日本茶カフェ 茶々工房(日本茶/早稲田)|郷愁を誘う穏やかな空間で味わう茶の旨み

日本茶カフェ 茶々工房(日本茶/早稲田)|郷愁を誘う穏やかな空間で味わう茶の旨み

東京・早稲田の裏路地に佇む『茶々工房』。店内は足踏みミシンが置かれ、レジは年季の入った和家具の整理箱。


日本茶カフェ 茶々工房(最寄駅:早稲田駅)

どれも店主の家にあったものだという。オープンして15年、母と息子ふたりで営む、温かさに包まれた落ち着く茶房だ。 こちらで取り揃える日本茶は、すべて無農薬・有機栽培。全国、多種多様な日本茶がある中で、美味しさだけでなく、安心・安全にもこだわっている。そんな中からいまの時期、おすすめは鹿児島産の秋の新芽を中心にブレンドした特選深蒸し茶『秋の緑茶』。深蒸し煎茶らしい色みと香り高い豊かな味に心が和む。 また、日本茶と合う食事と甘味が豊富なのも魅力。日本茶単品は水ようかん付きだが、お腹に余裕があれば別盛りの具が6種も付くおにぎりやぜんざいなどと共にいただきたい。

緑茶(しん山)、おにぎりセット(おにぎり2個、お茶、ミニ甘味) 500円、 850円 ※ミニ甘味なしの場合750円

黄金色が特長の静岡産の「しん山」は旨みとコクがあり、渋みは少なめ。ふっくら握られた塩むすびとの相性もいい

秋の緑茶 500円(10月~2月までの期間限定)

一煎目は新芽らしい若葉の香りが立ち、二煎目は奥行きある渋みが特長の「秋の緑茶」

ほうじ茶パフェ 600円

アイス、寒天、黒蜜すべてにほうじ茶を使ったパフェ。クラッシュタイプの寒天の食感もユニークな一品だ

日本茶カフェ 茶々工房

[住所]東京都新宿区西早稲田2-21-19 [TEL]03-3203-2033 [営業時間]12時~22時(21時半LO)※ランチタイム有 [休日]日・祝 [席]カウンター4席、テーブル12席、計16席/全席禁煙/予約可/カード不可/サなし [交通アクセス]地下鉄副都心線西早稲田駅1番出口から徒歩3分

電話番号 03-3203-2033
2017年11月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


専門家も唸る!世田谷『ブーランジェリー ヌクムク』の食パンは必食の逸品

専門家も唸る!世田谷『ブーランジェリー ヌクムク』の食パンは必食の逸品

1階がパン屋、2階がアメリカンテイストあふれるカフェ。ハード系から惣菜パンまで約100種が並び、使うカスタードクリームやミートソースなどもすべて手作りを心がけている。


旨い"秋の日本茶"が飲みたい!東京でおすすめの日本茶6選

旨い"秋の日本茶"が飲みたい!東京でおすすめの日本茶6選

肌寒くなると、温かいお茶を頂くひとときは何ものにも代えがたい。秋は茶摘みの最後の時期でもあり、さまざまなお茶が出揃う愉しい季節だ。煎茶、ほうじ茶、玉露、番茶……お茶の数だけ旨さがある。丁寧に淹れられた味わい深き一杯を、まずは飲みに出かけよう。


オヤジのコンビニ食ダイエット(36) 高機能玄米 「金のいぶき」を使ったナチュラルローソンのおにぎり

オヤジのコンビニ食ダイエット(36) 高機能玄米 「金のいぶき」を使ったナチュラルローソンのおにぎり

ナチュラルローソンで、この玄米おにぎりが発売されたとき、初めて「高機能玄米」というものがあることを知った。しかも高機能玄米協会というものまであり、このおにぎりには、同協会から認定されている「金のいぶき」という玄米専用の品種が使われている……。


東京でおすすめの和パフェ2選!【抹茶パフェ & 和栗パフェ】

東京でおすすめの和パフェ2選!【抹茶パフェ & 和栗パフェ】

紳士たるもの、日本の心を忘れべからず!抹茶や栗などの和素材をふんだんに使ったパフェ。甘さの中に、ほのかに感じる苦みや渋みを堪能したい。東京でおすすめの日本茶専門店の抹茶パフェと、和栗専門店の和栗パフェをご紹介!


1人でも大丈夫!関東でおすすめの昔懐かしいパフェ厳選3選!

1人でも大丈夫!関東でおすすめの昔懐かしいパフェ厳選3選!

最近では、パフェを食べに一人で店を訪れる男性も増えているとか。子どもの頃に食べたような、クリームやフルーツがたっぷりのった、愛らしいパフェって気になりませんか?懐かしい気分でいっぱいになりますよ!東京と神奈川でおすすめする昔懐かしノスタルジックパフェを3店ご紹介。


最新の投稿


蕎麦の世界の可能性を広げる!東京<変わり蕎麦 今昔物語>

蕎麦の世界の可能性を広げる!東京<変わり蕎麦 今昔物語>

蕎麦屋の品書きで時折見かける〈変わり蕎麦〉は、季節の味わいを彩るなんとも風雅な蕎麦だ。一方、最近ではまた違った切り口の〈変わり〉も登場し始め蕎麦の世界の可能性を広げている。そんな〈変わり蕎麦今昔〉の世界をご紹介します。 撮影/貝塚 隆 取材/岡本ジュン


見た瞬間「旨い!」を確信! 日暮里のうどん屋『手打うどん あかう』

見た瞬間「旨い!」を確信! 日暮里のうどん屋『手打うどん あかう』

 見た瞬間「旨い!」と直感するものってあるが、こちらのうどんがそれ。艶っとした手打ちのうどんは、期待を裏切らずよく締まってつるんとしたのど越し。


錦糸町『石臼挽きうどん しゅはり』のうどんは ”白くない” うどん!?

錦糸町『石臼挽きうどん しゅはり』のうどんは ”白くない” うどん!?

 うどんは白いものと誰が決めた! と言わんばかりにこちらのうどんはやや茶色い。それは「江戸時代と同じような」石臼挽きの小麦粉を使っているから。


「おとなの週末」12月号発売中!今号は「鍋」を大特集!

「おとなの週末」12月号発売中!今号は「鍋」を大特集!

11月15日は「おとなの週末」12月号の発売日です。今号は「鍋」を大特集!すき焼きからねぎまなどの「和鍋」、しゃぶしゃぶ、旨辛鍋といった、様々な三ツ星鍋をご紹介します。


ビブグルマン常連の本店「根津 釜竹」にはない「うどん」が『慶』で味わえる!

ビブグルマン常連の本店「根津 釜竹」にはない「うどん」が『慶』で味わえる!

 言問通りにたたずむ、築100年以上の建物を改築したシックな風情の日本酒バー。軽やかな飲み口のものから、重厚感ある味わいのものまで、季節に合わせた約30銘柄を揃えている。


ランキング


>>総合人気ランキング