MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
行列続々!新宿駅のモーニング!わざわざ行きたいおすすめモーニング4店!

行列続々!新宿駅のモーニング!わざわざ行きたいおすすめモーニング4店!

グルメライターが新宿駅で見たモーニングの行列!新宿駅から直結のビルや地下街には多くの飲食店が集まっています。アクセスの良さはもちろん、使い勝手も抜群。しかし、どこが美味しいのかわかりにくいものです。そこで、グルメライターが歩いて食べて本当にいいモーニングの店を見つけてきました!

『Mr.FARMER』でヘルシーモーニング!

▲ほうれん草とベーコンのクロックムッシュ(ドリンク付き/朝) 1026円
FARMER’S コブサラダ アガベドレッシング(ドリンク付き/朝) 1134円
コールドプレスジュース[チャージ] 864円

日本全国50以上の契約農家から直送される野菜をたっぷり食べられるカフェ『Mr.FARMER』。野菜は食べることを通して旬を感じられるのもひとつの魅力。

朝食メニューはドリンク付き。一番人気の「クロックムッシュ」はほうれん草とチーズがたっぷり。
「コブサラダ」は、チキンやスモークサーモンなどものり、これだけで満足感を得られるボリューム。
「コールドプレスジュース」は人気で売り切れ注意!

「ウォーターバー」は4種類。レモンだけでなく、ズッキーニやセロリなど野菜や果物を組み合わせている。


[住所]東京都新宿区西新宿1-1-3 小田急新宿ミロード モザイク通り [TEL]03-3349-5731 [営業時間]9時~23時(22時LO) [休日]施設に準ずる [席]2席×12卓、4席×10卓(うちテラス席4卓) 計64席/全席禁煙/17時以降は予約可/カード可/サなし [交通アクセス] JR新宿駅から徒歩1分

『カレーハウス 11イマサ』で朝カレー!

▲ミニカレー 290円

『カレーハウス 11イマサ』は1日1000人以上が利用するという人気カレー店。チキンやポーク、キーマなど全6種のルゥを置く。写真のミニカレーのルゥはビーフ。深いコクの中にスパイスが光る。カレー以外に「モーニングプレート」があり、400円から。


[住所]東京都新宿区西新宿1丁目 新宿南口地下街1号 京王モール

『粥餐庁』で胃に優しい朝食を!

▲干し海老とザーサイのおかゆ(お茶付き) 390円

『粥餐庁』で食べられる、消化にいいお粥は朝食にもピッタリ。干しエビの旨みが滲み出たお粥はじんわりと体に染み入るようなやさしさ。味付け済みだが、薄味や熱々などのリクエストも可。ウーロン茶とジャスミンティーはセルフサービス。


[住所]東京都新宿区西新宿1丁目 新宿南口地下街1号 京王モール

『ベルク』でトーストモーニング!

▲モーニングプレート 486円

新宿東口のカフェ『ベルク』。天然酵母トーストと自然卵、マイスター特製ポークハムのセット。小麦の香りがしっかりするトースト、深みがあるがすっきりとしたホットコーヒーがピッタリ。モーニングサービスは朝7時から12時まで実施している。


[住所]東京都新宿区新宿3-38-1 ルミネエスト新宿店 B1F

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
人気グルメ雑誌『おとなの週末』のライターが、実際に食べ歩いて調査したランチ情報!ラーメン、ハンバーグ、カレーなどの人気ジャンルから、「本当に美味しいお店」だけを厳選しました。仕事の合間にひとりで訪れるのにちょうど良いお店もありますよ!
ここではグルメライターが厳選した「銀座のおすすめカフェ」の情報をお届けします。ショッピングや食事を楽しんだら、ちょっと一息つきたくなるも。おいしいスイーツや甘味はもちろん、ランチタイムや夜にも利用できる、魅力の詰まったお店ばかりです!
都内屈指の人気エリア・新宿で、絶対に外せない【カフェ(喫茶店)】の情報を、厳選してまとめました!おしゃれな所はもちろん、ゆっくり過ごせる穴場的なお店もあり。人気メニューの写真や地図も載せて、分かりやすくご案内します。
1842views エリア特集
海鮮の宝庫「千葉県」!東京からのアクセスも良く、気軽に訪れることができる距離ながらもちょっとした旅気分も味わえる、魅力的なエリアですよね。ここではお寿司やうなぎなどの和食を中心に、評判でお得なランチをまとめました。
都内の飲食激戦区の1つ新宿三丁目エリア!グルメ雑誌「おとなの週末」のライターが実際に食べ歩いて見つけた「この質やボリュームでこの価格!」という感動ランチを厳選!圧巻のイタリアン、お得な刺身定食、気軽な中華店まで多種多様、早速ご覧ください♪
フルーツブランデーは果物から造られるヨーロッパの蒸留酒だが、日本では認知度の低い存在。世界的にも専門バーはほとんどないという。
創業は戦後間もなく。料亭からはじまり40年ほど前から、関西風うどんすきを出しはじめた。色とりどりの具材は、鶏肉、ハマグリ、湯葉、練り物、野菜など約20種類。
三軒茶屋のすずらん通り沿いにあるバー。3階はオーセンティックなバーだが、2階はクラフトジンを中心としたボタニカル・バーで、雰囲気も接客もカジュアル。
一歩入れば"榎本劇場"の始まりである。音楽は寿司屋らしからぬジャズ。目の前で活きエビを捌いて握るなどカウンターで熟練の技を魅せるのは店の主、榎本さんだ。軽妙な語りも加わり客の気分を盛り上げてくれる。
2016年に開業するや、『ミシュランガイド東京』で、2018、2019一ツ星を獲得した南俊郎シェフの店。テイクアウトで点心や中国茶を販売。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt