名古屋エリア限定グルメ情報(37)名古屋×トルコのコラボメニューも! トルコの家庭料理が楽しめる一社『KRAL(クラル)』

名古屋エリア限定グルメ情報(37)名古屋×トルコのコラボメニューも! トルコの家庭料理が楽しめる一社『KRAL(クラル)』

名古屋人は保守的な気質ゆえに、食べたことのない料理にはどことなく抵抗感を抱いてしまう。そんななか、名古屋市内のトルコ料理店は、2005年に開幕した愛知万博を機に増えたといわれる。地下鉄東山線一社駅から徒歩約5分のトルコ料理店『KRAL(クラル)』もその一つだ……。


名古屋×トルコのコラボメニューも! トルコの家庭料理が楽しめる一社『KRAL(クラル)』


名古屋人は保守的な気質ゆえに、食べたことのない料理にはどことなく抵抗感を抱いてしまう。

そんななか、アジアやエスニック料理の店が増え続けているのは、ようやく市民権を得たということだろう。

しかし、それはトルコ料理となると、まだ敷居が高いのは否めない。


名古屋市内のトルコ料理店は、2005年に開幕した愛知万博を機に増えたといわれる。

地下鉄東山線一社駅から徒歩約5分のトルコ料理店『KRAL(クラル)』もその一つ。

都心部にある店は、ホテルやレストランで出されるような洗練された料理だが、ここはトルコの家庭料理が自慢。

しかも、日本人シェフが日本人の味覚に合わせた料理を食べさせてくれるのだ。


「オープンしたのは、11年前になります。

心が温まるような、トルコのおふくろの味を楽しんでもらえたらと。

今までトルコ料理を食べたことがない方を意識したメニューを用意しています」と、
店長の斉藤広行さん。


数あるメニューの中でも人気なのは、タレに漬け込んだ鶏肉を専用のロースターで焼き上げたケバブを自家製のピタパンにサンドした「ケバブサンド」(600円)。


「肉を漬け込むタレは、クミンなどのスパイスを配合した自家製です。

ヨーグルトや隠し味に国産のリンゴをくわえて、肉がよりやわらかく、ジューシーに仕上がっています。

また、ピタパンもケバブのジューシーさをしっかりと受け止められるように、モチモチでフワフワの食感にこだわりました」(斉藤さん)


そのまま食べても美味しいが、お好みでヨーグルトをベースとしたソースと辛口のソースをかけても旨い。

ピタパンもケバブとの相性を考えて作ってあるので、味の一体感が楽しめる。

ケバブサンドだけでは物足りないという方には、スープとサラダが付くディナーセット「ライトセット」(1500円)も用意している。


こちらは、ケバブに八丁味噌ベースのタレをかけた「八丁味噌ケバブライス」(900円)。

名古屋人は何でも味噌をかけて食べると思われそうだが、美味しいから仕方がない(笑)。

しかも、八丁味噌に合う目玉焼きまでトッピングしているではないか。

こんなの、旨いに決まっている。

名古屋人がハートをくすぐられる確信犯的なメニューだ。


「私自身も名古屋人ですから、名古屋とトルコのコラボメニューを作ってみようと。
ちなみに『八丁味噌ケバブサンド』(700円)もあります。どちらも大好評です」(斉藤さん)


さて、肝心な味だが、想像通り(笑)。

ケバブのタレと八丁味噌のタレの相乗効果で鶏肉がメチャ旨。

目玉焼きの黄身を潰して絡めて食べるとなお旨い。

もう、これは名古屋とトルコの友好を祈念したメニューとしか言いようがない。


「ケバブサンド」と同様に、ディナー時にスープとサラダが付く「ライトセット」(1500円)や、さらに2種類のデリが付く「ミディアムセット」(2500円※写真)がある。

トルコ産のビールやワインとともに楽しみたい。



KRAL
[住所]愛知県名古屋市名東区一社2-170
[TEl]052-702-5200
[営業時間]11時半~15時、19時(日は18時)~23時
[定休日]月曜





永谷正樹(ながや・まさき)
1969年生まれのアラフィフライター兼カメラマン。名古屋めしをこよなく愛し、『おとなの週末』をはじめとする全国誌に発信。名古屋めしの専門家としてテレビ出演や講演会もこなす。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

名古屋メシの専門家として、実際に食べてみて本当に美味しかったものや、名古屋のグルメ事情について、好き勝手に書き綴る。

関連するキーワード


トルコ料理 名古屋めし

関連する投稿


名古屋エリア限定グルメ情報(44) 東京・人形町『玉ひで』プロデュースの鶏料理店『とり五鐵』がリニューアルオープン!

名古屋エリア限定グルメ情報(44) 東京・人形町『玉ひで』プロデュースの鶏料理店『とり五鐵』がリニューアルオープン!

本当に美味しい店を紹介するために、覆面取材という手法でリサーチをする『おとなの週末』。これまで私も数多くの店に足を運んだのだが、丼もの特集において、不動の上位にランクインする店がある。 名古屋駅のJRセントラルタワーズ13階にある『とり五鐵』がそれだ。


名古屋エリア限定グルメ情報(43) 甘辛味で名古屋を席巻した「ハワイめし」!『Yummy ハワイアンバーベキュー 栄本店』

名古屋エリア限定グルメ情報(43) 甘辛味で名古屋を席巻した「ハワイめし」!『Yummy ハワイアンバーベキュー 栄本店』

手羽先唐揚げに代表される、甘辛い味が名古屋人は大好き。「甘辛味を制すれば、名古屋を制す」のである(笑)。 中区伏見の御園通と三蔵通の交差点にある『Yummy(ヤミー) ハワイアンバーベキュー 栄本店』も、まさにそんな店。本拠地はハワイにあり、ホノルルのアラモアナショッピングセンターなど7店舗展開しているのだ。


名古屋エリア限定グルメ情報(42) 愛知県安城市のソウルフード『中国料理 北京本店』の「北京飯」のたれが登場!

名古屋エリア限定グルメ情報(42) 愛知県安城市のソウルフード『中国料理 北京本店』の「北京飯」のたれが登場!

愛知県安城市のJR三河安城駅前にある創業57年の『中国料理 北京本店』。 連載28回目で紹介した、この店の店主、杉浦充俊さんから、6月某日、「面白いモノを作ったので、ぜひ来てください」との連絡があったのだ。 ニューバージョンの北京飯でも作ったのだろうか? そんなことを考えながら店へと向かった……。


名古屋エリア限定グルメ情報(41) 惜しまれて閉店したラーメン店を当時のバイト社員が復活! 愛知県春日井市『中華そば 龍龍』

名古屋エリア限定グルメ情報(41) 惜しまれて閉店したラーメン店を当時のバイト社員が復活! 愛知県春日井市『中華そば 龍龍』

お気に入りの店が閉まることになり、落胆した経験は誰にでもあるだろう。その苦悩は、恋人との別れに等しい。現在、ラーメン店『中華そば 龍龍』を営む大倉裕史さんもその一人だった。 お店が閉まって10年、大倉さんは大胆な行動に出た。当時のオーナーと会い、「もう一度、ラーメン屋をやりましょう!」と、想いを伝えたのだ……!


名古屋エリア限定グルメ情報(40) 東区泉1丁目『キッチン はせ家』の、おかず度MAXのハンバーグでご飯をかっ喰らう!

名古屋エリア限定グルメ情報(40) 東区泉1丁目『キッチン はせ家』の、おかず度MAXのハンバーグでご飯をかっ喰らう!

おかずとしてのポテンシャルが高いハンバーグ。お上品にパンをちぎりながら食べるのではなく、恥も外聞もかなぐり捨ててご飯をかっ喰らうのが正しい作法であると私は思う。そんな、私が子どものころに食べた、スパイスが効いていて肉の密度を感じるハンバーグを『キッチン はせ家』で見つけてしまったのである……。


最新の投稿


カクテルがシロップ!おとなのかき氷(コラム:口福三味)

カクテルがシロップ!おとなのかき氷(コラム:口福三味)

おとなの週末で連載中の人気コラム「美味しい食の研究所 口福三味(こうふくざんまい)」。美味しい食を求めて、漫画家ラズウェル細木さんが実際に『食の実験』に挑戦。テーマにちなんだプチ情報やさっと作れる超簡単おつまみレシピもご紹介。今回のテーマは『カクテルがシロップ!おとなのかき氷』。


ブレイク必須の牛串!東京都内の牛串おすすめ厳選5店

ブレイク必須の牛串!東京都内の牛串おすすめ厳選5店

串もんといえば、鶏や豚のイメージが強いですが、牛肉にも串料理はあるんです。焼き加減がバッチリで、いろんな部位も食べられる。焼肉よりも手軽な、ブレイク必至の牛串。東京都内のおすすめ三ツ星店をギューッとお届けします。二ツ星店もご紹介!


大阪ローカル穴場メシ情報[17] 未開拓の三国の住宅街にひっそりと佇む居酒屋で、ホテル仕込みのオムライスと出会った!

大阪ローカル穴場メシ情報[17] 未開拓の三国の住宅街にひっそりと佇む居酒屋で、ホテル仕込みのオムライスと出会った!

新大阪駅から足を伸ばすこと徒歩20分。阪急三国駅界隈は、下町っぽさを残す、大阪でも未開拓エリア。近年はマンション建設が大幅に増えたことで、町が一気に様変わりし始めているが、まだまだ昔の情緒を残す居酒屋も少なくない。そんなエリアで、旨いオムライスと出会った……。


東京日本橋で涼むならここ!日本橋でおすすめの老舗のカフェ2店

東京日本橋で涼むならここ!日本橋でおすすめの老舗のカフェ2店

散策の合間に、老舗のカフェでひと休み。江戸文化が薫る日本橋は今も昔も美味しい店が集まっています。品格あるこの街の風情にしっくりと馴染むのは、何といっても和のお店。暑い夏、東京の日本橋で涼むのにおすすめな老舗カフェを2店 ご紹介。


名古屋エリア限定グルメ情報(44) 東京・人形町『玉ひで』プロデュースの鶏料理店『とり五鐵』がリニューアルオープン!

名古屋エリア限定グルメ情報(44) 東京・人形町『玉ひで』プロデュースの鶏料理店『とり五鐵』がリニューアルオープン!

本当に美味しい店を紹介するために、覆面取材という手法でリサーチをする『おとなの週末』。これまで私も数多くの店に足を運んだのだが、丼もの特集において、不動の上位にランクインする店がある。 名古屋駅のJRセントラルタワーズ13階にある『とり五鐵』がそれだ。


ランキング


>>総合人気ランキング