MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
名古屋エリア限定グルメ情報(37)名古屋×トルコのコラボメニューも! トルコの家庭料理が楽しめる一社『KRAL(クラル)』

名古屋エリア限定グルメ情報(37)名古屋×トルコのコラボメニューも! トルコの家庭料理が楽しめる一社『KRAL(クラル)』

名古屋人は保守的な気質ゆえに、食べたことのない料理にはどことなく抵抗感を抱いてしまう。そんななか、名古屋市内のトルコ料理店は、2005年に開幕した愛知万博を機に増えたといわれる。地下鉄東山線一社駅から徒歩約5分のトルコ料理店『KRAL(クラル)』もその一つだ……。

名古屋×トルコのコラボメニューも! トルコの家庭料理が楽しめる一社『KRAL(クラル)』


名古屋人は保守的な気質ゆえに、食べたことのない料理にはどことなく抵抗感を抱いてしまう。

そんななか、アジアやエスニック料理の店が増え続けているのは、ようやく市民権を得たということだろう。

しかし、それはトルコ料理となると、まだ敷居が高いのは否めない。


名古屋市内のトルコ料理店は、2005年に開幕した愛知万博を機に増えたといわれる。

地下鉄東山線一社駅から徒歩約5分のトルコ料理店『KRAL(クラル)』もその一つ。

都心部にある店は、ホテルやレストランで出されるような洗練された料理だが、ここはトルコの家庭料理が自慢。

しかも、日本人シェフが日本人の味覚に合わせた料理を食べさせてくれるのだ。


「オープンしたのは、11年前になります。

心が温まるような、トルコのおふくろの味を楽しんでもらえたらと。

今までトルコ料理を食べたことがない方を意識したメニューを用意しています」と、
店長の斉藤広行さん。


数あるメニューの中でも人気なのは、タレに漬け込んだ鶏肉を専用のロースターで焼き上げたケバブを自家製のピタパンにサンドした「ケバブサンド」(600円)。


「肉を漬け込むタレは、クミンなどのスパイスを配合した自家製です。

ヨーグルトや隠し味に国産のリンゴをくわえて、肉がよりやわらかく、ジューシーに仕上がっています。

また、ピタパンもケバブのジューシーさをしっかりと受け止められるように、モチモチでフワフワの食感にこだわりました」(斉藤さん)


そのまま食べても美味しいが、お好みでヨーグルトをベースとしたソースと辛口のソースをかけても旨い。

ピタパンもケバブとの相性を考えて作ってあるので、味の一体感が楽しめる。

ケバブサンドだけでは物足りないという方には、スープとサラダが付くディナーセット「ライトセット」(1500円)も用意している。


こちらは、ケバブに八丁味噌ベースのタレをかけた「八丁味噌ケバブライス」(900円)。

名古屋人は何でも味噌をかけて食べると思われそうだが、美味しいから仕方がない(笑)。

しかも、八丁味噌に合う目玉焼きまでトッピングしているではないか。

こんなの、旨いに決まっている。

名古屋人がハートをくすぐられる確信犯的なメニューだ。


「私自身も名古屋人ですから、名古屋とトルコのコラボメニューを作ってみようと。
ちなみに『八丁味噌ケバブサンド』(700円)もあります。どちらも大好評です」(斉藤さん)


さて、肝心な味だが、想像通り(笑)。

ケバブのタレと八丁味噌のタレの相乗効果で鶏肉がメチャ旨。

目玉焼きの黄身を潰して絡めて食べるとなお旨い。

もう、これは名古屋とトルコの友好を祈念したメニューとしか言いようがない。


「ケバブサンド」と同様に、ディナー時にスープとサラダが付く「ライトセット」(1500円)や、さらに2種類のデリが付く「ミディアムセット」(2500円※写真)がある。

トルコ産のビールやワインとともに楽しみたい。



KRAL
[住所]愛知県名古屋市名東区一社2-170
[TEl]052-702-5200
[営業時間]11時半~15時、19時(日は18時)~23時
[定休日]月曜





永谷正樹(ながや・まさき)
1969年生まれのアラフィフライター兼カメラマン。名古屋めしをこよなく愛し、『おとなの週末』をはじめとする全国誌に発信。名古屋めしの専門家としてテレビ出演や講演会もこなす。

このグルメ記事のライター
永谷正樹@まとメシ

名古屋メシの専門家として、実際に食べてみて本当に美味しかったものや、名古屋のグルメ事情について、好き勝手に書き綴る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
名古屋で「うなぎ料理」、と聞いて何を想像するだろうか? うな丼やうな重? それともひつまぶし?  今回紹介する『豆たぬき』では、うな丼やひつまぶし以外にもう一つの食べ方を提案している。それが「うなぎの炊き込みご飯」だ……。
更新: 2019-05-16 16:05:00
新元号が「令和」に決まり、新しい時代が始まる。 名古屋市瑞穂区にある『ひつまぶし う家 八事本店』では、天皇陛下の御即位を奉祝する特別な献立を用意したという。その名も、御即位奉祝徳会席「令和」。値段は7020円とやや値が張るものの、こんな機会は滅多にない。今回はその全貌を明らかにしようと思う。
更新: 2019-05-16 14:26:40
「カレー」と聞いて、どんなカレーをイメージするだろうか? 欧風カレー? それともインドカレーやタイカレー? 最近ではスパイスカレーも人気を集めているが……。 私が思い浮かべるのは、喫茶店のカレー。 缶詰のカレーを温めただけの店もあるが、あれはあれで旨いから不思議だ……(笑)。
更新: 2019-04-27 16:00:00
名古屋市東区赤塚町に明治、大正、昭和、平成、そして令和と、5つの時代を駆け抜けた店がある。創業1888(明治21)年の麺類食堂『森田屋』がそれだ。老舗だからといって敷居が高いわけではない。131年間にわたって地元の人々に愛されているのだ。
更新: 2019-04-22 16:00:00
名古屋郊外で昔からのれんを掲げる寿司店といえば、ネタもシャリも大きく、シャリの味付けがやや甘めというイメージが強い。 そんななか、一宮市にある『楽山』は、寿司と割烹を二本柱にして営業する、名古屋からも多くの客が訪れる注目店なのである……。
更新: 2019-04-18 10:53:54
最新の投稿
新大橋通りに面した角に立つ小さなお店。中に入ると、多種多様なベルギービールが棚にずらりと並び、常時50~60種もの味を楽しめる。
更新: 2019-05-21 12:00:00
店主は毎朝築地へ足を運び、勝ち得た信頼と目利きにより入手した天然ものの魚にこだわる。そんな和食店で提供される、肉好きも大満足のメニューが右の逸品。
更新: 2019-05-20 12:00:00
「かろかろん♪」と鈴が鳴るドアを開けると、アフリカ調の素朴な色合いと華やかさが入り混じったリラックス空間が広がる。多国籍の雑貨を売っていた所に、お茶や食事を楽しめるスペースを開設したのが始まり。
更新: 2019-05-20 11:44:41
洋食店としての創業ながら、先代はとんかつ専門店だったという歴史を持つ店の当代が打ち出したのは、驚くほどふわふわのハンバーグ。「子どもの頃、親父が作るハンバーグが好きで、それを再現したかった」と店主は笑う。
更新: 2019-05-20 11:47:44

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt