MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
コスパ最高の寿司店、東京都内を駆けずり回って見つけた“おすすめ寿司店”9選!

コスパ最高の寿司店、東京都内を駆けずり回って見つけた“おすすめ寿司店”9選!

東京都内で昨年にかけてオープンした寿司店を大調査。都心部を中心に夜は6000円台で満足できる寿司店の発掘に成功した。唸るほどのにぎりの旨さと、安さを兼ね備えた安心かつ弩級の三ツ星店、ここに集結!

コスパ最高の寿司店、東京都内おすすめ9選!

昨年にかけてオープンした東京都内の寿司店を大調査。都心部を中心に夜は6000円台で満足できる寿司店の発掘に成功した。コスパ最高の寿司店、東京都内おすすめ8選!

[池尻大橋]三宿の寿司 えん

[2017年7月オープン]

1貫1貫に真心が込められた至高の寿司をお手頃に

 時に寿司屋のカウンター内は職人の舞台のようだと表現されるが、美しい国産檜のコの字風が目を引くこの店もそう。ネタ箱には調理を待ちわびる飛び切りの天然物が並び、美味しく魅せるよう配した温かみのあるライト、そして何よりこの舞台で繰り広げられる若き大将の所作と接客が清々しく、客を心から楽しませる。握りはお好みでも十分安いが、とりわけコースはお値打ち。自慢の天然本マグロのほか、本物の味を腹いっぱい食べてほしいと豪快に切り付けたネタの旨さは格別だ。「1貫1貫を料理と考えています」との大将の言葉通り、例えばタコは生でポン酢ジュレ、炙って塩で食べ比べさせるなど気配りも完璧。有明海産の海苔や自家製ダシ醤油とすべてにこだわる名店誕生に三宿が今、沸いている。

にぎりコース 極上握り12貫 5400円

(甘エビ、ウニ、イクラ、穴子、平目昆布〆、カワハギ、白イカ、真ツブ貝、イワシ、天然本マグロ大トロ、中トロ、赤身、玉子焼)※仕入れによってネタに変動あり

天然の本マグロの大トロ、中トロ、赤身をはじめ、大将の故郷の北海道から直送される真ツブ貝など旬の握りが並ぶ。豪快なネタは飾り包丁を施したり、食べさせ方にも趣向を凝らす。シャリは白酢と赤酢を7対3にブレンド。

自慢の一貫 のどぐろ 864円

秋から冬は脂の乗りも最高になる。写真は新潟産。軽く炙って旨みを凝縮させる。

天然の本マグロにこだわり、産地に関係なくその日にいい品質を築地から仕入れてくる。

[酒]ビ生378円~ 焼グラス648円~、ボトルなし ワグラス1080円、ボトル5400円 日1合864円~ [その他のメニュー]昼海鮮丼1296円など 夜お好み握り1貫216円~ 、おつまみコース(季節のお料理4品、刺身盛り合わせ、極上握り3貫、お椀、デザート)5400円など

[店舗情報]三宿の寿司 えん

写真:三宿の寿司 えんの店内

[住所]東京都世田谷区池尻3-30-6 中尾ビル1階 [TEL]03-6450-7118 [営業時間]11時~14時、17時~23時(22時LO)※ランチタイム有 [休日]水 [席]24席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし [交通アクセス]東急田園都市線池尻大橋駅西口から徒歩8分

[門前仲町]すし おかしら

[2017年5月オープン]

職人の想いを詰め込んだ美しい握りに圧倒!

 極めつきの天然ネタと3種の酢をブレンドし、爽やかな酸味の余韻を残すシャリと、おろし立ての本わさびで握る。最後にひと塗りするカツオ節の旨みを利かせた煮切り醤油がネタとシャリの見事な調和をもたらす。日本橋や銀座など数々の有名店で腕を磨いた、この道30年の大将の経験とこだわりが、気品あふれる姿の1貫に詰め込まれている。この店を訪れるのならば、ぜひカウンター席に座りたい。すぐ目の前で繰り広げられる、粋で華のある大将の握りの所作にも見とれてしまう。

おすすめにぎり 3456円

この日は本マグロの大トロ、キメ細やかな身のイサキ、釣りアジ、金目鯛の昆布〆、生イクラの醤油漬けなど8貫とカンピョウ巻き。和三盆で作る出汁巻玉子を添えている。

自慢の一貫 あなご 324円

活穴子を使用し、ふんわりとした口どけはまさに至福。キズや破れのない皮目の美しさに高い技術を感じさせる。

[酒]ビ生540円、中瓶648円〜 焼グラス540円、ボトル3240円 ワなし 日合756円〜 [その他のメニュー]コース6480円、お刺身盛り1人前2160円〜、出汁巻玉子324円、あわび肝山椒煮540円、自家製松前漬648円、太刀魚西京焼き648円、毛ガニ姿むき2700円、半生かつお節540円、冷やしガリトマト432円、コマイ一夜干し648円、銀だらカマ西京焼き864円など

[店舗情報]

[住所]東京都江東区門前仲町1-14-6 加賀長ビル2階 [TEL]03-5809-9698 [営業時間]17時半~22時(21時半LO) [休日]日・祝 [席]14席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、お通し代432円別 [交通アクセス]地下鉄東西線ほか門前仲町駅3番出口から徒歩2分

写真:すし おかしらの店内

[池袋]鮨 てつ也

[2017年3月オープン]

江戸前の技と旬を堪能できるコース

 若き店主・中村哲也さんは、池袋東口の人気店『幸ちゃん寿司』などで修業後、北口のはずれにこの店を開いた。毎朝築地に足を運んで仕入れる天然ものを中心としたネタは、常時約20種類ほどを揃え、江戸前の丁寧な仕事を施し、訪れる客を愉しませてくれる。また、寿司店としては珍しく、焼き物、煮物、蒸し物といった一品料理にも力を入れており、どれも割烹顔負けの繊細な味わいが見事! はじめてならば、旬の食材を使用したつまみと握りを盛り込んだコースがオススメだ。

雪コース 5200円

写真:雪コースのにぎり

マグロのヅケ、金目鯛の炙り、昆布〆した平目など。自家製のカンピョウ煮の巻物や、イクラの小丼が付く。コースの内容は日替わり

写真:雪コースの料理

前菜には鴨ロースとカボチャの南蛮煮。刺身は炙りカマス、生本マグロ、水ダコ。一品料理の湯葉のウニのせに、お椀とデザートが付く

自慢の一貫 穴子 400円〜 700円

新鮮な穴子を、酒・塩・砂糖で煮る“白煮”で仕上げる。握る直前に笹の葉で蒸し焼きにし、爽やかな香りを堪能できる。

[酒]ビ生600円、中瓶650円 焼グラス500円〜、ボトル3500円〜 ワボトル3300円〜 日グラス500円〜 [その他のメニュー]コースは月6700円、花8200円。握りセット7貫3200円、握りセット10貫4300円、鮑の柔らか煮1600円、シマアジ塩麹焼き700円、穴子の白焼き1600円、貝の酒蒸し800円、金目鯛煮つけ1100円、クリームチーズ西京味噌漬300円など

[店舗情報]

写真:鮨 てつ也の店内

[住所]東京都豊島区池袋2-63-6 パレスガーデンミラノ2階 [TEL]03-5985-4201 [営業時間]17時~23時 [休日]日 [席]16席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、席料500円別 [交通アクセス]JR山手線ほか池袋駅北口から徒歩6分

[白金高輪]白金よこ山

つまみと握りを良心価格のコース仕立てで愉しむ

 おまかせの握りコースは先付からはじまり、揚げ物、お造り……と信じられない充実ぶり。夏は鱧、冬は白子といった旬の小鍋も登場し、京料理出身の店主ならではの繊細な献立がクライマックスの握りへといざなってくれる。ネタは天然物で、粒がしっかりして甘みのあるコシヒカリを使うシャリは風味付けに赤酢を加えたやさしい旨み。仕入れ、仕込み、調理まですべて店主ひとりでこなす誠実な味わいに、幸福感がじわりと染みる。

おまかせ「たしなみ」 5,400円

写真:おまかせ「たしなみ」の握り7貫

(穴子、ウニ、白イカ、ホタテ、ボタンエビ、〆サバ、金目鯛)※仕入れによってネタに変動あり
〆に供される握りは7貫。勝浦の金目鯛や対馬の穴子などその日築地で仕入れたネタを使う。シャリは若干甘めに仕上げている。最後に赤出汁も付く。

写真:「たしなみ」のおつまみ

先付(自家製胡麻豆腐)揚げ物(カボチャとカサゴの天ぷら)カツオたたき。本葛と白ゴマで作るゴマ豆腐など京料理店で修業した店主が作るつまみはどれも秀逸。

写真:「たしなみ」のおつまみ

お造り(マグロ、真ダイ、真ダコ)酢の物(もって菊とズワイガニ)小鍋(甘鯛と小カブ)カツオダシで作る小鍋はつまみの名物。季節で食材が変わる。

自慢の一貫 イワシ 324円

写真:小ぶりで脂がたっぷり乗った大阪湾のイワシ。身がギュッと締まって旨みが濃厚だ

[酒]ビ生756円~ 焼グラス702円~、ボトル3888円~ワグラス864円~、ボトル4320円~ 日1合702円~ [その他のメニュー]昼握り寿司御膳1500円など 夜握り盛り合わせ3780円、おまかせ「なごみ」7020円など

[店舗情報]白金よこ山

写真:白金よこ山の店内

[住所]東京都港区白金3-9-6 清園ビル1階 [TEL]03-5422-6074 [営業時間]11時半~13時半、18時~22時 ※ランチタイム有 [休日]日・祝 [席]19席/全席禁煙/夜は予約可/カード可/サなし、席料540円別 [交通アクセス]地下鉄三田線ほか白金高輪駅4番出口から徒歩6分

[京橋]本等鮨 海馬 東京京橋店

[2017年4月オープン]

気取らず楽しめる関西寿司が待望の東京上陸

 大阪の人気寿司店が東京に初進出。職人のほとんどは地元から上京した腕利き揃いで、本店そのままの味をここ京橋で堪能できる。1貫162円からという明朗会計がうれしい握りの中でも、珍しいネタなら関西では定番のウナギだろう。自家製の醤油ダレで焼いた香ばしい身が、リンゴ酢を加えた甘めのシャリに実に合う。ほかにもアサリやハマグリがてんこ盛りの貝汁など、独創性あふれる季節料理も多彩。この貝汁や太巻きなどが味わえる朝食を提供しているのも、寿司屋では貴重だ。

おまかせ「海馬」10貫 3240円

写真:おまかせ「海馬」10貫(仕入れによってネタに変動あり)

(カマス、車エビ、ウニ、イクラ、ウナギ、カレイ、中トロ、剣先イカ、小肌、トリ貝)
関西では昔から定番ネタというウナギなどが入る。

自慢の一貫 佐賀牛の炙り寿司 1404円

写真:質のいい牛肉を仕入れた時に提供する。見事なサシのリブロースをシャリに乗せて炙りに

[酒]ビール生小432円~ 焼酎グラス540円~、ボトルなし ワイングラス648円~、ボトル3780円~ 日本酒1合540円~ [その他のメニュー] たっぷり貝汁と太巻きのセット800円など 昼海鮮丼900円など 夜握り1貫162円~など

[店舗情報]本等鮨 海馬 東京京橋店

写真:本等鮨 海馬 東京京橋店の店内

[住所]東京都中央区京橋2-7-8 ファーストキャビン京橋1階 [TEL]03-5524-2918 [営業時間]7時~9時半、11時~14時LO、17時~22時半LO ※ランチタイム有 [休日]日・祝 [席]32席/全席禁煙/予約可/夜はカード可/サなし [交通アクセス]地下鉄銀座線京橋駅6番出口、地下鉄浅草線宝町駅A7出口から徒歩2分

[恵比寿]鮨たか 恵比寿店

[2016年10月オープン]

旭鮨が立ち上げたカウンタースタイルの店

 創業から90年を迎え、都内を中心に店舗を構える『旭鮨総本店』が、恵比寿ガーデンプレイスのダイニングフロアにオープンさせた。とりわけ腕の良い職人が目の前で握る寿司を、お好みで愉しむカウンター主体のスタイル。選び抜いた鮮度抜群の素材を使用し、〆る、煮る、といった江戸前の丁寧な仕事をほどこした洗練された寿司を、高級感あふれる雰囲気のなかでじっくりと堪能できる。

おすすめにぎり八貫 3780円

写真:この日は本マグロの中トロ、皮目を炙った金目鯛、〆具合が絶妙の小肌は2枚づけで、白イカは竹炭塩で甘みを引き出している。

自慢の一貫 平目昆布締め 432円

写真:昆布の旨みが身にしっかりしみ込む

[酒]ビール生756円、中瓶702円〜 焼酎グラス540円〜、ボトル3780円〜 ワイングラス540円〜、ボトル3780円 日本酒1合648円〜 [その他のメニュー]握りセットは竹鮨1296円、上鮨2376円、特鮨3240円、おすすめにぎり十二貫5400円など。旬のさしみ盛合せ2700円、キンキ煮つけ864円、すし屋の厚焼き玉子756円、魚介酢の物864円、海鮮サラダ972円など

[店舗情報]鮨たか 恵比寿店

写真:鮨たか 恵比寿店の店内

[住所]東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー38階 [TEL]03-5423-0355 [営業時間]11時半~15時(14時半LO)、16時半~23時(22時LO)※ランチタイム有 [休日]施設の休館日に準ずる [席]25席/全席禁煙/予約可/カード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]JR山手線ほか恵比寿駅東口から徒歩6分

[中目黒]すし処 浜新

[2016年10月オープン]

お手頃価格で味わえる上質な握りとつまみ

 店主の土屋さんは、この道約30年のベテラン職人。築地から仕入れる新鮮なネタを使用し、赤酢をブレンドした複雑味のあるシャリで握る寿司が1貫130円~(税別)と手頃な価格で味わえる。揚げ物や焼き物などのつまみ類も豊富。日本酒にも力を入れており、全国各地の蔵元の酒を厳選。1週間ごとに6銘柄を入れ替えている。肩肘張らずに上質な寿司と酒を愉しめる、日常使いしたい1軒だ。

おまかせ 3240円

写真:大トロや中トロ、ウニ、イクラなど贅沢なネタが一堂に会し、江戸前の仕事を施した小肌や穴子がしっかり脇を固めている(内容は日替わり)

自慢の一貫 とろたく巻 648円

写真:スジからこそぎ取ったトロは脂がたっぷり乗って抜群のウマさ。シャリの表面にはマグロ節をまぶし、さらなる旨みを加えている。

[酒]ビ生中594円、中瓶648円 焼グラス486円〜、ボトル2700円
〜 ワボトル2592円 日1合486円〜 [その他のメニュー]握り
セットは和1404円、彩り1728円、匠2160円など。中ちらし1404円、
海鮮バラちらし2160円、鉄火丼1728円、自家製玉子焼き540円、銀
だら西京焼き864円、かま焼き各種864円〜、酢の物盛り合せ864円

[店舗情報]すし処 浜新

写真:すし処 浜新の店内

[住所]東京都練馬区中村北4-20-13 [TEL]03-6638-8772 [営業時間]11時半~14時、17時~23時(22時LO)※ランチタイム有 [休日]水 [席]25席/全席喫煙可/予約可/カード可/サなし、お通し代324円別 [交通アクセス]西武池袋線中村橋駅から徒歩6分

[大森]和とBar 月の小路

[2017年2月オープン]

 大森のホテル『ホテルバーグランティオス別邸』2階に誕生したスタイリッシュな店。厳選したネタの握りを味わえる和のカウンター席と、多彩な酒が楽しめるバーを併設し、ひとつの店でふたつの魅力を体験できる。寿司はコースやおきまりのほか、「本日のおまかせ3貫」などちょっとつまめるメニューも。イチオシのネタは生の本マグロ。単品料理も豊富で、いろいろなシーンで使える店だ。

本日のおまかせ5貫 1620円

写真:口の中でとろけるようなトロや濃厚な甘エビ、程良い酸味の〆鯖など、その日のオススメの5貫。握りは1貫からお好みでも注文できる

[店舗情報]和とBar 月の小路

[住所]東京都大田区大森北1‐1‐7 ホテルバーグランティオス別邸2階 [TEL]03-3768-7125 [営業時間]11時半~13時半、17時~22時半LO、バー17時~翌1時(土・日・祝はバータイム休業)※ランチタイム有 [休日]無休 [席]30席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、夜はお通し代540円別(バータイムは864円) [交通アクセス]JR京浜東北線大森駅東口から徒歩2分

[銀座]駿河湾さんせん 銀座店

[2017年3月オープン]

 広々としたカウンター席や個室でいただけるのは、南インドマグロや金目鯛などの駿河湾で水揚げされたネタの数々。沼津港や清水市場から直送されているため、鮮度は折り紙付きだ。シャリも静岡産の「ごてんばこしひかり」を使用し、まろやかな酸味が上質なネタを存分に引き立てる。また、11月初旬からは駿河湾の秋の味覚、生の桜エビもメニューに並び、軍艦や一品料理で愉しませてくれる。

駿河湾づくし 4104円の一部

写真:手前から中トロ、金目鯛、シラスの軍艦。その日仕入れたネタを握る10貫のセットだ。口の中でハラリとほどけるシャリに職人技を感じる

[店舗情報]駿河湾さんせん 銀座店

[住所]東京都中央区銀座5-7-10 EXITMELSA8階 [TEL]03-6263-9737 [営業時間]11時~15時(14時半LO)、17時~23時(22時LO)※ランチタイム有 [休日]施設の休館日に準ずる [席]46席/全席禁煙/予約可/サなし、アルコール注文の場合のみお通し代540円別 [交通アクセス]地下鉄銀座線ほか銀座駅A2出口から徒歩2分

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
ディナーは気後れしてしまう銀座の寿司店でも、破格の値段のランチや、食べ放題サービスの寿司店もあります。どのお店も銀座という日本を代表する都市の確かな味!ビジネス・プライベートどちらでも利用できる価値あるお店を紹介します。
手軽につまめるファストフード感覚の〈いなり寿司〉。基本がシンプルなだけに、その組み合わせはある意味無限大!ぜひ色々取り揃えて、食べ比べたい。ニューウェイブが増えている東京都内のいなり寿司をご紹介!
手軽につまめるファストフード感覚の〈太巻き〉。基本がシンプルなだけに、その組み合わせはある意味無限大!ぜひ色々取り揃えて、食べ比べたい。具だくさんが楽しい東京都内の太巻きをいろいろご紹介!
寿司屋といえば、忘れてならないのが“寿司前”。刺身はもちろん、煮物、揚げ物といった一料理たちを、こだわりの酒でまずは楽しむ。そして〆には端正な握り。そんな盃も貫も進んでしまう秀逸店も探し出してきました!
グルメライターが東京都内の[駅チカの寿司]を実食レポート・気軽に入れて、1貫ずつ好きな量だけ食べられる。江戸時代の屋台寿司を思わせる立ち食い寿司こそ、寿司の原点といえよう。都内を中心に調査した結果、都内の駅チカ店に良店が多いことが発覚。粋に食べられる4軒はココだ!撮影/鵜澤昭彦(まぐろ人) 取材/赤谷まりえ
18083views 東京都 寿司特集
ご当地グルメ……。私の中では宮崎県が最強だと思っていた。 冷や汁、肉巻きおにぎり、そしてマンゴーも美味しい……。そんな宮崎県LOVEの私だが、この夏、ライバルが吉祥寺に登場した。栃木県である! 
「串カツ」「串揚げ」の本場・大阪を、グルメライターが食べ歩いて調査!二度付け禁止・立ち食い系の大衆系もあれば、しっとり楽しむコース制の創作系までそれこそピンキリですが、中でも安くて旨くて個性が光るお店をピックアップしてご紹介します!
8140views 大阪府 串特集
銀座エリアで絶対に外せないラーメンを、グルメライターが徹底調査!ランキング常連、ミシュランのビブグルマン獲得、昭和創業の老舗など、都内でも指折りの人気店が集中していることが判明しました!知っておきたい情報を分かりやすくお届けしていきます♪
 もうダメ、疲れがとれない……そんなときに駆けこむべきはこちら。明るく人懐っこいマスター・松岡さんの繰り出す「薬膳スタミナ麺」だ。
 意外なほど朝ご飯が充実している鎌倉にあって、ここは別格。京都の朝食の名店が今年春に鎌倉店をオープンした。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt