MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
約50年間、変わらない「トリアノン」の味と盛り付け王道プリン・ア・ラ・モードは、これだ!(ケーキ/大久保)

約50年間、変わらない「トリアノン」の味と盛り付け王道プリン・ア・ラ・モードは、これだ!(ケーキ/大久保)

昭和35年創業の老舗洋菓子店「トリアノン」。高円寺店、三鷹店もあるが、プリン・ア・ラ・モードを楽しめるのは大久保店のみ。大久保店開店の昭和41年からずっとある人気メニューだ。盛り付けも当時のままで、平成の世では見かけなくなったステンレスの専用皿を、今も使っている。[交]JR山手線大久保駅から徒歩1分 ※ランチタイム有

トリアノン(最寄駅:大久保駅)

盛り付けも当時のままで、平成の世では見かけなくなったステンレスの専用皿を、今も使っている。「お客さまにもよく『この皿、まだあったのか!?』と驚かれます」と店長の鈴木一久さん。

プリン
565円

プリンと生クリームは自社工場製。生クリームは今風のもったりとしたタイプではなく、軽い口当たりで、プリンやフルーツとよく合う

玉子サンドイッチ
700円

薄く焼いた玉子焼きをはさんだ「玉子サンドイッチ」と、オーダーを受けてから作る「ジュース」(写真はいちご)もおすすめ

ジュース
670円

トリアノン

東京都新宿区百人町1-18-9 ☎03-3363-1731 [営]9時~21時 [休]無休 [交]JR山手線大久保駅から徒歩1分

電話番号 03-3363-1731
2016年1月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
デパ地下に並ぶようなきらびやかさはない。しかし、飾ることのないルックスと丁寧な職人的仕事ぶりに、下北沢にあった頃を含め20年近く、武内的ケーキNo.1の店。
 最後に戦いを挑んだのは『アリンコ』のロールケーキ。
「洋菓子・喫茶ボンボン」は昭和35年に開店。東区泉にある本店から毎日運ばれる約20種類の洋菓子は、甘みがしっかりしているものの、後味はさっぱりしているのが特徴。なかでも生地にラム酒をたっぷりと染み込ませた「サバラン」(250円)が人気だ。[交]地下鉄桜通線桜山駅8番出口から徒歩2分 ※ランチタイム有
 意外なほど朝ご飯が充実している鎌倉にあって、ここは別格。京都の朝食の名店が今年春に鎌倉店をオープンした。
1948(昭和23)年、店主・河野司さんの父が創業。以来70年、町屋の人たちに愛されている老舗酒場だ。
昭和29年、屋台からスタート。14種の具材を練ったジューシーな餡と、香ばしい皮の絶妙なバランスの餃子はたちまち人気を博し、現在は博多駅近くにビルを構えて営業中。
窯焼きピザとクラフトビールの店。パン職人を経てピザ職人になった店主が作る生地は、小麦粉の配合と寝かせる時間がポイント。
 穴子は、お魚マイスターの資格を持つ魚屋から、東京湾に面した金沢八景のものを使用。ふっくらと柔らかな身質を味わってほしいと、開店以来30年継ぎ足した煮汁で煮上げしたものを握る。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt