MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
喫茶室 ポワ(ナポリタン/新橋)|絶品のナポリタン!麺に絡み付くケチャップ味の香ばしさがソソる

喫茶室 ポワ(ナポリタン/新橋)|絶品のナポリタン!麺に絡み付くケチャップ味の香ばしさがソソる

ニュー新橋ビルに店を構えて約45年。そんな昭和の喫茶店メニューの中で、ビジネスマンたちを虜にしているのがナポリタンだ。喫茶室 ポワ (POWA)[アクセス]JR線ほか新橋駅烏森口からすぐ ※ランチタイム有

喫茶室 ポワ(最寄駅:新橋駅)

 宇野正人店長が25年ほど前に改良した味で、旨さの秘密は炒め加減。「自分はお焦げ風が好きなので、焦げ目が付く直前までしっかり炒めて香ばしさを出しています」と宇野さん。

 麺は茹でた後に1時間以上置いたもの。最初に具と麺をよく炒め、ケチャップを入れてからさらに焼く。すると麺に絡み付くようにケチャップが馴染み、酸味がまろやかな甘みに変わり、香ばしい香りが食欲をソソるひと皿に仕上がるのだ。

ナポリタン
690円

具はハム、玉ねぎ、ピーマン、マッシュルーム。しっかり炒めているので酸味は強くなく飽きの来ない味。麺は1.9㎜を使用し、茹でた後は乾燥しないようサラダ油を絡めて1時間以上置いておく

[その他のメニュー]
ミートソース690円、カルボナーラ690円、エビピラフ670円、チキンピラフ690円、野菜サンド690円、アメリカンクラブハウスサンド850円、コンビネーションサラダ670円、コーヒーゼリー500円など

喫茶室 ポワ

東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル2階 ☎03-3580-3764 [営業時間]10時~19時(モーニングは11時15分まで、食事は11時15分~17時半) [休]土・日・祝 [席]テーブル席、計88席/禁煙席な[アクセス]JR線ほか新橋駅烏森口からすぐ ※ランチタイム有

電話番号 03-3580-3764
2016年1月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 1989年から表参道の裏通りに店を構える隠れ家的喫茶店。店主・原田さんの「珈琲も紅茶も高いレベルの味で提供したい」という思いで、創業当時よりブレンドされていない、シーズンティーを提供している。
更新: 2019-06-05 15:02:07
ッド・ロースターの宗島さんによれば、焙煎は「浅めかもしれませんがバランス重視。豆に合わせて自然な甘みと明るい酸味のフレーバーが出るように」とか。
更新: 2019-05-14 15:58:29
【閉店】神楽坂『マドラグ』|京都の喫茶店『マドラグ』は、伝説の洋食店『コロナ』から受け継いだ玉子サンドが有名。神楽坂の店でしか食べられないのがこのカツサンド。
更新: 2019-04-26 09:29:56
電気機器専門のパーツ店やエンタメ系カフェが並ぶ通りの中に佇む、琥珀色の喫茶店。1984年に4代目の店主となった中村光雅さんは、ほぼ毎日お店を開けている。
更新: 2018-12-15 12:00:00
JR駅周辺の再開発地域が別世界に感じられる、どっしり落ち着いた外観。一説によれば、店が入るビルは築100年にもなるとか。
更新: 2018-12-14 18:00:00
最新の投稿
隣の鮮魚店が実家とあって、主人の魚の目利きや扱いはさすがのひと言。隣から仕入れる魚はもちろん、足立市場まで足を延ばしていいものを探し、リーズナブルに提供している。
更新: 2019-06-18 12:00:00
昭和感溢れる店内。メンチカツに信玄どりのボンジリがゴロッと入るわ、マカロニ(サラダ・290円)にはコンビーフを加え、黒胡椒を利かせるなど、思わず「オッ」と唸る出来ばえ!
更新: 2019-06-17 14:53:34
老若男女で連夜圧倒的な賑わいをみせるムサコの超人気店がこちら。
更新: 2019-06-17 14:59:13
酒の肴と呼ぶにふさわしい料理の数々が壁の品書きに並び、それを眺めているだけでも楽しい『タキギヤ』。主人の小林さんはその日仕入れた食材を、奇をてらわない料理に仕立てる。
更新: 2019-06-15 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt