MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
【新宿駅 ランチ】ルミネエスト、新宿サブナードのおすすめ5店!

【新宿駅 ランチ】ルミネエスト、新宿サブナードのおすすめ5店!

「新宿駅のランチ」に関する、グルメ取材記事と写真のページ。新宿駅から直結のビルや地下街には多くの飲食店が集まっています。 アクセスの良さはもちろん、使い勝手も抜群。グルメライターが歩いて食べて本当にいいランチを見つけてきました!

駅ビルのランチは2極化が進んでいた

33もの飲食店が入るルミネエストの「7&8ダイナー」
様々な業態のお店が選べるのも魅力だが、多くのお店で16時から17時までお得なランチタイムを実施しているのがポイント。
ただし、全時間グランドメニューでの提供というお店もあるので注意。


一方の「新宿サブナード」は、駅から少し歩くせいか、人出が比較的落ち着いているのが特徴。
とあるお店の方に聞くと、平日はランチタイムでもひとりで店を回せるんだとか。
人口密度の差なのか、ルミネエストの若い年齢層のせいなのか、何となく体感温度までも異なるように感じるのは私だけ!?

レイトランチならルミネエスト、じっくりお店を選び、ゆっくり過ごしたいならサブナードがおすすめだ。

駅の近くで素早く贅沢に食べるなら『ルミネエスト』!

エッグアンドスプーマ

▲特製ふわふわオムレツプレート 1380円
(グリルチキン、鶏グラスソース)

メレンゲが入ったふわっふわで繊細な口当たりの特製オムレツとオムリゾットが人気の『エッグアンドスプーマ』。オムレツには「スパイスカレー」など、5種類の個性あふれるソースを選択。チキン南蛮やハンバーグなど5タイプの鶏料理(1380円〜)を選び、プレートで提供される。ランチはドリンクが300円とお得だ。


[住所]東京都新宿区新宿3-38-1 8F [TEL]03-6273-0255 [営業時間]11時~23時(22時LO、ランチは17時まで) [休日]施設に準ずる

しゃぶしゃぶ野の豚 TONVEGE

▲豚しゃぶランチ 1080円

ガッツリ派の味方といえる『しゃぶしゃぶ野の豚 TONVEGE』。たっぷりの野菜とロース・バラ肉計90gの豚しゃぶを提供する、最上級のコスパを誇るランチが愉しめる。ドリンク付きの上、ご飯はお替わり自由なのもうれしい。タジン鍋で蒸された「ポットランチ」(1296円)や「たまごかけかつ煮」(1274円)の他、「豚しゃぶ食べ放題」(1750円)もある。


[住所]東京都新宿区新宿3-38-1 7F [TEL]03-5360-7135 [営業時間]11時~23時(入店は~21時半、ランチは16時まで) [休日]施設に準ずる

THE SMILE

▲アボカドモッツァレラバーガー 1436円
(ドリンク、ベビーリーフサラダ付き/昼)

原宿の人気店「ザ グレート バーガー」がプロデュースする、ルミネエストの中でも高い人気を誇るアメリカンダイナーの『THE SMILE』。すべてのバーガーとサンドイッチに付くフレンチフライ、ホワイト・胚芽・ブラウンの3種を揃えるサンドイッチのパンなど、自分好みに選べる。トッピングも豊富で自由にカスタマイズできるのがうれしい。店内で手作りされるスイーツは、食事代わりにもできるほどボリューム満点。インテリアにもこだわった店内は、ポップとヴィンテージが共存する、駅ビル内とは思えない洒落た空間だ。


[住所]東京都新宿区新宿3-38-1 7F [TEL]03-3353-5071 [営業時間]11時~23時(22時LO、ランチは16時まで) [休日]施設に準ずる [席]全席禁煙/平日の5名以上のみ予約可/カード可/サなし


喧騒を離れてゆったりとくつろぐなら『新宿 サブナード』!

新宿 秀山

▲秀山セット 1240円
(フカヒレ丼・担々麺ハーフ)

フカヒレと担々麺がメインの『新宿 秀山』。やさしい味わいの「フカヒレ丼」と、濃厚なゴマが香る「担々麺」のセットはランチタイムのみ。その他、回鍋肉など4種の定食セットは820円で提供。「坦々つけ麺」(950円)や「味噌担々麺」(980円)など独自メニューも豊富だ。13時半から17時までは、コーヒーまたはウーロン茶がサービスとなる。


[住所]東京都新宿区歌舞伎町1-2-2 [TEL]03-3354-6347 [営業時間]11時~22時半(22時半LO、ランチは17時まで) [休日]施設に準ずる

ハンバーグ&ステーキ バンビ

▲ゴールデンMix 1150円
(生姜焼、和牛ハンバーグステーキ、海老フライ、カニクリームコロッケ、ライス、スープ)

サブナードで一番老舗の洋食店『バンビ』。店で仕込んだジューシーなハンバーグなど、ホッとする懐かしい味わいだ。ランチメニューは680円から6種類あり、メインにコンソメスープとライスまたはパン付き。レシートを見せると、次回はウーロン茶またはコーヒーのワンドリンクサービスも。期間限定でお得なメニューも提供する。


[住所]東京都新宿区歌舞伎町1-2-2 [TEL]03-3355-5039 [営業時間]11時~22時半(22時LO、ランチは15時まで) [休日]施設に準ずる


このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
人気グルメ情報誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で発見したランチ情報のまとめ記事です!みなとみらいエリアや横浜駅周辺は取り上げられることが多いですが、ここでは市内全域を隈無く駆けずり回って、真におすすめのお店のみを厳選しました!
吉祥寺エリアで絶対に外せないお昼ごはんとは?!人気グルメ情報誌「おとなの週末」の編集スタッフが食べ歩いて見つけた、安いお店はもちろん、ひとりで気軽に入りやすい所、子連れOKの所など、ぜひ行ってほしいおすすめのお店を厳選してまとめました。
おしゃれで色んなジャンルの飲食店が集まっている神楽坂エリアの「お得ランチ」を一挙ご紹介!おとなの週末のグルメライターが実食調査した結果、夜は敷居が高いけれど、お昼になら入りやすい和食店、高級な肉、イタリアンなどがたくさん見つかりました!
食通が集まるグルメ激戦区、浅草エリア!テレビや雑誌など数々のメディアでも紹介された有名店から隠れ家的なお店まで、グルメライターが新旧の名店を食べ歩いて見つけた、国内外の観光客誰しもに、自信をもっておすすめしたいランチ情報を一挙ご紹介!
おしゃれな街「恵比寿」のランチ情報をまとめました。すべて人気グルメ雑誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査をして発見した、自信をもっておすすめできるお店ばかり!おしゃれなお店からひとりでも気軽に入りやすいお店まで、一挙ご紹介します!
赤々と炭を熾した囲炉裏がこの店の舞台。その周りに置かれた席に腰をかければ“三九劇場”の幕が上がる。
初めて訪れたときは、こんな場所に「お店が⁉」と正直驚いた。 言ってみれば鶴橋商店街のダンジョンから抜けてたどり着いた酒場という印象。 それが「よあけ食堂」だった……。 創業74年。長いカウンター席が特徴的で、一品料理から鍋、洋食など、さまざまな料理が楽しめる名店だ。
ラム肉も豚肉もしゃぶしゃぶに程よい厚みにカットされ、食べ応えがあるのがうれしい。「北海道」だからか、ダシに入っている昆布が立派だった。
店主の杉本さんは“ラーメンの鬼”と呼ばれた故・佐野実氏の下で約4年間修業した経歴の持ち主。旨い一杯への情熱は師匠譲り。
静かな北鎌倉は夜になるといっそうひっそりとする。通りからさらに少し引っ込んだ『こころや』は、知らなければまず辿りつけない。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt