MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
cafe OGU1(和食/東尾久)|栄養たっぷりな日替わり給食メニュー

cafe OGU1(和食/東尾久)|栄養たっぷりな日替わり給食メニュー

東尾久エリアの和食店「cafe OGU1 (カフェ オグイチ)」のおすすめメニューのグルメ取材記事と写真のページ。お店は若い女性が切り盛りする、Wi-Fi完備の一見おしゃれなイマドキのカフェ。しかし、ここではオトナの心をくすぐる魅惑のメニューを出している。

cafe OGU1(最寄駅:赤土小学校前駅)

元給食調理員が作る栄養たっぷりなイマドキの給食メニュー

それは日替わりの学校給食。オーナーの小林さんは、江戸川区など約10校で腕を振るった元給食調理員。主菜、副菜、汁物など150種類以上もあるレパートリーの中から季節に合わせた献立を組み立てている。さてさて、この日のメニューは、子供達に大人気という豚&鶏挽き肉にネギや味噌を練り込んだ「松風焼き」に、醤油で煮た大根おろしを絡めた「野菜のおろし和え」、汁物は鶏肉とキノコや野菜をふんだんに使った「鶏どり汁」。味も彩りも栄養バランスもバッチリの優秀な一食だ。ン十年前の思い出に浸りつつ、では手を合わせて「いただきます!」

日替り給食ランチ
900円

ランチタイムはドリンク付きで牛乳をチョイス! 子供用にはキッズサイズ(500円)も用意

お店からの一言

オーナー 小林早希さん

「デザートに懐かしの揚げパンはいかが?」

cafe OGU1 (カフェ オグイチ)の店舗情報

[住所]東京都荒川区東尾久1-33-1 [TEL]03-5901-2779 [営業時間]8時~19時 ※ランチタイム有 [休日]水 [交通アクセス]日暮里・舎人ライナー赤土小学校前駅から徒歩4分

電話番号 03-5901-2779
2017年12月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
創業は戦後間もなく。料亭からはじまり40年ほど前から、関西風うどんすきを出しはじめた。色とりどりの具材は、鶏肉、ハマグリ、湯葉、練り物、野菜など約20種類。
オイスターバーから、和食に特化して牡蠣を楽しめるようにしたお店。生牡蠣や焼き牡蠣の他、牡蠣しゃぶや牡蠣のすき焼きなどの鍋物を気軽に楽しめる。
約40年前の創業時からの看板料理があんこう鍋。毎年10月から始まるこの鍋を、今や遅しと待ち構える客の予約が殺到するのだ。
毎朝仕入れる地魚を使った料理に定評あり。なかでも、鎌倉で水揚げされたしらすをたっぷりのせた海鮮丼が名物で、3~12月は生しらすも味わえる。
荒木町のスナックビルの2階奥にある、小さな和食屋。10席のこぢんまりした店内で、秋田出身の亭主が温かくもてなす。
フルーツブランデーは果物から造られるヨーロッパの蒸留酒だが、日本では認知度の低い存在。世界的にも専門バーはほとんどないという。
創業は戦後間もなく。料亭からはじまり40年ほど前から、関西風うどんすきを出しはじめた。色とりどりの具材は、鶏肉、ハマグリ、湯葉、練り物、野菜など約20種類。
三軒茶屋のすずらん通り沿いにあるバー。3階はオーセンティックなバーだが、2階はクラフトジンを中心としたボタニカル・バーで、雰囲気も接客もカジュアル。
一歩入れば"榎本劇場"の始まりである。音楽は寿司屋らしからぬジャズ。目の前で活きエビを捌いて握るなどカウンターで熟練の技を魅せるのは店の主、榎本さんだ。軽妙な語りも加わり客の気分を盛り上げてくれる。
2016年に開業するや、『ミシュランガイド東京』で、2018、2019一ツ星を獲得した南俊郎シェフの店。テイクアウトで点心や中国茶を販売。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt