MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
手打ち蕎麦 汐見(そば/早稲田)|リピート必至!こだわり抜いた蕎麦と端正な日本料理

手打ち蕎麦 汐見(そば/早稲田)|リピート必至!こだわり抜いた蕎麦と端正な日本料理

早稲田エリアのそば屋「手打ち蕎麦 汐見」のおすすめメニューのグルメ記事と写真のページ。石臼挽き自家製粉の手打ち蕎麦と、四季の移ろいを感じる日本料理。どちらかひとつでも手間暇かかるはずなのに、その両方を極めた店主の味をコースで満喫できるとは何ともありがたい。[交通アクセス]地下鉄東西線早稲田駅1番出口から徒歩8分

手打ち蕎麦 汐見(最寄駅:早稲田駅)

こだわり抜いた蕎麦と端正な日本料理にリピート必至

蕎麦は滑らかなコシのある十割。そのふくよかな香り、色、粘り、味の良さに惚れ込んだ無農薬栽培の群馬産を主に使い、新蕎麦の時季にはスタッフ全員で収穫を手伝うこともあるんだそう。つゆのダシに使う本枯節も、えぐみが出ないよう血合を取り除いたものを特注。薄さ加減を考えて、毎朝店内で削りたてを使う徹底ぶりだ。料理は毎日築地で仕入れる魚の焼き物や天ぷらなど目にも美しい品々。日本料理店でも修業した店主の繊細な仕事と真摯な姿勢が、客のハートをガッチリ掴んでいる。

コース(内容は仕入れで変わる) お蕎麦(せいろ)
3500円

滑らかなのど越しの蕎麦は十割の旨みと香りが際立つ。本枯節と羅臼昆布でダシを取るつゆとの相性もいい

サービスのすり流し(聖護院カブ)

季節のすり流しは夜の客に提供

前菜

石川芋の変わり揚げなど旬の食材が並ぶ

そばがき椀(鱧と松茸添え)

ふわっと柔らかいそばがきに天草産の鱧や松茸を添えた贅沢な味わい

魚料理(鰆の柚子味噌ソース)

自家製柚子味噌が風味豊か

天ぷら盛り合わせ(天然車エビ、椎茸、秋ナス、エリンギ)

天然車エビはぷりっぷり

甘味(ピオーネの大福と紅葉の羊羹)

ピオーネが丸ごと入った大福は甘さ控えめ

十四代など人気銘柄や希少な品も揃える

出し巻き玉子
850円

焼きたてをそのままテーブルまで運び、客の目の前で豪快に皿に盛り付けてくれるパフォーマンスに驚き! ダシがたっぷりで、砂糖は加えていないので上品で優しい味わいだ。プレーンの味のほか、季節ごとに登場するバージョンも。秋は「きのこの餡かけ出し巻き玉子」1100円もあり、こちらもおすすめ。

お店からの一言

代表 汐見健さん

「生産者とのつながりを大切にしたいと思っています」

手打ち蕎麦 汐見の店舗情報

[住所]東京都新宿区早稲田鶴巻町556 松下ビル1階/[TEL]03-3202-4404 [営業時間]11時半~15時(14時半LO)、18時~21時半(20時半LO)※ランチタイム有 [休日]水・第3火 [席]カウンター8席、テーブル席18席、計26席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし [交通アクセス]地下鉄東西線早稲田駅1番出口から徒歩8分

電話番号 03-3202-4404
2017年12月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 落語には蕎麦のネタがよく出てくるほど両者の関係は深い。そんな江戸情緒あふれる寄席が、これまた江戸にルーツのある老舗蕎麦屋で楽しめるとは粋ってやつじゃないですか。
更新: 2019-04-05 18:00:00
厳選した北海道産の蕎麦粉を石臼で挽いたこだわりの蕎麦はもちろん、四季を感じる食材を使った料理で一杯やるのがいい。お茶割りも「そば茶割り」「抹茶割り」「玉露割り」「ウーロンハイ」「黒ウーロンハイ」と充実。
更新: 2019-03-05 18:00:00
郷土料理を肴に酒盃を傾け、板蕎麦で〆る。山形の豊富な山海の恵みを看板に、3月にお目見えしたばかりの新店だ。
更新: 2019-02-16 12:00:00
この店を訪れるなら刺身類はぜひ注文されたし! というのも、築地のみならず、契約する三浦の漁師から水揚げしたばかりの新鮮な魚介を日々仕入れているのだ。
更新: 2019-02-15 12:00:00
『かんだやぶそば』から暖簾分けした『杉並やぶそば』が、今年1月に赤坂サカスのダイニングに新店をオープン。「そば遊膳」と銘打ったコースには、カンピョウや玉子焼きを具に風味豊かな海苔で巻いた「そば寿司」や、もっちり感と溢れ出す香りを楽しめる「そばがき」など、伝統の蕎麦料理を盛り込んでいる。
更新: 2019-02-14 12:00:00
最新の投稿
皇居は雄大な歴史と自然に触れあえる日本人の心の場。丸の内、日比谷、東京駅からのアクセスもよく、皇居観光や散歩を楽しんだ後は、ランチ・グルメや買い物へも出かけやすい。春は桜、秋は紅葉、四季を通じて楽しめる魅力をご紹介。
更新: 2019-04-24 14:18:43
インド料理店は都内に数あれど、同店はスパイスやハーブの香りが爽やかで鮮烈。それもそのはず、ビリヤニには17種ものスパイスが入り、ランチメニューにはインド現地でも希少な「ジャッキャ」という香り高いスパイスを必ず盛り込んでいるのだという。
更新: 2019-04-24 12:00:00
平成ももうまもなく終わりですが、個人的に“平成っぽい食べ物”と言うと、食べる調味料が浮かびます。 食べるラー油、食べる醤油、食べる味噌などなど……。 ちなみに、私が吉祥寺で食べる調味料を入手するのは、中道通りをちょっと入ったところにある『吉祥寺 千恵蔵さん』に決まっています。
更新: 2019-04-23 16:00:00
黒ゴマをまとい旨みが増したサーモンに、きめ細やかな衣で甘みを最大限に引き出した天使の海老……。素材により4種の衣を使い分け、白絞油でカラリと揚げた串はどれも独創的かつ完成度の高い仕上がりだ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
富山のチューリップの撮影はけっこう難しいことで有名です。 花が見られる時間は長くても数日。 さらに、天気が良くて背景の立山連峰まで美しく見えるという条件がそろわなくてはなりません。 なかなかの難題……。 今回は、ちょっと昔の思い出と、ホタルイカ三昧のお話です。
更新: 2019-04-22 16:01:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt