MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
赤坂の昼メシグランプリ5選!ベストランチはここで決まり!

赤坂の昼メシグランプリ5選!ベストランチはここで決まり!

ハイレベルな飲食店が多い赤坂で「昼メシグランプリ」!1000円以下で食べられる安くて美味しいランチメニューはもちろん、絶品の和食や中華、デートにもおすすめのおしゃれなお店など厳選ランチをランキング形式でご紹介します!

はじめに

「赤坂」のランチ ランキング ベスト5を発表!グルメライターが実際に食べ歩き、調査・厳選しました。
価格や味、量など5項目のレーダーチャートや、穴場時間などのミニ情報もあり!赤坂ならではのランチ情報&ランキングをぜひチェックしてください!

第1位 白碗竹快樓/中華料理

写真:本日の土鍋料理(酸菜魚の土鍋煮込み) 1200円

滋味に富み本格な北京の味を日替わり土鍋料理で味わえる

白門と竹林に囲まれた落ち着いた佇まい。内部はコロニアルでレトロな空間で雰囲気がいい。
夜は自家製の北京ダックや羊肉料理など、北京料理を中心とした中国東北料理を楽しめる店だ。ランチのメニューも多いのだが、おすすめしたいのは「本日の土鍋料理」。

たとえば、この「酸菜魚」。中国の白菜の古漬け“酸菜”が味の決め手で、それと魚、唐辛子を煮込んだ熱々の鍋。
酸味のあるなんとも複雑なスープと、白身魚からの上品な旨み、ピリッと唐辛子の辛さもいい。発酵食品を使った、体が温まるヘルシーさも魅力だ。
今日は何だろ? ランチから異国情緒でこの味を満喫できるのはかなり楽しみ。

■美味しさの理由!酸菜。乳酸発酵した複雑な酸味が味の決め手に。

写真:酸菜

[メニュー]

[酒]ビールランチビール350円~、夜生700円 焼酎グラス650円~ ワインランチワイン450円 夜グラス800円~ 日本酒1合600円 紹興酒グラス800円、ボトル2500円~ [その他のメニュー]昼本日の料理と点心1300円、四川マーボー豆腐(定食)1200円、元祖黒酢の酢豚(定食)1300円ほか 夜エビ入りニラまんじゅう(2個)600円、ひつじ肉と葱の醤油炒め2000円~など

[店舗情報]

ランチではやや価格高めかと思いきや、内容、美味しさを知ればむしろリーズナブル。
ごはんや卓上のお茶はお替り可。他にスープ、小鉢、漬物、デザート付。

写真:白碗竹快樓 赤坂店の店内

[住所]東京都港区赤坂4-2-8
[TEL]03-3585-4657
[営業時間]11時半~15時(14時半LO)、17時半~23時(22時LO)、土・日11時半~22時(21時LO)※ランチタイム有
[休日]無休
[座席92席/全席禁煙/予約可/カード可/夜サ10%・お通しなし
[アクセス]地下鉄銀座線ほか赤坂見附駅ベルビー出口から徒歩5分

第2位 割烹 一休/魚介・海鮮料理

写真:お刺身定食 1000円

ごはん、赤だし、魚料理、赤坂の和食を趣ある割烹で

赤坂といえばもともと和食のレベルが高いエリア。ガラリと引き戸を開けて入る、趣ある小さな割烹。料亭がいくつか並ぶ一角だが敷居は高くない。

毎朝築地で仕入れた新鮮な刺身三種盛りの定食と、日替わりの魚定食が人気だ。
刺身はプリプリ。インドマグロの赤身が甘くて旨い!ごはんと赤だし、卯の花などの小鉢、自家製のぬか漬けが付くのだが、これがまたどれも美味しい。吟味された旨さが味わえる。

■こんなサービスも!12時45分以降は焼き海苔、生玉子、煮玉子のどれかをサービスで選べる。

写真:時間限定サービス

[メニュー]

[酒]ビール600円 焼酎グラス600円~ ワインなし 日本酒グラス600円~ サワー・ハイボール500円 [その他のメニュー]夜卯の花500円、ポテトサラダ700円、イカの雲丹和え600円、だし巻き玉子800円、白えびからあげ800円、いわし味噌漬け800円、きんめ大根煮1500円、板さんお任せコース4000円~、お出汁のお雑炊600円など

[店舗情報]

ちゃんとした和食、ごはんや魚料理って美味しいと実感できる。
焼き海苔だって香りがよく旨い。量は少し控えめかもしれないが、ごはんはお替り自由だ。

写真:割烹 一休の店内

[住所]東京都港区赤坂2-8-9
[TEL]03-3584-2866
[営業時間]11時半~14時半(14時LO)、17時半~23時(22時LO)※ランチタイム有
[休日]土曜日・日曜日・祝日
[座席]カウンター9席、テーブル8席 計17席/昼のみ禁煙/夜のみ予約可/夜のみカード可/夜お通し代400円別
[アクセス]地下鉄南北線ほか溜池山王駅10番出口から徒歩1分

第3位 鉄板焼 さとう/ハンバーグ

写真:ハンバーグランチ 1100円※13時から希望すれば300gに増量可

目の前の鉄板で焼かれる圧巻の増量300gハンバーグ

こちらには13時を過ぎると訪れる人多し。なぜなら、通常200gのハンバーグが300gに無料で増量できるからだ。
目の前の鉄板でジュウジュウ焼かれる300gのハンバーグは圧巻の厚みと迫力! そこにじっくりローストした玉ネギがたっぷり入ったデミグラスソースがかかって供される。
ハンバーグはふんわり焼かれ、肉々しくってジューシーだ。付け合わせの半熟玉子につけて食べる味変もいいぞ!

■美味しさの理由!鉄板でじっくり焼かれ、焼けていく匂いがまた食欲をそそる!

写真:こだわりの焼き方

[メニュー]

[酒]ビ生500円 焼グラス500円~ ワグラス600円、ボトル各2800円 日なし [その他のメニュー]夜蝦夷あわびの鉄板焼(肝バターソース)1200円、お好み焼き各種1200円、特選黒毛和牛サーロイン100g3000円~、コース5000円~など ※すべて税別

[店舗情報]

男女関係なく、1 3時以降は9割が増量オーダーだ。海老ダシの味噌汁も旨い。
ハンバーグは鉄板で15分かけてじっくり焼かれるので提供時間はやや遅し。

[住所]東京都港区赤坂4-12-4 タンゴハイツ赤坂1F
[TEL]03-3585-3120
[営業時間]月~金・祝前日11時半~14時LO、18時~23時(22時LO)、土曜日・祝日:18時~22時(21時LO)※ランチタイム有
[休日]日曜日
[座席]25席/全席禁煙/夜のみ予約可/カード可/夜お通し(チーズフォンデュ)代500円
[アクセス]地下鉄千代田線赤坂駅1番出口から徒歩6分

第4位 宵の口(よいのくち)/鶏料理

写真:親子丼 1200円

炙った鳥とねぎの香ばしさがいい!品がいいけどボリュームも◎

かつては帯屋だったという和風建築のゆかしい空間。ちょっと贅沢な気分で鶏料理を楽しめる店だ。
3種類あるランチのおすすめは「親子丼」。具は鶏と長ネギ、三つ葉といたってシンプルだが、香ばしく炙られた鶏肉と長ネギ、ほどよく火の通った卵のコンビネーションが美味。

鶏肉はゴロゴロと入っていてボリュームも満点。陸前高田から取り寄せる醤油が味の決め手だ。さすが鶏だけで勝負している店の味。

■美味しさの理由!厨房で香ばしく炙られる鶏肉とネギ

写真:焼き方に工夫が

[メニュー]

[酒]ビール生750円 焼酎グラス700円 ワイングラス950円〜、ボトル4800円~ 日本酒グラス800円~ [その他のメニュー]夜鳥皮の玉葱ポン酢6 0 0円、鳥の焼き物盛り合わせ1600円~、鳥鍋コース5500円など

[店舗情報]

丼の大きさ、肉の量ともこのボリュームは満足度大なはず。かといって甘すぎないタレは最後までよく箸が進む。
ひと手間かかるので、ピーク時は少し待つ。

写真:宵の口の店内

[住所]東京都港区赤坂4-3-29
[TEL]050-5570-0262
[営業時間]12時~14時半(14時LO)、18時~23時(22時LO・ドリンク22時半LO、土曜夜のみ)※ランチタイム有
[休日]日曜日・祝日
[座席]テーブル80席(個室あり)/全席喫煙可/予約可/カード可/夜サ10%
[アクセス]地下鉄千代田線赤坂駅1番出口から徒歩5分

第5位 bistro DA VARIE/ビストロ

写真:おじいちゃんの美味しいポークジンジャー 950円

昔ながらのレシピが懐かしい迫力満点、ポークジンジャー!

夜はエゾ鹿やココット鍋料理などワインに合うメニューが豊富なビストロだが、オーナーが洋食好きで、ランチには昭和の味をイメージしたメニューが並ぶ。中でも一番人気が「おじいちゃんの美味しいポークジンジャー」だ。
厚めの豚ロースがしっかり3枚。シンプルなレシピながら、しっかり生姜が利いて、玉ネギの甘みも感じられる昔ながらの懐かしい味が食欲をそそる。付け合わせのナポリタンもうれしい。

■美味しさの理由!たっぷりの生姜と玉ネギ、りんごも入ったポークジンジャーのソース。火にかけると甘みが出る。

写真:こだわりのソース

[メニュー]

[酒]ビール生500円 焼酎グラス400円~ ワイングラス700円~、ボトル2200円~ 日本酒一合450円~ [その他のメニュー]夜エゾ鹿の炙りカルパッチョ1440円、自家製の味噌漬けクリームチーズ500円、トリッパのトマト煮980円、ピッツァ各種1000円~、パスタ各種1100円~、チーズの盛り合わせ1200円など ※夜はすべて税別

[店舗情報]

ランチメニューはいずれも950円というのが赤坂ではうれしい。
熱々で提供される洋食メニューは、ストレートで勢いがある旨さ。ボリューム感もある。

写真:bistro DA VARIE(ビストロ ダヴァリエ)の店内

[住所]東京都港区赤坂2-15-13 三東ビル1階
[TEL]03-3589-7373
[営業時間]11時~15時半(15時LO)、17時~23時(22時LO、金~翌深夜)※ランチタイム有
[休日]土曜日・日曜日・祝日
[座席]カウンター6席、テーブル18席 計24席/13時まで禁煙/夜のみ予約可/夜のみカード可/チャージ300円別 [アクセス]地下鉄千代田線赤坂駅1番出口から徒歩2分

小路に入ってサービスランチを狙え!

和食も洋食も多国籍ランチもある

赤坂といえば永田町も近くて、もともと料亭なども多い(色気もあるし、客筋も上々!)。で、和食のレベルはもとより、他のジャンルでも総じて食のレベルが高い街という印象がある。

そこで狙い目は、そんな洗練された美味しい料理を出す店の“サービスランチ”だ。夜はちょっと値が張っても、昼はもちろんランチ価格。今回の調査では、1000円というのが赤坂ランチの標準ライン。ただし、ここに2~300円オンしても、充分その価値あり!なランチもあるので、サイフと相談しつつも見逃さないようにしたい。
そして、テレビ関係者などをはじめ、フレックスな時間帯で動くビジネスマンが多い場所柄ゆえか、ランチタイムのお尻は比較的長め。13時以降のサービスなどもあったりして、混雑も避けられるので、通常ピークとなる12時~13時を外して行くのも悪くない。

赤坂と言っても、溜池山王側から赤坂見附側までエリアはかなり広い。その中で今回歩き回ってわかったのは、一ツ木通り、みつぎ通り、赤坂通りなどのメインのストリート沿いにはかなり大手が進出、どちらかというとそこからちょいと入った小路に、なかなかよさそうな店が点在していること。新店も含めて狙い目はここだ。

そして韓国家庭料理店や焼肉店が多いのも変わらない。溜池山王寄りの、コリアタウンとも言うべきエリアでランチするのもおすすめだ。

同時に今回気づいたのは、さらなる多国籍化。インド・ネパール料理は前からあったが、韓国系だけでなく、トルコ料理やパラグアイ料理等々……。エスニックや中南米系の店が国際的な彩りを与えているのだ。赤坂サカスも当たり前の風景になって変わりつつある赤坂。こうしたジャンルを追求しても楽しそうだ。

赤坂ランチMAP

● 第1位 白碗竹快樓のランチ/中華料理
●第2位 割烹 一休のランチ/魚介・海鮮料理
●第3位 鉄板焼 さとうのランチ/ハンバーグ
●第4位 宵の口(よいのくち)/鶏料理
●第5位 bistro DA VARIEのランチ/ビストロ

おわりに

「赤坂」のランチ ランキングはいかがでしたか?
1000円以下のコスパ抜群のランチから、デートや女子会にもおすすめなおしゃれなお店、和食や中華、洋食など、シーンに合わせてご利用いただけるお店ばかりなので、ぜひご活用ください!

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
人気グルメ情報誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で発見したランチ情報のまとめ記事です!みなとみらいエリアや横浜駅周辺は取り上げられることが多いですが、ここでは市内全域を隈無く駆けずり回って、真におすすめのお店のみを厳選しました!
吉祥寺エリアで絶対に外せないお昼ごはんとは?!人気グルメ情報誌「おとなの週末」の編集スタッフが食べ歩いて見つけた、安いお店はもちろん、ひとりで気軽に入りやすい所、子連れOKの所など、ぜひ行ってほしいおすすめのお店を厳選してまとめました。
おしゃれで色んなジャンルの飲食店が集まっている神楽坂エリアの「お得ランチ」を一挙ご紹介!おとなの週末のグルメライターが実食調査した結果、夜は敷居が高いけれど、お昼になら入りやすい和食店、高級な肉、イタリアンなどがたくさん見つかりました!
食通が集まるグルメ激戦区、浅草エリア!テレビや雑誌など数々のメディアでも紹介された有名店から隠れ家的なお店まで、グルメライターが新旧の名店を食べ歩いて見つけた、国内外の観光客誰しもに、自信をもっておすすめしたいランチ情報を一挙ご紹介!
おしゃれな街「恵比寿」のランチ情報をまとめました。すべて人気グルメ雑誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査をして発見した、自信をもっておすすめできるお店ばかり!おしゃれなお店からひとりでも気軽に入りやすいお店まで、一挙ご紹介します!
赤々と炭を熾した囲炉裏がこの店の舞台。その周りに置かれた席に腰をかければ“三九劇場”の幕が上がる。
初めて訪れたときは、こんな場所に「お店が⁉」と正直驚いた。 言ってみれば鶴橋商店街のダンジョンから抜けてたどり着いた酒場という印象。 それが「よあけ食堂」だった……。 創業74年。長いカウンター席が特徴的で、一品料理から鍋、洋食など、さまざまな料理が楽しめる名店だ。
ラム肉も豚肉もしゃぶしゃぶに程よい厚みにカットされ、食べ応えがあるのがうれしい。「北海道」だからか、ダシに入っている昆布が立派だった。
店主の杉本さんは“ラーメンの鬼”と呼ばれた故・佐野実氏の下で約4年間修業した経歴の持ち主。旨い一杯への情熱は師匠譲り。
静かな北鎌倉は夜になるといっそうひっそりとする。通りからさらに少し引っ込んだ『こころや』は、知らなければまず辿りつけない。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt