと盛り上がってもいいはずだ。 サバと洋酒を極めなければ!と思っていた矢先に、ビッグニュースが飛び込んできた。なんと、キリンビールのビアレストラン『キリンシティ』が最高にビールに合う「サバ料理」を開発! これは行くしかない!!!


落合の豆腐屋『小野田豆腐店』

落合の豆腐屋『小野田豆腐店』

 ご近所さんやお使いの子どもたちが続々と訪れる、一見普通の“街のお豆腐屋さん”だが、手間暇かけて丁寧に作られた絶品の豆腐がいただける。四代目の小野田滋さんが北海道産「音更大袖振」と出合い、大豆に魅せられ作ったのは「四代目 絹」。


築地の豆腐屋『とうふ杉寅』

築地の豆腐屋『とうふ杉寅』

 近隣住民が買いに来るだけでなく、50軒を超える銀座の名店や料亭などにも豆腐を納めている店。ここではプロの舌も唸らせる逸品が手に入る。


名古屋エリア限定グルメ情報(60) たまり醤油の濃厚なコクとほのかな甘さがクセになる「チャーシュー中華そば」

名古屋エリア限定グルメ情報(60) たまり醤油の濃厚なコクとほのかな甘さがクセになる「チャーシュー中華そば」

名古屋には、味噌かつや手羽先、きしめんなど安くて旨いB級グルメは数多くあるが、ご当地ラーメンは存在しない。 そんななか、将来的に名古屋のご当地ラーメンとなる可能性を秘めたラーメンを出す店を発見した。それが『濃厚中華そば 佐とう』だ。


ランキング


>>総合人気ランキング