MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
あそび割烹 さん葉か(和食/岩本町)|産地から届く郷土の恵みを自由な解釈で

あそび割烹 さん葉か(和食/岩本町)|産地から届く郷土の恵みを自由な解釈で

「さんばか」と読む店名の由来は、仲のいい三人組で立ち上げたからだ。和食と日本酒をベースに、お客さんを“食”で楽しませようという意気込みがある。

あそび割烹 さん葉か(最寄駅:馬喰町駅)

使う食材は、独特の食文化を持つ宮崎の秘境・椎葉村の郷土食や白神山地の山菜など、繋がりの深い生産者から届くものが多い。ときには現地に滞在して畑を見たり、山を歩いたり、実際に食文化を体験し、そこで得たものを料理に盛り込む。料理はコースがメインだが単品でもOK。軸足はきちんと和に置きながら、“あそび割烹”の名に恥じぬサプライズな素材の組合わせなど、ここならではの魅力的な料理に出合える。

あんきもの味噌漬け栗、いちぢくの天ぷら、深山特別純米 瓶囲い
(5000円のコースより)

天ぷらは衣に醤油粕を加えているのでそのままで美味しい。冷酒でもお燗でもいける深山と

秋田のみずの実さわもだし丸麦のかわりとろろ
(5000円のコースより)

みずの実のとろみをとろろに見立てた一品

マルマメン工房 五色大豆の自家製納豆マスカルポーネ和え
(5000円のコースより)

浅く発酵させて豆の食感をしっかり残した自家製納豆とまろやかなマスカルポーネが合う

宗玄 純米八反錦無濾過生原酒
1000円(一合)

宗玄酒造は奥能登最古の酒蔵。この酒は香りもありフルーティだが、米の旨みをしっかり感じさせる。冷酒、常温、お燗などどんな飲み方もいけるオールマイティ―なタイプ。

お店からの一言

料理長 小峰太一さん
泉田浩志さん
店長 市瀬賢治さん

「飲んだ後の〆は手打ち蕎麦もおすすめです」

あそび割烹 さん葉か

[住所]東京都千代田区東神田2-6-2 タカラビル2階 [TEL]03-3865-7575 [営業時間]11時半~13時半、17時半~23時LO ※ランチタイム有 [休日]日 [席]カウンター12席、テーブル16席、計28席/全席禁煙/夜は予約可/カード可/サなし、お通し代1000円別(※コースはお通し代込み) [交通アクセス]JR総武本線ほか馬喰町駅6番出口から徒歩5分

電話番号 03-3865-7575
2017年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
練馬の小料理店「あわび亭」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。店名が物語るように、新鮮なあわび料理をオンパレードで味わえる隠れ家だ。で、“活きた”あわびならではの醍醐味を存分に味わえるおすすめが、あわびのしゃぶしゃぶ。[住所]東京都練馬区練馬1-35-1 [TEL]03-3557-7369
更新: 2018-12-04 16:34:55
東京駅の定食店「米どころん 八重洲店」のランチグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。ふっくらツヤツヤのご飯をお腹いっぱい食べたい!そんな時はここを訪れるべし。[住所]東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー 地下1階
更新: 2018-12-03 14:42:35
三軒茶屋「三茶呑場 マルコ」は居酒屋のような雰囲気ながら、ひと手間かけた料理とお酒が楽しめる。米は店主の出身地・新潟県の三大コシヒカリブランドのひとつ「いわふね米」を使用。
更新: 2018-06-15 11:51:52
池尻大橋エリアの和食店「池尻本店 おわん」のおすすめメニューのグルメ記事と写真のページ。おわんを持った時のぬくもり、ほっとできる空間を大切にする店。店主は人との繋がりも大事にしており、滋賀県近江市の契約農家とも厚い信頼関係を紡ぐ。
更新: 2018-09-24 09:19:25
日本橋 米祥(こめしょう)和食/三越前|食感や香りなど味わいの異なる、5種類のブランド米を常時用意する、米が主役の和食店だ。ひたすら米の旨さを追求した炊き方は、自宅では真似のできないプロの技。
更新: 2018-06-12 20:00:00
最新の投稿
皇居は雄大な歴史と自然に触れあえる日本人の心の場。丸の内、日比谷、東京駅からのアクセスもよく、皇居観光や散歩を楽しんだ後は、ランチ・グルメや買い物へも出かけやすい。春は桜、秋は紅葉、四季を通じて楽しめる魅力をご紹介。
更新: 2019-04-24 14:18:43
インド料理店は都内に数あれど、同店はスパイスやハーブの香りが爽やかで鮮烈。それもそのはず、ビリヤニには17種ものスパイスが入り、ランチメニューにはインド現地でも希少な「ジャッキャ」という香り高いスパイスを必ず盛り込んでいるのだという。
更新: 2019-04-24 12:00:00
平成ももうまもなく終わりですが、個人的に“平成っぽい食べ物”と言うと、食べる調味料が浮かびます。 食べるラー油、食べる醤油、食べる味噌などなど……。 ちなみに、私が吉祥寺で食べる調味料を入手するのは、中道通りをちょっと入ったところにある『吉祥寺 千恵蔵さん』に決まっています。
更新: 2019-04-23 16:00:00
黒ゴマをまとい旨みが増したサーモンに、きめ細やかな衣で甘みを最大限に引き出した天使の海老……。素材により4種の衣を使い分け、白絞油でカラリと揚げた串はどれも独創的かつ完成度の高い仕上がりだ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
富山のチューリップの撮影はけっこう難しいことで有名です。 花が見られる時間は長くても数日。 さらに、天気が良くて背景の立山連峰まで美しく見えるという条件がそろわなくてはなりません。 なかなかの難題……。 今回は、ちょっと昔の思い出と、ホタルイカ三昧のお話です。
更新: 2019-04-22 16:01:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt