天然の地魚のみにこだわった寿司ネタ|にぎにぎ一 八重洲本館(寿司/日本橋)

天然の地魚のみにこだわった寿司ネタ|にぎにぎ一 八重洲本館(寿司/日本橋)

日本前寿し にぎにぎ一 八重洲本館では1貫100円~の価格帯に関わらず、ネタのほぼすべてに国内の漁場で採れた天然地魚を使用している(調査日は天然本マグロのみボストン産)。


日本前寿し にぎにぎ一 八重洲本館(最寄駅:日本橋駅)

養殖魚を一切使わないためネタと価格は日々変動するが、日本中の珍しい地魚を堪能できる。

かつお、あおりいか、天然本まぐろ赤身、きびれ(黒鯛の一種) 100円、100円、200円、100円

日本前寿し にぎにぎ一 八重洲本館

[住所]東京都中央区八重洲1-4-16 東京建物八重洲ビル地下1階 [TEL]03-3527-9946 [営業時間]ランチ11時~14時半LO、ディナー17時~23時(22時半LO)、土ランチ11時~14時半LO、ディナー17時~22時(21時半LO)※ランチタイム有 [休日]日

電話番号 03-3527-9946
2017年11月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


大阪ローカル穴場メシ情報[20] 十三で見つけた立ち食い焼肉屋「カンテキ」が絶品すぎてヤバイ!

大阪ローカル穴場メシ情報[20] 十三で見つけた立ち食い焼肉屋「カンテキ」が絶品すぎてヤバイ!

2014年3月、阪急十三駅西口を出て右手にあった下町情緒あふれる「しょうべん横丁」が火災に見舞われて39店もの飲食店が焼失。 大阪は、風情のある横丁を失ったのだが……、約2年半の歳月を経た今、阪急沿線のサラリーマンやOLたちが立ち寄る横丁に変貌。注目すべき焼肉店も現れた!


期間限定の『週プレ酒場』で鼻の下を伸ばしてきた!(居酒屋/新宿)

期間限定の『週プレ酒場』で鼻の下を伸ばしてきた!(居酒屋/新宿)

青少年が立派な成人男子になる過程で、あらゆることを教えてくれるバイブル的雑誌『週刊プレイボーイ』。中々買うのに勇気が必要でしたが、アレもコレもと本当にお世話になりました。その『週プレ』が創刊50周年を記念して期間限定で開店したのがここ、その名も『週プレ酒場』だ。


東京日本橋で涼むならここ!日本橋でおすすめの老舗のカフェ2店

東京日本橋で涼むならここ!日本橋でおすすめの老舗のカフェ2店

散策の合間に、老舗のカフェでひと休み。江戸文化が薫る日本橋は今も昔も美味しい店が集まっています。品格あるこの街の風情にしっくりと馴染むのは、何といっても和のお店。暑い夏、東京の日本橋で涼むのにおすすめな老舗カフェを2店 ご紹介。


日本橋 まえ田|ご飯が見えないほど穴子たっぷりの釜飯!(魚介・海鮮料理/東京)

日本橋 まえ田|ご飯が見えないほど穴子たっぷりの釜飯!(魚介・海鮮料理/東京)

 ご覧の通り、ご飯が見えないほど穴子が敷き詰められた釜飯に目が釘づけになった人も多いのでは? 期待を裏切らないとはこのこと。


[焼きはまぐりSTAND] ハマグリ料理のグルメ記事と写真(東京駅)

[焼きはまぐりSTAND] ハマグリ料理のグルメ記事と写真(東京駅)

[焼きはまぐりSTAND]はお通しもハマグリ、メニューもほぼハマグリ料理と貝好きにはたまらないハマグリ尽くし。陽気な店長“馬場ちゃん”が切り盛りする立ち飲みは、一度体験したらその楽しさと美味しさにハマること間違いナシだ。[交通アクセス]はJR山手線ほか東京駅八重洲北口から徒歩3分


最新の投稿


コスパ&眺望が抜群!新橋でおすすめのホテルブッフェ!

コスパ&眺望が抜群!新橋でおすすめのホテルブッフェ!

三井ガーデンホテル銀座プレミア レストラン スカイ|天井から床までの大きな窓から望める浜離宮恩賜庭園や銀座の街並み。ホテルの16階に店を構える眺望抜群のこちらは、2017年6月末に前菜のみだったブッフェを、すべてブッフェにしてリニューアルオープンした。


秋葉原の唸るラーメン!「潮 くろ喜」の「特製潮そば」

秋葉原の唸るラーメン!「潮 くろ喜」の「特製潮そば」

行列店『饗 くろ喜』が金曜の限定ブランドを刷新。貝ダシ×ハーブ×スパイスというかつてない試みで、新境地に挑む。


撮り鉄の「食」の思い出(30) 懐かしの京王5000系電車と出雲スイーツ 一畑鉄道/1981年~2018年

撮り鉄の「食」の思い出(30) 懐かしの京王5000系電車と出雲スイーツ 一畑鉄道/1981年~2018年

島根県の宍道湖周辺に敷かれた「一畑電車」。この路線には大手私鉄から移籍してきた電車や、近年一畑オリジナルの新車など、いろいろな電車が走りました。 そのなかでも好きな電車は2100系電車。ちょっと丸い顔をしたかわいい形です……。


観光列車「ろくもん」で辿る幸村ゆかりの長野の食と史跡【後編】

観光列車「ろくもん」で辿る幸村ゆかりの長野の食と史跡【後編】

真田幸村が生きた長野の地を、観光列車に揺られながら、各駅停車で途中下車しながら、愛でる旅に出かけてみませんか。今回は観光列車「ろくもん」のおすすめポイントと、長野駅をご紹介します! 撮影/大西尚明、ツジノワタル(大阪) 取材/飯田 守(幸村)、飯田かおる(ろくもん、上田、長野)、松井さおり(小諸、田中、大屋、長野)


三連休におすすめ!観光列車「ろくもん」で辿る幸村ゆかりの長野の食と史跡【前編】

三連休におすすめ!観光列車「ろくもん」で辿る幸村ゆかりの長野の食と史跡【前編】

真田幸村が生きた長野の地を、観光列車に揺られながら、各駅停車で途中下車しながら、愛でる旅に出かけてみませんか。前編では小諸駅~上田駅をご紹介します!


ランキング


>>総合人気ランキング