MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
沼津港 新宿本店(寿司/新宿)|名物の「生うに富士山盛り」

沼津港 新宿本店(寿司/新宿)|名物の「生うに富士山盛り」

「沼津港 新宿本店」では90円の皿からあるが、本日入荷のおすすめネタは一皿340円~520円(取材時)と少し豪華めの価格帯。ただし各ネタの大きさはとにかく威勢よし!

沼津港 新宿本店(最寄駅:新宿駅)

”天高くウニ肥ゆる”!?ネタの大きさに驚愕

名物の「富士山盛り」シリーズは、鮮度がよく見た目以上に舌が満足する(他に沼津港仕入れの生シラスと桜エビ、各420円がある)。とろけるようなネタの数々に、何皿でも手が伸びてしまう魅惑的な店だ。

生うに富士山盛り
1000円

これでもか、と富士山級に盛られたウニは、臭みが無くぺロっと完食できるはず

金目鯛
520円

高級魚の金目鯛も、豪快な厚さ。口いっぱいに頬張れる

生たこ
340円

吸盤付きの生タコは、繊細ながら風味豊かな味

活ツブ貝
520円

シャキッ、と立った活ツブ貝が新鮮さを物語る。冷凍ツブ貝が苦手な人こそぜひお試しを

沼津港 新宿本店

[住所]東京都新宿区新宿3-34-16 池田プラザビル1階 [TEL]03-5361-8228 [営業時間]11時~22時半LO [休日]無休 [交通アクセス]JR山手線ほか新宿駅東南口から徒歩2分

電話番号 03-5361-8228
2017年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
車エビや毛ガニなどの茹で物、穴子やヤリイカなどの煮物、玉子や小肌などの焼き物や〆物…。江戸前の仕事がされたネタが端正に並んだ姿が粋でちょっと惚れ惚れ。
更新: 2019-01-18 12:00:00
ネタとシャリとの一体感こそ、この丼の真骨頂。使用するのは、まったりとしたサーモンに酸味の小肌、歯応えを生むイカやタコなど。
更新: 2019-01-17 18:00:00
色とりどりの華やかな見た目に、まずは食欲をそそられる。たまらず頬張れば、見た目以上の旨さに思わず唸る!
更新: 2019-01-16 18:00:00
駅至近の一等地にありながら、驚異のコスパをたたき出すのが平日昼限定のこの一杯。マグロやホタテ、鯛にアジなど白身や青物、貝類をバランスよくのせている。
更新: 2019-01-15 12:00:00
若き店主・尾嶋さんは、31歳で独立後、名店ひしめく銀座で7年間暖簾を守ってきた。夜は、肴と握りを織り交ぜたおまかせコースのみで、煮る、〆るといった伝統的な仕事に加え、懐石で腕を磨いた経験からくる繊細な和食の技も随所に光る。
更新: 2019-01-13 18:00:00
最新の投稿
春の鉄道旅、全国にはおススメの路線がたくさんあります。 そんななかでも、おおっ! すごいと思うのは、中央本線が走る甲府盆地。 時期は4月上旬、都心の桜から一週間くらい後に、このあたりは桃源郷と呼びたくなるような様子になります……。
更新: 2019-03-25 16:05:00
 旬の味を抜群の盛りでリーズナブルに提供。メニューはフレンチをベースにイタリアンのエッセンスを取り入れ、素材にこだわりあり。
更新: 2019-03-25 12:00:00
 ドイツワインの奥深さに魅了された店主が、現地での研修などを経て2016年にオープン。定番のボトル12種と7~8種の日替わりグラスワインを揃える。
更新: 2019-03-24 18:00:00
グルメ雑誌「おとなの週末」の人気コラム「おいしい往復書簡」掲載店舗。門上武司が関西でおすすめする担々麺をご紹介。
更新: 2019-03-23 12:00:00
 伊勢佐木町商店街の関内駅側出入口から野毛へと抜ける道すがらの一角こそ“バーの街”とも呼ばれる吉田町。そこで木と鉄格子のワイルドなファザードで待ち受けるバー。
更新: 2019-03-22 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt