MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
手打ち蕎麦切り 匠(そば/秋葉原)|十割そばの旨みと香り

手打ち蕎麦切り 匠(そば/秋葉原)|十割そばの旨みと香り

秋葉原エリアのそば屋「手打ち蕎麦切り 匠」のおすすめメニューのグルメ記事と写真のページ。理想は「噛んでしっかり甘みと香りを感じられる蕎麦」。それは思わず噛み締めたくなるようなムチムチとした弾力があり、と同時に芳醇な穀物香が鼻に抜けていく至高の味わい。[交通アクセス]JR山手線ほか秋葉原駅昭和通り口から徒歩5分

手打ち蕎麦切り 匠(最寄駅:秋葉原駅)

噛み締めるごとにふわっと広がる十割の旨みと香り

そのため、特に食感にこだわるという。蕎麦は契約農家から仕入れる「常陸秋そば」を石臼挽きで自家製粉し、丸抜きを微粉で挽く「ざる」と、玄蕎麦を使う「田舎」の2種を十割で提供。加水や粉の温度にも細心の注意を払う店主渾身の逸品だ。さらにこの店では江戸前中心の穴子と才巻エビの天ぷらもぜひ味わってほしい。店内の生け簀から注文ごとに取り出して調理するそれはサクッとふっくら、専門店顔負けの技に惚れる。一つひとつ揚げたてを供してくれる特別感にも、うれしさがこみ上げる。

合盛り
1000円

甘みのある「ざる」と香り高い「田舎」の2色盛り。つゆのダシは自家削りの本枯節と真昆布に冬菇を加えて旨みを出す。かえしは小豆島産の2年寝かせた醤油をさらに寝かせたもの

かき蕎麦(11月のランチ限定メニュー)
1800円

三陸産生牡蠣はぽってりとした見事な大きさ

才巻海老と穴子天
1600円

活〆の穴子と才巻エビは新鮮そのもの。太白ごま油とノンシリコンのコーン油をブレンドし、薄衣でサクッと揚げる

生蕎麦2人前おつゆ付き
1800円

打ちたての蕎麦はお土産にも

出汁巻玉子
950円

温かい蕎麦に使う薄口のつゆを入れて焼く。ダシがたっぷり入っているので、箸を入れるとジュワッとしみ出るようなジューシーさがあるのがたまらなく美味しい。使用する卵は3個。蕎麦も天ぷらも、料理は店主ひとりで調理しているため、特に混雑時は注文を受けられないこともあるのでご注意を!

お店からの一言

店主 村田匠さん・敦子さんご夫妻

「今年5月に神田須田町から移転しました」

手打ち蕎麦切り 匠

[住所]東京都千代田区神田佐久間町3-20-3 1階 [TEL]03-6240-9988 [営業時間]11時半~14時(13時45分LO)、17時~20時半(LO)※土は昼のみ ※ランチタイム有 [休日]日・祝 [席]18席/全席禁煙/夜は予約可(6名以上はコース注文時のみ)/夜はカード可(1万円以上・サ料別)/サなし、夜はお通し300円別 [交通アクセス]JR山手線ほか秋葉原駅昭和通り口から徒歩5分

電話番号 03-6240-9988
2017年12月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
大正14年創業で現ご主人は三代目。3人の娘さんがチームワークも抜群に働くという何ともアットホームな雰囲気がいい。
鎌倉は由比ヶ浜で人気の古民家の蕎麦屋『鎌倉 松原庵』。その趣と味を持ち込み、表参道のけやき並木を見下ろす空間は、一瞬どこにいるか忘れる風情だ。
山形は蕎麦の名産地であるとともに、滋味深い食材と風土に育まれた食文化がある。ゆるゆるとその地酒を味わいながら、ならではの旨さを堪能できるのがここの魅力だ。
店主は蕎麦懐石の名店「無庵」出身。料理長を経て、2017年に、この店をオープンした。
 2018年7月オープン。蕎麦の固定概念にとらわれず、ダシは鰹節、昆布のほか、煮干し、アサリ、玉ネギなどで煮出す。
西新宿に本店を構える『麺屋翔』の3店舗目として2018年10月2日にオープン。既存の2軒は鶏がメインだが、こちらは鯛。
2018年2月、徳島県が情報発信拠点として開業。レストラン、バー、マルシェ、宿泊施設が揃うなど、充実の内容だ。
オイスターバーから、和食に特化して牡蠣を楽しめるようにしたお店。生牡蠣や焼き牡蠣の他、牡蠣しゃぶや牡蠣のすき焼きなどの鍋物を気軽に楽しめる。
予約困難な名店、東京・四ツ谷の『すし匠』で約15年、腕を磨いた店主が作り出す「ばらちらし」。30種類以上のネタが美しく盛られ、それらが響き合うハーモニーは見事のひと言だ。
本店は、1日3000人が訪れることもある、イタリア・ミラノで大人気のジェラート店。原材料はイタリアから取り寄せ、本店のレシピで作られたフレーバーは、素材をしっかり感じられる力強い味わい。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt