MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
日本茶カフェ 茶々工房(日本茶/早稲田)|郷愁を誘う穏やかな空間で味わう茶の旨み

日本茶カフェ 茶々工房(日本茶/早稲田)|郷愁を誘う穏やかな空間で味わう茶の旨み

東京・早稲田の裏路地に佇む『茶々工房』。店内は足踏みミシンが置かれ、レジは年季の入った和家具の整理箱。

日本茶カフェ 茶々工房(最寄駅:早稲田駅)

どれも店主の家にあったものだという。オープンして15年、母と息子ふたりで営む、温かさに包まれた落ち着く茶房だ。 こちらで取り揃える日本茶は、すべて無農薬・有機栽培。全国、多種多様な日本茶がある中で、美味しさだけでなく、安心・安全にもこだわっている。そんな中からいまの時期、おすすめは鹿児島産の秋の新芽を中心にブレンドした特選深蒸し茶『秋の緑茶』。深蒸し煎茶らしい色みと香り高い豊かな味に心が和む。 また、日本茶と合う食事と甘味が豊富なのも魅力。日本茶単品は水ようかん付きだが、お腹に余裕があれば別盛りの具が6種も付くおにぎりやぜんざいなどと共にいただきたい。

緑茶(しん山)、おにぎりセット(おにぎり2個、お茶、ミニ甘味)
500円、 850円 ※ミニ甘味なしの場合750円

黄金色が特長の静岡産の「しん山」は旨みとコクがあり、渋みは少なめ。ふっくら握られた塩むすびとの相性もいい

秋の緑茶
500円(10月~2月までの期間限定)

一煎目は新芽らしい若葉の香りが立ち、二煎目は奥行きある渋みが特長の「秋の緑茶」

ほうじ茶パフェ
600円

アイス、寒天、黒蜜すべてにほうじ茶を使ったパフェ。クラッシュタイプの寒天の食感もユニークな一品だ

日本茶カフェ 茶々工房

[住所]東京都新宿区西早稲田2-21-19 [TEL]03-3203-2033 [営業時間]12時~22時(21時半LO)※ランチタイム有 [休日]日・祝 [席]カウンター4席、テーブル12席、計16席/全席禁煙/予約可/カード不可/サなし [交通アクセス]地下鉄副都心線西早稲田駅1番出口から徒歩3分

電話番号 03-3203-2033
2017年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
torse(カフェ/祐天寺)|駅から決して近くない。なのに開店前から行列ができるカフェ、それがココ。
更新: 2018-12-26 12:00:00
 新進気鋭のアトリエやショップが増え、注目されている蔵前エリア。この一角で2017年3月にオープン、紅茶は和紅茶のみを取り扱うのがこちらのお店だ。
更新: 2018-12-02 12:00:00
グルメライターが駒場東大前の[BUNDAN COFFEE & BEER]を実食レポート。“文学”というと、ちょっと取っ付きにくいイメージだが、食からアプローチしてみてはいかがだろう。日本近代文学館内のこのカフェでは、過去の名作に登場した料理や、食を愛した文人に由来するメニューを楽しめる。
更新: 2018-12-04 16:56:49
 1481年に建立された川崎市の信行寺。住職の浅野さんが「仏教の教えをもっと身近に感じてほしい」と、6年前に新丸ビルのカフェとコラボで1週間の寺カフェを開いたところ好評で、3年前に常設の寺カフェをオープンさせた。
更新: 2018-09-19 12:00:00
御徒町エリアのカフェ「Cafe ASAN」のおすすめメニューのグルメ記事と写真のページ。商業施設「2k540」の一角にある。Wi-Fiや電源も備わり、パソコンを打つ人も多い。[交通アクセス]地下鉄銀座線末広町2番出口から徒歩3分
更新: 2018-09-24 12:57:33
最新の投稿
 昼夜で名称こそ異なるが、このコースが昼夜共に1620円という衝撃価格!メインは週替わりで、ポークのコルドン・ブルーや肉汁あふれるハンバーグなど、フレンチの技法を駆使した実直な仕事が伺える料理が登場する。
更新: 2019-03-20 12:00:00
吉祥寺の街をカオスに巻き込む花見シーズンがやってきました。 今年も店を求めて路頭に迷う人々が多そうです……。 桜のシーズンの井の頭公園はとても美しいですが、実は公園には謎なものがけっこうあります。今回は、そこにフォーカスしてみたいと思います……。
更新: 2019-03-19 16:05:00
グルメ雑誌「おとなの週末」の人気コラム「おいしい往復書簡」掲載店舗。マッキー牧本が関東でおすすめする担々麺をご紹介。姉妹でお店をきりもり。辛さの際立つ料理も多いなかで、どこかほっとするアットホームさが漂うお店だ
更新: 2019-03-19 11:31:58
「まともな料理が食べられるバー」を標榜するのは伊達じゃない! 100円の廉価なおつまみから、オードブル、パスタに本格的な中華、極めつけは日替わりでネタの変わるにぎり寿司(ネタには本格的に返しが!!)までメニューにのぼり、カクテルも本格的なオリジナルかつ無敵感満載のバー!
更新: 2019-03-18 18:00:00
谷町筋沿いにある居酒屋「珠」は、開店からちょうど5周年。 創作料理がおすすめの居酒屋で、この近辺の住民や近隣で働く人たちに愛され、いつも人でごった返している。とくに、おススメの「ホルモン炒め」(580円)はマル秘レシピの、激ウマ料理だ……。
更新: 2019-03-18 16:05:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt