エリア: 新宿グルメ

新宿「NEWoMan」の本当に美味しい!行くべき店おすすめ6軒

新宿「NEWoMan」の本当に美味しい!行くべき店おすすめ6軒

NEWoManで食べるならこのお店!新宿駅から直結のビルや地下街には多くの飲食店が集まっています。アクセスの良さはもちろん、使い勝手も抜群。しかし、どこが美味しいのかわかりにくいものです。そこで、編集部スタッフが歩いて食べて本当にいい店を見つけてきました!


本格的なナポリピッツァをカスタム!自分だけのピッツァを

ランチを食べるならココ!

800°DEGREES NEAPOLITAN PIZZERIA

・右奥:ブラータ イタリア産生ハム+ルッコラ 1400円
・左奥:蓮根とドライトマトのバジルピッツァ 1600円

・手前:マルゲリータ 980円
(トッピング:ベーコンジャム 300円、オリーブ 100円、ホワイトマッシュルーム 100円)


『800°ディグリーズ ナポリタン ピッツェリア』の最大の特徴は、本格的なナポリピッツァをカスタムできること。ベース5種(850円〜)、トッピング約40種(100円〜)の中から自由にチョイス。

目の前で生地から練られた後、薪窯で焼かれ、世界で唯一、自分だけのために作られたピッツァが完成だ。ほかに、シェフがトッピングを考えた“スペシャリティ”も楽しめる。中でも日本限定の「蓮根とドライトマトのバジルピッツァ」は、自家製オリジナルのバジルソースに蓮根のシャキシャキ感が心地よい一品。

「800°DEGREES NEAPOLITAN PIZZERIA」の詳細はこちら

手さばきは芸術の粋。華麗なる魅惑のデザート

デザートを食べるならココ!

JANICE WONG

・手前:アップサイド ダウン アイスクリーム コーン 1800円
・奥:満寿泉 ペロ 750円

アイスクリームを逆さまにした、遊び心あるデザイン。マンゴーとこんにゃくのソルベに、パイナップルとバジルのパルフェや竹炭入りアイスコーンを合わせている

『JANICE WONG』のシェフは、アジアナンバーワンの実力を持つシンガポール出身のジャニス ウォン。彼女が生み出すのは、これまで巡り合ったことのないようなデザートだ。皿を縦横無尽に飾るクリームの流れやちりばめられたソースなど、目の前で独創的なデザートが作り上げられていく。そのライブ感もさることながら、食感のバランスや素材の組み合わせなど、一見奇抜なのに味の調和が取れていて驚嘆ものだ。各皿に合わせて選ばれた酒や茶と共に、ゆっくりと味わいたい。

「JANICE WONG」の詳細はこちら

一杯一杯丁寧にドリップされた芳醇なコーヒー

コーヒーを飲むならココ!

Blue Bottle Coffee

・コーヒーシングルオリジン 550円〜

2015年に日本に上陸し、瞬く間に人気を呼んだショップ『ブルーボトルコーヒー』が新宿「NEWoMan」でも開店。豆の特性に合わせ一杯一杯丁寧にドリップされたコーヒーの芳醇な風味はひと息つきたいときにピッタリだ。

「Blue Bottle Coffee」の詳細はこちら

優雅にアフタヌーンティーを楽しむ

たくさん食べたいならココ!

SALON BAKE&TEA

・ビュッフェのケーキセット

優雅にアフタヌーンティーを楽しむならばこちら『サロン ベイクアンドティー』。香り高い紅茶と共に、15種以上の可憐なスイーツが、オーダービュッフェスタイルで2700円でいただける。ケーキの他にキッシュやサンドイッチも提供しているのでランチとしても。

「SALON BAKE&TEA」の詳細はこちら

早朝から深夜までいつでも絶品パンと料理を楽しめる

ディナーを食べるならココ!

ベーカリー&レストラン 沢村

・奥:自家製パテ・ド・カンパーニュ 980円
・中央:小海老とレンコンのアヒージョ 980円

・手前:国産牛のもも肉のステーキ(200g) 3800円
ディナーメニューは深夜も注文可能。ステーキは肉の旨みを生かしてシンプルに塩コショウで。

軽井沢で絶大な人気を誇る『ベーカリー&レストラン 沢村』が新宿にも出店。20種ほどの国内外の小麦粉をパンの種類に合わせて独自にブレンドし、天然酵母で長時間発酵させる、手間暇をかけて作った沢村ならではのパンが供される。料理は「パンやワインに合う欧風料理」。アヒージョや自家製のパテド カンパーニュなど、シンプルでしっかりとした味付けだ。これに合わせるワインは60〜70種。オリジナルカクテルもあり、新宿店でしか飲めないものが揃う。ぜひご賞味を。

「ベーカリー&レストラン 沢村」の詳細はこちら
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


西新宿の居酒屋を食べ歩いて見つけた、THE穴場居酒屋おすすめ4店!

西新宿の居酒屋を食べ歩いて見つけた、THE穴場居酒屋おすすめ4店!

働く大人の旨メシ地帯「西新宿」に実力派が続々!「新宿西側といえば高層ビルばかり」というイメージがありますが、ビルの足元は、界隈で働くサラリーマンの胃袋を支えるグルメ激戦区。その中でも今回、私グルメライター林匠子が集中調査をしたのは新宿駅の西口!


新宿区歌舞伎町でがっつりと旨い肉料理!グルメライターおすすめ5店

新宿区歌舞伎町でがっつりと旨い肉料理!グルメライターおすすめ5店

歌舞伎町は“うま肉”店へ!欲望のエリアはこれで決まり!アジア一の歓楽街・歌舞伎町。人々の欲望を満たさんと実に様々な店がひしめいている。そんな街で食べるべきはやはり、肉しかない。がっつりと旨い肉を食べて今夜の、明日への活力を得るべきなのである。新店から老舗まで、肉料理の美味しい店を揃えつつ、肉体の癒しの場も紹介する。


行列続々!新宿駅のモーニング!わざわざ行きたいおすすめモーニング4店!

行列続々!新宿駅のモーニング!わざわざ行きたいおすすめモーニング4店!

グルメライターが新宿駅で見たモーニングの行列!新宿駅から直結のビルや地下街には多くの飲食店が集まっています。アクセスの良さはもちろん、使い勝手も抜群。しかし、どこが美味しいのかわかりにくいものです。そこで、グルメライターが歩いて食べて本当にいいモーニングの店を見つけてきました!


沼津港 新宿本店(寿司/新宿)|名物の「生うに富士山盛り」

沼津港 新宿本店(寿司/新宿)|名物の「生うに富士山盛り」

「沼津港 新宿本店」では90円の皿からあるが、本日入荷のおすすめネタは一皿340円~520円(取材時)と少し豪華めの価格帯。ただし各ネタの大きさはとにかく威勢よし!


新宿で本格江戸前寿司を気軽にいただける|築地すし好 新宿店(寿司/新宿)

新宿で本格江戸前寿司を気軽にいただける|築地すし好 新宿店(寿司/新宿)

築地すし好 新宿店(寿司/新宿)|毎朝築地へ出向き、熟練の目利きで厳選した素材を提供している。客の多くはビジネスマンだが、20代前半とおぼしき若者たちがカウンターで食べていた。


最新の投稿


東京駅を大調査!北町ダイニングで厳選の三ツ星店2店!

東京駅を大調査!北町ダイニングで厳選の三ツ星店2店!

エリア別東京駅の三ツ星店【北町ダイニング編】!飲食店が数多くひしめく東京駅では、どこに入ればいいか迷いがち。時間があればいいが、急いでいるときにアレコレ言ってなんていられない!そこで、編集部スタッフがエリア毎にくまなく調査。食べまくって見つけた三ツ星店をご紹介します!


麻布十番『とんかつ 都』が奏でる【特選豚&繊細な衣】の絶品ハーモニー!

麻布十番『とんかつ 都』が奏でる【特選豚&繊細な衣】の絶品ハーモニー!

とんかつ 都のトンカツは、うおぉ~と心の声が漏れる感動の分厚さ。繊細でクリスピーな衣から顔を出すのは、経営する肉卸会社が日々厳選する特選豚だ。とんかつ 都 [住所]東京都港区麻布十番3-9-6


池袋の【肉厚ロース定食】は驚きの安さ!嬉嬉豚とんかつ『君に、揚げる。』

池袋の【肉厚ロース定食】は驚きの安さ!嬉嬉豚とんかつ『君に、揚げる。』

池袋のトンカツ店「嬉嬉豚とんかつ 君に揚げる」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。「小さな養豚農家さんが一生懸命育てている本当に旨い肉をブランド化して応援したいんです」とは社長の言葉。肉卸の直営店だからこそ、プロが認める上質な肉を安く提供できるという訳で、群馬県産「嬉嬉豚」を使った肉厚ロースが何と850円!


必食!超とんかつマニアの料理長が作る『亀かわ 巣鴨本店』のとんかつ!

必食!超とんかつマニアの料理長が作る『亀かわ 巣鴨本店』のとんかつ!

巣鴨のトンカツ店「亀かわ」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。店名の『亀かわ』とは?の問いに返ってきたのは店で扱う「甘熟豚南国スイート」の養豚家の名前。南九州で生産に取り組む亀川さんの育てた肉を使っているから名付けたのだそう。[住所]東京都豊島区巣鴨4-19-8


とんかつ激戦区・高田馬場で、絶対に食べたい店『とんかつ ひなた』

とんかつ激戦区・高田馬場で、絶対に食べたい店『とんかつ ひなた』

高田馬場のトンカツ店「とんかつ ひなた」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。「とんかつは、ご馳走だ」。このコンセプトこそが「とんかつ ひなた」の特徴そのものだろう。[住所]東京都新宿区高田馬場2-13-9


ランキング


>>総合人気ランキング