MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
沼津港 新宿本店(寿司/新宿)|名物の「生うに富士山盛り」

沼津港 新宿本店(寿司/新宿)|名物の「生うに富士山盛り」

「沼津港 新宿本店」では90円の皿からあるが、本日入荷のおすすめネタは一皿340円~520円(取材時)と少し豪華めの価格帯。ただし各ネタの大きさはとにかく威勢よし!

沼津港 新宿本店(最寄駅:新宿駅)

”天高くウニ肥ゆる”!?ネタの大きさに驚愕

名物の「富士山盛り」シリーズは、鮮度がよく見た目以上に舌が満足する(他に沼津港仕入れの生シラスと桜エビ、各420円がある)。とろけるようなネタの数々に、何皿でも手が伸びてしまう魅惑的な店だ。

生うに富士山盛り
1000円

これでもか、と富士山級に盛られたウニは、臭みが無くぺロっと完食できるはず

金目鯛
520円

高級魚の金目鯛も、豪快な厚さ。口いっぱいに頬張れる

生たこ
340円

吸盤付きの生タコは、繊細ながら風味豊かな味

活ツブ貝
520円

シャキッ、と立った活ツブ貝が新鮮さを物語る。冷凍ツブ貝が苦手な人こそぜひお試しを

沼津港 新宿本店

[住所]東京都新宿区新宿3-34-16 池田プラザビル1階 [TEL]03-5361-8228 [営業時間]11時~22時半LO [休日]無休 [交通アクセス]JR山手線ほか新宿駅東南口から徒歩2分

電話番号 03-5361-8228
2017年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
池袋駅の構内は強豪店が点在する立ち食い寿司の激戦地。2017年6月の開業からまたたく間に行列店に成長したのが東武百貨店内にあるこちら。
更新: 2019-07-10 09:55:10
扉を開ければ真新しい白木のカウンターが目に飛び込んでくる。店の主・石川さんは築地場内で指折りの実力を誇る「岩佐寿し」から独立した。
更新: 2019-05-13 13:52:41
車エビや毛ガニなどの茹で物、穴子やヤリイカなどの煮物、玉子や小肌などの焼き物や〆物…。江戸前の仕事がされたネタが端正に並んだ姿が粋でちょっと惚れ惚れ。
更新: 2019-01-18 12:00:00
ネタとシャリとの一体感こそ、この丼の真骨頂。使用するのは、まったりとしたサーモンに酸味の小肌、歯応えを生むイカやタコなど。
更新: 2019-01-17 18:00:00
色とりどりの華やかな見た目に、まずは食欲をそそられる。たまらず頬張れば、見た目以上の旨さに思わず唸る!
更新: 2019-01-16 18:00:00
最新の投稿
広島に汁なし担々麺の文化を広めたパイオニアが東京に初出店。“広島汁なし担々麺”の代名詞である花椒がたっぷりかかるため、熱々の湯気と共に爽やかな香りが立ち上る。
更新: 2019-07-16 12:00:00
見よ、丼からはみ出したうなぎの迫力を! ひと切れ100g超えが二枚ドドンッ。
更新: 2019-07-15 12:00:00
黒竜江省出身の店主夫婦が営む中国東北部の鉄鍋料理店。テーブルに埋め込まれた鉄鍋に、肉や香味野菜、白菜漬けや板春雨等々を入れ、スープを注いで煮込む。
更新: 2019-07-14 12:00:00
札幌の人気担々麺が東京に進出。店名の“175°”とはラー油を作る温度で、175℃の温度で3時間じっくりスパイスを煮出すことで深い旨みを引き出している。
更新: 2019-07-13 12:00:00
吉祥寺をフラフラしていると、喫茶店やカフェに吸い込まれてしまうおっさん女子である。 都内に好きな店が何軒かあるんだけど、銀座の場合は『K珈琲店』。 ここのカップ&ソーサーは、ウエッジウッドやジノリ、マイセンなどの高級系なのである。さらにお客さんの雰囲気に合わせてカップの柄を選んでくれて、出されるといった具合……。
更新: 2019-07-12 16:05:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt