MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
絶品ご当地料理が味わえる!日本橋で郷里の味に舌鼓

絶品ご当地料理が味わえる!日本橋で郷里の味に舌鼓

美味しさの参勤交代!?江戸の粋ばかりでなく、各都道府県のアンテナショップもあり、また郷里の味も楽しめるのが日本橋界隈。ある人には懐かしき味の店として、またある人には秀逸な和食の店として楽しめる店を、まずは探してきました。

京の馳走 はんなりや【京都】

日本橋のど真ん中で味わう "本物"の京料理に心酔する

季節の八寸 (コースの1品・単品注文は事前予約で1620円~)
内容は変わる。11880円のコースのひと品だが、予約すれば単品注文も可。京都で定番の鯖寿司のほか鱧の肝煮など心も華やぐ品々だ

『京の馳走 はんなりや』は、2階の店へと続く階段を進むとお香がほのかに漂い、店内に入れば凛とした空気が心地いい。カウンターには大鉢のおばんざい、メニューを開けば京の味覚が勢ぞろい……そう、ここは日本橋の小京都。
腕をふるうのは祇園で修業した店主の松上さんだ。主な食材は地元の市場から直送し、ちりめんじゃこや生湯葉もすべて手作り。

手前:冷やし鉢 1296円
奥:鰊と茄子 1296円


この日の冷やし鉢には関東ではあまりお目に掛かれない白芋茎も入る


東京都中央区日本橋室町1-11-15 UNOビル2階 [TEL]03-3245-1233 [営業時間]11時半~14時(料理が無くなり次第終了)、17時半~22時(21時半LO)、土17時半~21時半(21時LO)※ランチタイム有  [休日]日・祝・土は月2回不定休(第1・3月のランチは休み) [席]カウンター8席、テーブル8席、個室3室 計30席/全席禁煙(個室は喫煙可)/予約可(昼は席のみの予約不可)/カード可/サ10%、お通し(先付)972円別 [交通アクセス]地下鉄半蔵門線ほか三越前駅A1出口から徒歩3分

日本橋 三冨魯久汁八【青森】

青森全土から集まった解散の素材の魅力があふれ出す

お肉(青森シャモロックの炭火焼)、椀物(ふじつぼのお吸い物)、焼物(竜飛のまぐろ漬け焼)
マグロの漬け焼きは行者ニンニクの醤油漬けと一緒に。お椀の磯の香り、シャモロックの食感も実に◎

「青森の郷土料理というわけではなくて、青森の食材を使った料理です」と『日本橋 三冨魯久汁八』の店主の石沢さん。三方の海、山に囲まれ、水にも恵まれた青森の食材、その素晴らしさを発信したいというのが願いだ。料理はそんな素材を活かした「おまかせ」(5000円~)だ。

お造り、ほやの酢の物

ホヤと大間のもずくの酢の物。お造りは6種。いずれも新鮮そのもので海の香りを感じる


[住所]東京都中央区日本橋室町1-11-6 [TEL]03-6202-3618 [営業時間]月~金11時~15時、17時半~22時半 土・日・祝11時~15時 ※ランチタイム有  [休日]不定休 [席]1階カウンタ-8席、2階座敷18席 計26席/全席喫煙可/予約可/カード可/サなし・お通し500円 [交通アクセス]地下鉄半蔵門線ほか三越前駅A1出口から徒歩1分

奈良旬菜 創作料理 あをによし【奈良】

知られざる奈良の食材の魅力を多彩な旨酒とともに!

炙り柿の葉寿司 842円
ひと手間かけて炙ってある、鯖と鮭、二種類の柿の葉寿司が旨い。お米は吉野川の源流で水の美味しい川上村産

日本橋にある奈良県のアンテナショップ「奈良まほろば館」。その運営に携わってきた面々が、「実際に奈良の食の提案を楽しめる場所を」ということで2016年11月に実現したのがこちらの『奈良旬菜 創作料理 あをによし』だ。シェフはフレンチ出身で、和食経験の長いスタッフも加わり、奈良の食材と酒を活かした料理が新鮮だ。

倭鴨のすき焼き 一人前 3758円(写真は二人前)

やわらかく旨みのある脂がのった倭(やまと)鴨のロースとつくねをすき焼きで。
薬味には香りのいい大和当帰葉の入った“八味”を


東京都中央区日本橋室町1-12-14 [TEL]03-6262-5424 [営業時間]11時~14時(土はなし)、17時~23時半(22時半LO、ドリンク23時LO)※ランチタイム有  [休日]日・祝 [席]1階カウンター10席、2階テーブル27席 計37席/1階は禁煙/予約可/カード可/サ・お通しなし [交通アクセス]地下鉄半蔵門線ほか三越前駅A1出口から徒歩1分

越後の蔵 にほんばし 越州【新潟】

淡麗辛口滋味深い新潟の酒と郷土が育んだ酒肴の妙を

日本海のど黒塩焼き 時価(4000円前後)
食べ応えも旨みも充分なのど黒。白身ながら濃厚な味わいで品のいい脂が旨い

日本橋の「越後の蔵 にほんばし 越州」は久保田で有名な新潟の朝日酒造が経営。
越州は千秋楽という食用米を復活させて醸した酒で、同社の基本“食中酒”として料理に寄り添う味わい。と同時に、新潟の食を味わってもらおうというのが狙いだ。

越州 酒三昧(呑み比べ) 1500円

左から弐乃越州(吟醸)、悟乃越州(純米大吟醸)、参乃越州(純米吟醸)。
軽快かつふくらみのある飲み口だ


東京都中央区日本橋2-2-16 共立日本橋ビル地下1階 [TEL]03-6225-2630 [営業時間]11時半~14時(13時半LO)、17時~23時(22時15分ドリンクLO)※ランチタイム有  [休日]土・日・祝 [席]カウンター8席、テーブル・座敷52席 計60席/カウンター席のみ禁煙/予約可/カード可/サなし・お通し500~700円別 [交通アクセス]地下鉄東西線ほか日本橋駅B3出口から徒歩1分

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
ここではグルメライターが厳選した「銀座のおすすめカフェ」の情報をお届けします。ショッピングや食事を楽しんだら、ちょっと一息つきたくなるも。おいしいスイーツや甘味はもちろん、ランチタイムや夜にも利用できる、魅力の詰まったお店ばかりです!
都内屈指の人気エリア・新宿で、絶対に外せない【カフェ(喫茶店)】の情報を、厳選してまとめました!おしゃれな所はもちろん、ゆっくり過ごせる穴場的なお店もあり。人気メニューの写真や地図も載せて、分かりやすくご案内します。
826views エリア特集
海鮮の宝庫「千葉県」!東京からのアクセスも良く、気軽に訪れることができる距離ながらもちょっとした旅気分も味わえる、魅力的なエリアですよね。ここではお寿司やうなぎなどの和食を中心に、評判でお得なランチをまとめました。
都内の飲食激戦区の1つ新宿三丁目エリア!グルメ雑誌「おとなの週末」のライターが実際に食べ歩いて見つけた「この質やボリュームでこの価格!」という感動ランチを厳選!圧巻のイタリアン、お得な刺身定食、気軽な中華店まで多種多様、早速ご覧ください♪
旨い酒と料理を堪能できる、魅力的なお店がたくさんある吉祥寺。ここではグルメライターが厳選したおすすめ店をご紹介します!新世代の注目店と昭和を感じる名店が揃った「ハーモニカ横丁」の体験記もあり!思わずはしご酒したくなるかも?!
今回はパスタについてのお話。なので、紹介する商品が必ずしもベストな選択ではないかもしれないけれど、「ダイエット中の炭水化物はパスタもおすすめですよ〜」、「パスタを選ぶときはここに注意しましょう!」といった話をしますので、ぜひ参考にしてください。
377views 脱メタボ
和食の安在さん、イタリアンの中澤さん。このふたりがキッチンから得意技を繰り出す、ちょっと個性的な店だ。
前身の醤油屋から合わせると120年以上の歴史を持つ老舗だ。だが、店構えにも店内にも堅苦しさはまったくない。
小学校時代、私はトーストしていない食パンが大嫌いだった……。 そして小学校を卒業する時に誓ったのでした……。「もうトーストしていない食パン(サンドイッチは除く)は二度と食べない!」と。 しかし、今は21世紀で、令和で、食パンブーム……。 最近、生で食べても美味しい“生食パン”っていうのがあるらしいじゃない……!
話題のブティックホテルの1階ラウンジにあるバーは、従来のホテルバーとは全く異なる開放的な空間。オリジナルカクテルはチーフバーテンダー・齋藤隆一さんと水岸直也さんによるもので、環境への配慮や地元貢献など、ホテルの5つのコンセプトに沿ってデザインされている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt