日本橋ならではの楽しみが味わえる!「洋食で一杯!」人気洋食店3店

日本橋ならではの楽しみが味わえる!「洋食で一杯!」人気洋食店3店

今や和食!?「洋食で一杯!」は日本橋ならではの楽しみ。 老舗が多い日本橋にはハイカラな洋食店が多くありますが、夜は酒を愉しむ洋風居酒屋としてにぎわっているとのこと。真偽を確かめるべく、人気洋食店の“夜の顔”を覗きに出かけてきました。


レストラン 桂(最寄駅:三越前駅)

界隈屈指の名店で本格洋食をつまみに乾杯

『レストラン 桂』の特製メンチカツ 900円(単品)

昭和36年創業。ビールと相性最高の「特製メンチカツ」は、溢れる肉汁と開店以来継ぎ足すデミグラスソースが絶品だ。正統派洋食のほか、「から揚げ」(1000円)や「玉子焼き」(600円)といった居酒屋的な一品料理も常連に人気。昭和風情が漂う内装もくつろげる。

『レストラン 桂』の詳細はこちら

ブラッスリー TOYO(最寄駅:日本橋駅)

宴会もチョイ飲みもおまかせ使い勝手抜群の一軒

『ブラッスリー TOYO』
ドイツ風ライスМ 1100円、リッツdeポテトサラダ 390円、豆腐サラダ 590円

1階は喫茶、2階のレストランでは懐かしい美味しさの洋食やおつまみメニューが楽しめる。200席の広々とした空間には個室も用意。通し営業なので、1人から複数まで使い勝手がいい。工場直送の樽生ビール、ホッピー、泡盛など酒の守備範囲も広い!

『ブラッスリー TOYO』の詳細はこちら

ジジ&ババ(最寄駅:日本橋駅)

何を食べても感涙必至!山形&山梨の美味を堪能

『ジジ&ババ』の炙り山形牛ローストビーフ風 一口切りで盛り合わせ(2人前) 1450円

味、量、値段、そして家族経営ならではの温かいもてなしで、界隈でも指折りの人気を誇る。ジジ(ご主人) の出身地、山形県の銘柄牛や直送野菜など、食材へのこだわりは相当なもの。ババ(奥さん)の実家・山梨県のワイナリーで造る無添加ワインもオススメ。

『ジジ&ババ』の詳細はこちら

正統派の名店に枝豆やおひたしが!?

平日の午後6時頃。『レストラン 桂』に入ると、先客のおじさまたちは早くもほろ酔い中。

「生ビール3つ追加ね!あと枝豆とおひたしも頂戴」

枝豆とおひたし?そんなのメニューにあったかしら。店の人に尋ねると常連用(?)のおつまみメニューを渡された。「リクエストに応えていたらこんなに増えちゃって」

正統派洋食店であっても、求められたら枝豆だって置いちゃう。いい意味でのこだわりのなさが、街の歴史の重みがもたらす"余裕"なのでしょうか。

翌日は『ブラッスリー TOYO』へ。すると「本日は100名様の宴会が入っておりまして。少々騒がしいかもしれません」と、大バコ酒場として盛況の様子。最後に訪れた『ジジ&ババ』では、洋食の垣根を超えたハイレベルな料理と酒に感動。こちらも閉店間際まで、呑ん兵衛客で満席でありました。

古くから、日本橋のように花柳界のある街には洋食店が多かったといいます。旦那衆や芸者さんに愛されたハイカラ洋食で一杯。粋に飲みたい夜に、ぜひ。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連するキーワード


日本橋の和のお店

関連する投稿


東京日本橋で涼むならここ!日本橋でおすすめの老舗のカフェ2店

東京日本橋で涼むならここ!日本橋でおすすめの老舗のカフェ2店

散策の合間に、老舗のカフェでひと休み。江戸文化が薫る日本橋は今も昔も美味しい店が集まっています。品格あるこの街の風情にしっくりと馴染むのは、何といっても和のお店。暑い夏、東京の日本橋で涼むのにおすすめな老舗カフェを2店 ご紹介。


宴会もチョイ飲みもおまかせ!使い勝手抜群の一軒|ブラッスリー TOYO(洋食/日本橋)

宴会もチョイ飲みもおまかせ!使い勝手抜群の一軒|ブラッスリー TOYO(洋食/日本橋)

1階は喫茶、2階のレストランでは懐かしい美味しさの洋食やおつまみメニューが楽しめる。200席の広々とした空間には個室も用意。


きよ川|蕎麦屋でも居酒屋でも使い勝手のいい地元密着店(そば/日本橋)

きよ川|蕎麦屋でも居酒屋でも使い勝手のいい地元密着店(そば/日本橋)

蕎麦と季節料理、どちらも主役。昼はサラリーマンが通う蕎麦屋として、夜は豊富なつまみで一杯、〆に蕎麦を手繰る居酒屋として。


ひよく亭(日本料理/日本橋)|つまみは安くて量も満足!人気ランチは行列必至

ひよく亭(日本料理/日本橋)|つまみは安くて量も満足!人気ランチは行列必至

「ひよく亭」は元力士の先代が新橋で創業し、日本橋に移って約30年。現在は京都の日本料理店で修業した2代目が切り盛りしている。


まぐろ 高直|江戸っ子夫婦が切り盛りする人情味あふれる魚の店(魚介・海鮮料理/日本橋)

まぐろ 高直|江戸っ子夫婦が切り盛りする人情味あふれる魚の店(魚介・海鮮料理/日本橋)

「焼き、煮付け、刺身。魚はこれだけ」。そう言って、にっと笑う「まぐろ 高直」店主の前島さん。日本橋で生まれ育った生粋の江戸っ子で、築地のマグロ仲卸で40年近く働いていた目利きのプロでもある。よって市場に旧知の仲間も多く、質のいい天然物を仕入れられるのだそう。


最新の投稿


コスパ&眺望が抜群!新橋でおすすめのホテルブッフェ!

コスパ&眺望が抜群!新橋でおすすめのホテルブッフェ!

三井ガーデンホテル銀座プレミア レストラン スカイ|天井から床までの大きな窓から望める浜離宮恩賜庭園や銀座の街並み。ホテルの16階に店を構える眺望抜群のこちらは、2017年6月末に前菜のみだったブッフェを、すべてブッフェにしてリニューアルオープンした。


秋葉原の唸るラーメン!「潮 くろ喜」の「特製潮そば」

秋葉原の唸るラーメン!「潮 くろ喜」の「特製潮そば」

行列店『饗 くろ喜』が金曜の限定ブランドを刷新。貝ダシ×ハーブ×スパイスというかつてない試みで、新境地に挑む。


撮り鉄の「食」の思い出(30) 懐かしの京王5000系電車と出雲スイーツ 一畑鉄道/1981年~2018年

撮り鉄の「食」の思い出(30) 懐かしの京王5000系電車と出雲スイーツ 一畑鉄道/1981年~2018年

島根県の宍道湖周辺に敷かれた「一畑電車」。この路線には大手私鉄から移籍してきた電車や、近年一畑オリジナルの新車など、いろいろな電車が走りました。 そのなかでも好きな電車は2100系電車。ちょっと丸い顔をしたかわいい形です……。


観光列車「ろくもん」で辿る幸村ゆかりの長野の食と史跡【後編】

観光列車「ろくもん」で辿る幸村ゆかりの長野の食と史跡【後編】

真田幸村が生きた長野の地を、観光列車に揺られながら、各駅停車で途中下車しながら、愛でる旅に出かけてみませんか。今回は観光列車「ろくもん」のおすすめポイントと、長野駅をご紹介します! 撮影/大西尚明、ツジノワタル(大阪) 取材/飯田 守(幸村)、飯田かおる(ろくもん、上田、長野)、松井さおり(小諸、田中、大屋、長野)


三連休におすすめ!観光列車「ろくもん」で辿る幸村ゆかりの長野の食と史跡【前編】

三連休におすすめ!観光列車「ろくもん」で辿る幸村ゆかりの長野の食と史跡【前編】

真田幸村が生きた長野の地を、観光列車に揺られながら、各駅停車で途中下車しながら、愛でる旅に出かけてみませんか。前編では小諸駅~上田駅をご紹介します!


ランキング


>>総合人気ランキング