HIGASHIYA GINZA(日本茶/銀座)|”合わせ“で日本茶の新しい味を引き出す

HIGASHIYA GINZA(日本茶/銀座)|”合わせ“で日本茶の新しい味を引き出す

HIGASHIYA GINZA(ヒガシヤギンザ)は現代の暮らしに合う和菓子屋として定評のある『HIGASHIYA』のティーサロン。煎茶からあまり見かけない珍しい発酵茶まで、30種以上の多彩な日本茶を揃えるだけでなく、その楽しみ方の提案も秀逸だ。


HIGASHIYA GINZA(最寄駅:銀座駅一丁目駅)

 例えば、生のフルーツを使った「フルーツブレンド」。晩夏は巨峰と煎茶、秋は柿と三年番茶など、季節ごとに旬の果実と日本茶を組み合わせるブレンド茶だ。果実の香りと自然の甘みが絶妙に加わり、お茶の新しい味わいを発見できる。時間を置いた二煎目で変化する甘みもまた一興だ。 さまざまな素材から作られる餡で果実や木の実などを包んだ「ひと口果子」と日本茶のペアリングの「茶果」も、試してみたい一品。華やか、爽やか、濃厚と計算された5種の日本茶の旨みのグラデーションと菓子の絶妙な組み合わせには、感嘆せずにはいられない。

HIGASHIYAフルーツブレンド「柿」 1800円

柿の甘さが香ばしい三年番茶に合う。(果物と茶葉の種類は季節ごとに変更)。「季節のお茶と和菓子セット」1900円なら5~6種類から選べる和菓子とお茶請けが付く

茶果(5種のお茶と5種のひと口果子) 4000円 ※オーダーは14時~21時(LO)、日・祝は11時~14時(LO)

右から玉露+菊、三年番茶+五穀、和紅茶、焙じ茶+巨峰、自家製焙じ茶。内容は二十四節気ごとに替わり、コース仕立てで提供される。日本茶の奥深さをしみじみ実感できる

HIGASHIYA GINZA

[住所]東京都中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル2階 [TEL]03-3538-3240(茶房)、03-3538-3230(売店) [営業時間]11時~22時(21時LO)、日・祝11時~19時(18時LO) ※売店は11時~19時 ※ランチタイム有 [休日]月(祝の場合は翌火) [席]カウンター4席、個室6席(要予約)、テーブル36席 計46席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし[交通アクセス]地下鉄有楽町線銀座一丁目駅A7出口から徒歩2分

電話番号 03-3538-3240(茶房)、03-3538-3230(売店)
2017年11月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


専門家も唸る!世田谷『ブーランジェリー ヌクムク』の食パンは必食の逸品

専門家も唸る!世田谷『ブーランジェリー ヌクムク』の食パンは必食の逸品

1階がパン屋、2階がアメリカンテイストあふれるカフェ。ハード系から惣菜パンまで約100種が並び、使うカスタードクリームやミートソースなどもすべて手作りを心がけている。


旨い"秋の日本茶"が飲みたい!東京でおすすめの日本茶6選

旨い"秋の日本茶"が飲みたい!東京でおすすめの日本茶6選

肌寒くなると、温かいお茶を頂くひとときは何ものにも代えがたい。秋は茶摘みの最後の時期でもあり、さまざまなお茶が出揃う愉しい季節だ。煎茶、ほうじ茶、玉露、番茶……お茶の数だけ旨さがある。丁寧に淹れられた味わい深き一杯を、まずは飲みに出かけよう。


AKOMEYA厨房(和食/銀座)|毎朝店で精米したブランド米が付く彩り鮮やかな昼セット

AKOMEYA厨房(和食/銀座)|毎朝店で精米したブランド米が付く彩り鮮やかな昼セット

銀座エリアの和食店「AKOMEYA厨房」のおすすめメニューのグルメ記事と写真のページ。お米を中心としたライフスタイルショップで、店内ではバイヤーが全国から厳選した、ご飯のお供や調味料、食器類を販売している。その一画にある飲食スペースで食べられる名物ランチが「小鉢膳」だ。


蕎麦カフェ&バル BWCAFE(そば/東新宿)|トマトを崩して混ぜて食べれば酸味と蕎麦の香りが複雑に絡み合う

蕎麦カフェ&バル BWCAFE(そば/東新宿)|トマトを崩して混ぜて食べれば酸味と蕎麦の香りが複雑に絡み合う

「完熟焼きトマトの和え蕎麦」は、一度焼いた上で冷やしたトマトが丸ごと一個(!)蕎麦の上にのり、それを崩しながらいただく。バルサミコのコクとトマトの酸味が蕎麦と絡まるとき、口中にまさしく蕎麦の新風が吹く。


日本茶専門店 櫻井焙茶研究所|店内で焙煎したお茶の香ばしさをじっくりと味わう(日本茶/表参道)

日本茶専門店 櫻井焙茶研究所|店内で焙煎したお茶の香ばしさをじっくりと味わう(日本茶/表参道)

 日本茶の持つさまざまな味わいのポテンシャルを体験してもらうため、焙煎や茶葉のみならずアルコールとの“ブレンド”まで探究する『櫻井焙茶研究所』。 全国から仕入れた茶葉の中でも特筆すべきは、客が選んでから焙烙で焙煎する焙じ茶。


最新の投稿


グルメライターによる東京駅構内「三ツ星グルメ店」ぶっちゃけ座談会!

グルメライターによる東京駅構内「三ツ星グルメ店」ぶっちゃけ座談会!

くまなく歩き食べまわった約1ヶ月を振り返る!“迷宮”東京駅の食とみち座談会。東京駅構内に広がる飲食店を縦横無尽に調査したのは、市村幸妙(以下、市)と郷土料理担当・菜々山いく子(以下、菜)。どんな発見があったかを、担当編集・戎とともに振り返ります。


おっさん女子の吉祥寺パトロール(70) 食パンブームの吉祥寺! でもあえてカルトな食パンを推すよ! の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(70) 食パンブームの吉祥寺! でもあえてカルトな食パンを推すよ! の件

吉祥寺はパン屋ブームである。 2018年も、新しいパン屋がオープンしまくっているよ。しかも空前の食パン無双……。食パン過多である……。みんなそんなに食パン食べてるの?と思う、白いご飯至上主義のおっさん女子とは、私のこと……。


珠玉の「せいろ」はこの店で!都内で食べられる極みのせいろ蕎麦8店

珠玉の「せいろ」はこの店で!都内で食べられる極みのせいろ蕎麦8店

「新蕎麦あります」の看板に惹かれ暖簾をくぐれば、香り高くみずみずしい味わいが迎えてくれるこの季節。理想の蕎麦を追求する店主の情熱とこだわりを、直球で受け止めるなら何はともあれせいろに限るだろう。普段は取材拒否の名店から住宅街の隠れ家まで、すべて本誌初登場の極みのせいろ、とくとご堪能ください。


浅草の居酒屋に冬季限定の人気メニュー「寒ブリしゃぶ」が今年も登場!

浅草の居酒屋に冬季限定の人気メニュー「寒ブリしゃぶ」が今年も登場!

「佐渡の酒と肴 だっちゃ」は店主の出身地佐渡から独自のルートで食材や地酒を仕入れる、まさしく佐渡産直の店。そして冬場の目玉のひとつがこちら、佐渡寒ブリのしゃぶしゃぶだ。


名古屋エリア限定グルメ情報(53) 全長30センチ! エビの大きさにこだわる名古屋人も納得の「ジャンボ&ジャンボエビフライ」

名古屋エリア限定グルメ情報(53) 全長30センチ! エビの大きさにこだわる名古屋人も納得の「ジャンボ&ジャンボエビフライ」

名古屋めしの一つとして数えられるエビフライ。名古屋だけに何かしらのヒネリをくわえてあると思われがちだが、いたってフツー。全国で食べられているエビフライと何ら変わらない。ただ、どの店もやたらと大きさをウリにしている……。


ランキング


>>総合人気ランキング