中華こばやし|香ばしいチャーハンがたまらない(中華料理/不動前)

中華こばやし|香ばしいチャーハンがたまらない(中華料理/不動前)

「50年変わらないってだけが取り柄。継続は力、それを売り物にしてるんだよ」 そう言って笑う「中華こばやし」の店主、小林保男さんの表情がいい。昭和17年生まれ。子供のころは同じ場所で、ご両親が駄菓子屋をしたり、かき氷を売ったり。23歳のときに、中華食堂を始めた。[交]東急目黒線不動前駅から徒歩4分 ※ランチタイム有


中華こばやし(最寄駅:不動前駅)

ああ、これこれ!年季の入った町の中華
年季の入った机や椅子、戸や窓の枠まで、いいねえ、と落ち着く。この感じ、実に懐かしい。 注文を待ってると、ジュウウと焼ける音と油の匂い、鍋を振るカンカンっという音。うーん、そのリズムがそもそも旨そうだ。 料理は、いずれも飾るところがなく、「ああ、これこれ!」というこれぞ町の中華。プレーンなんだけど、手作りの味がしっかりあるというかなあ。パツパツの餃子も、ぷるんと柔らかなワンタンメンも、香ばしいチャーハンもたまりませんぞ。

チャーハン 700円

チャーハンはほろっとして、醤油の香ばしさもいい感じ。

餃子(2人前) 1000円

ビール大瓶 600円

わんたんめん 600円

フチまでたっぷりスープの入った「わんたんめん」。澄んだスープに柔らかな細麺も懐かしい

昔ながらのメニューは眺めてるだけでも楽しい。麺類、炒め物はもちろん、丼ものやヤキソバ類も充実。

中華こばやし

[住所]東京都品川区西五反田5-23-9 [TEL]03-3491-2447 [営業時間]11時~19時 [休日]日・祝(年末休12/30~1/4) [席]カウンター3席、テーブル10席、計13席 カード不可/予約可 [交通アクセス]東急目黒線不動前駅から徒歩4分 ※ランチタイム有

電話番号 03-3491-2447
2016年1月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


おっさん女子の吉祥寺パトロール(80) 吉祥寺・居酒屋ランチ選手権、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(80) 吉祥寺・居酒屋ランチ選手権、の件

世間は、お正月気分からやっと日常に戻ってくる時期ですが、日常と言えば、お昼のお楽しみ=ランチですよね。 で、おっさん女子的には、安い! コスパが高い! 店にキャパがあるので並ばない! チェーン居酒屋のランチを推奨します!


三軒茶屋でランチならここ!グルメライターのおすすめランチ6選

三軒茶屋でランチならここ!グルメライターのおすすめランチ6選

人気グルメ雑誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で見つけた、コスパ抜群の蕎麦屋や、ナポリのピッツァ、本格的シンガポール料理が楽しめるお店など、三軒茶屋駅から徒歩で行ける、本当に美味しいおすすめランチをご紹介!


おっさん女子の吉祥寺パトロール(74) 師走に疲れた私は、吉祥寺で一体何を食べたらいいんでしょうか? の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(74) 師走に疲れた私は、吉祥寺で一体何を食べたらいいんでしょうか? の件

12月って、なんでこんなバタバタして、疲れるんでしょうか?(涙)。あと必要以上に街がキラキラして、落ち着かないし、人が多いし、さらにストレス倍増だよ。 そんなとき、地元民の私は解決策を持っているんですよ、ふふふ。 この記事は、吉祥寺で師走に疲れた人だけが、読めばOKです……。


おっさん女子の吉祥寺パトロール(72) 師走に、吉祥寺的ファストフードを考えてみた、件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(72) 師走に、吉祥寺的ファストフードを考えてみた、件

とうとう師も走る季節がやってきますが、皆さん、いかがお過ごしでしょうか? 師走の吉祥寺は基本、混んでいます……。クリスマスシーズンの吉祥寺はとにかく大騒ぎです。 そんなとき、どこに行くのか? 今回は、おっさん女子が独断で考える吉祥寺的ファストフードの店をご紹介だ! 


おっさん女子の吉祥寺パトロール(71) 吉祥寺の「おひとり様夜定食」のニューフェイスの件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(71) 吉祥寺の「おひとり様夜定食」のニューフェイスの件

ご飯を食べるところなら、なんでもありそうな吉祥寺。実際、本当になんでもあるのだが、意外にないのが定食屋さんである。夜、お酒を飲まずにサクッと晩ご飯を済ませることができる店がないのである!  昼はあれほどランチや定食をやっている店がわんさかあるのに、夜になるとサッパリなのである……。


最新の投稿


奄美大島の居酒屋『あまみの魚たち』

奄美大島の居酒屋『あまみの魚たち』

「南国の魚のウマさを知ってもらいたい!」そうアツく語るのは店主の神山さん。名瀬漁協に足を運び、その日の水揚げから特に上質な魚介だけを自身でセリ落としている。


お花茶屋の豆腐屋『気合豆腐 埼玉屋』

お花茶屋の豆腐屋『気合豆腐 埼玉屋』

 店主の新井さんは自他共に認める“大豆オタク”。その時々で吟味した、国産大豆や希少な在来種の大豆を巧みに使い分け、それぞれの個性を引き出した豆腐を作り続けている。


奄美大島の郷土料理『焼酎ダイニング SAKE工房 心』

奄美大島の郷土料理『焼酎ダイニング SAKE工房 心』

 黒糖焼酎の品揃えは、島内でもおそらくナンバーワン! 5島からなる奄美群島にあるすべての蔵元の酒を網羅し、そのボトル総数はなんと200本にも及んでいる。


奄美大島の鉄板焼き『TEPPANYAKI 瑠璃』

奄美大島の鉄板焼き『TEPPANYAKI 瑠璃』

 とびきり贅沢なディナーを楽しむなら、ここを置いて他になし! 使用する野菜や魚介はすべて奄美産。


曳舟の豆腐屋『三善豆腐工房 キラキラ橘店』

曳舟の豆腐屋『三善豆腐工房 キラキラ橘店』

 “生産者の思いも届けられる豆腐作り”を信念とし、店頭には使用する大豆名だけでなく、生産者の名前もズラリと並ぶ。絹や木綿は大豆違いで各3種類、その他に「ごま」や「ゆず」、夏季には「しそ」など、多くの豆腐が揃えられ、それぞれの豆腐にファンが付いている。イチオシなのが「小糸在来の絹」。


ランキング


>>総合人気ランキング