喫茶 つきまさ 下北沢店|良心的な値段で一級品の日本茶を心ゆくまで楽しむ(日本茶/下北沢)

喫茶 つきまさ 下北沢店|良心的な値段で一級品の日本茶を心ゆくまで楽しむ(日本茶/下北沢)

演劇の街、東京・下北沢にある、古き良きお茶屋さんの佇まいが印象的な『つきまさ』。開店は昭和53年。


喫茶 つきまさ 下北沢店(最寄駅:下北沢駅)

当初は静岡県の製茶と梱包会社のアンテナショップ的な存在だったこともあり、現在も良質なのはもちろん、ときに珍しい日本茶をいただける。 とりわけ珍しいのは、福岡県・八女産の煎茶「白姫」。突然変異により誕生した茶葉は一般的な煎茶より白っぽく上品な色合いで、収穫量の少なさから“幻のホワイトリーフ”と呼ばれている。ほかに、番茶に大根おろしを加えた「大根番茶」、バターを溶かした「バター茶」など、ユニークな日本茶も多く揃え、何度でも訪れたくなる楽しさがある。すべての日本茶はお菓子付き。あられや黒棒などノスタルジックな菓子を常時10種類の中から選べるのも、心踊る。

白姫(お菓子、おかわり用ポット付) 700円

“天然玉露”とも評される「白姫」は、甘く深い旨みが特長。一煎目で強く旨みが現れ、二煎目は香りを楽しめる

大根番茶(お菓子、おかわり用ポット付) 650円

大根おろし、ショウガ、醤油を入れてから番茶を注いでいる。大根入りのダシを飲んでいるかのような、優しく滋味深い味わい

玉露(お菓子、おかわり用ポット付) 750円

八女産の玉露。一煎目は口の中に広がる旨みを味わい、二煎目は渋みを堪能したい

喫茶 つきまさ 下北沢店

[住所]東京都世田谷区代沢5-28-16 [TEL]03-3410-5943 [営業時間]11時~21時(20時半LO)※ランチタイム有 [休日]水 [席]テーブル24席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし [交通アクセス]小田急線ほか下北沢駅南口から徒歩5分

電話番号 03-3410-5943
2017年11月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


【下北沢エリア】人気おすすめグルメ情報 11選!

【下北沢エリア】人気おすすめグルメ情報 11選!

下北沢エリアで『おとなの週末』のグルメライターが食べ歩いて見つけたおすすめグルメ。カレー、ステーキ、蕎麦、喫茶店など色んなジャンルの「本当に美味しいグルメ情報」が満載です。


至福の鯖百選[4] 毎日食べたくなる! グッドバランスな横浜カフェのサバサンド

至福の鯖百選[4] 毎日食べたくなる! グッドバランスな横浜カフェのサバサンド

横浜は、じつはサバサンド不毛の地といわれ、これまで提供しているお店がほとんどなかった。そんななか、看板メニューが「サバサンド」というお店が2017年にオープン。しかも「絶品」と話題をよんでいる。 横浜市営地下鉄「三ッ沢下町」駅を降りて徒歩1分、「サバサンド」ののぼり旗が目印の「カフェ フラッティー」がそれだ。


玉子サンドが有名な店の「絶品カツサンド」は、知る人ぞ知る逸品だ!

玉子サンドが有名な店の「絶品カツサンド」は、知る人ぞ知る逸品だ!

神楽坂『マドラグ』|京都の喫茶店『マドラグ』は、伝説の洋食店『コロナ』から受け継いだ玉子サンドが有名。神楽坂の店でしか食べられないのがこのカツサンド。


専門家も唸る!世田谷『ブーランジェリー ヌクムク』の食パンは必食の逸品

専門家も唸る!世田谷『ブーランジェリー ヌクムク』の食パンは必食の逸品

1階がパン屋、2階がアメリカンテイストあふれるカフェ。ハード系から惣菜パンまで約100種が並び、使うカスタードクリームやミートソースなどもすべて手作りを心がけている。


旨い"秋の日本茶"が飲みたい!東京でおすすめの日本茶6選

旨い"秋の日本茶"が飲みたい!東京でおすすめの日本茶6選

肌寒くなると、温かいお茶を頂くひとときは何ものにも代えがたい。秋は茶摘みの最後の時期でもあり、さまざまなお茶が出揃う愉しい季節だ。煎茶、ほうじ茶、玉露、番茶……お茶の数だけ旨さがある。丁寧に淹れられた味わい深き一杯を、まずは飲みに出かけよう。


最新の投稿


奄美大島の居酒屋『あまみの魚たち』

奄美大島の居酒屋『あまみの魚たち』

「南国の魚のウマさを知ってもらいたい!」そうアツく語るのは店主の神山さん。名瀬漁協に足を運び、その日の水揚げから特に上質な魚介だけを自身でセリ落としている。


お花茶屋の豆腐屋『気合豆腐 埼玉屋』

お花茶屋の豆腐屋『気合豆腐 埼玉屋』

 店主の新井さんは自他共に認める“大豆オタク”。その時々で吟味した、国産大豆や希少な在来種の大豆を巧みに使い分け、それぞれの個性を引き出した豆腐を作り続けている。


奄美大島の郷土料理『焼酎ダイニング SAKE工房 心』

奄美大島の郷土料理『焼酎ダイニング SAKE工房 心』

 黒糖焼酎の品揃えは、島内でもおそらくナンバーワン! 5島からなる奄美群島にあるすべての蔵元の酒を網羅し、そのボトル総数はなんと200本にも及んでいる。


奄美大島の鉄板焼き『TEPPANYAKI 瑠璃』

奄美大島の鉄板焼き『TEPPANYAKI 瑠璃』

 とびきり贅沢なディナーを楽しむなら、ここを置いて他になし! 使用する野菜や魚介はすべて奄美産。


曳舟の豆腐屋『三善豆腐工房 キラキラ橘店』

曳舟の豆腐屋『三善豆腐工房 キラキラ橘店』

 “生産者の思いも届けられる豆腐作り”を信念とし、店頭には使用する大豆名だけでなく、生産者の名前もズラリと並ぶ。絹や木綿は大豆違いで各3種類、その他に「ごま」や「ゆず」、夏季には「しそ」など、多くの豆腐が揃えられ、それぞれの豆腐にファンが付いている。イチオシなのが「小糸在来の絹」。


ランキング


>>総合人気ランキング