MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
新橋で本物をとことん追求した斬新なカレー南蛮|新橋てんか(そば/新橋)

新橋で本物をとことん追求した斬新なカレー南蛮|新橋てんか(そば/新橋)

「新橋てんか」は天ぷら蕎麦前とカレー南蛮の店として心機一転オープン。鰹節の香りが鼻をガツンと刺激する力強いスープに負けない存在感のある極太の蕎麦で、麺に絡みながら濃縮された魚介の旨みが溢れ出す。

新橋てんか(最寄駅:新橋駅)

食べ進むにつれ、蕎麦の風味が馴染んでチーズのようなコクも出現する。「カレー南蛮専門で極めているところがないので挑戦しようと思った」との言葉通り、ここまでやるのかと驚きの連続だ。このこだわりは、蕎麦前あっての蕎麦との考えから、酒のつまみも一切妥協なし。つまみを食べ過ぎてしまったときのために、カレー南蛮はハーフサイズ540円もある。酒の〆はもちろん、1軒目のつもりが〆までいってしまうかも。

昔ながら カレー南蛮
734円

新生 カレー南蛮
842円

うどんのために考え抜かれた「新生 カレー南蛮」(842円)。ベースのスープは牛テール、スジ肉、バラ肉の旨みが濃厚

小皿 de 蕎麦前
702円

板わさ、珍味、お造り、鴨ロースを合わせた「小皿 de 蕎麦前」(702円)。中でも鴨ロースのジューシーさは感動ものだ

新橋てんか

[住所]東京都港区新橋3-14-7 [TEL]03-6432-0285 [営業時間]11時~15時、17時半~23時半(23時LO)、土は夜のみ ※ランチタイム有 [休日]日・祝 [席]20席/全席禁煙/予約可/カード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]JR山手線ほか新橋駅烏森口から徒歩4分

電話番号 03-6432-0285
2017年12月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
厳選した北海道産の蕎麦粉を石臼で挽いたこだわりの蕎麦はもちろん、四季を感じる食材を使った料理で一杯やるのがいい。お茶割りも「そば茶割り」「抹茶割り」「玉露割り」「ウーロンハイ」「黒ウーロンハイ」と充実。
更新: 2019-03-05 18:00:00
郷土料理を肴に酒盃を傾け、板蕎麦で〆る。山形の豊富な山海の恵みを看板に、3月にお目見えしたばかりの新店だ。
更新: 2019-02-16 12:00:00
この店を訪れるなら刺身類はぜひ注文されたし! というのも、築地のみならず、契約する三浦の漁師から水揚げしたばかりの新鮮な魚介を日々仕入れているのだ。
更新: 2019-02-15 12:00:00
『かんだやぶそば』から暖簾分けした『杉並やぶそば』が、今年1月に赤坂サカスのダイニングに新店をオープン。「そば遊膳」と銘打ったコースには、カンピョウや玉子焼きを具に風味豊かな海苔で巻いた「そば寿司」や、もっちり感と溢れ出す香りを楽しめる「そばがき」など、伝統の蕎麦料理を盛り込んでいる。
更新: 2019-02-14 12:00:00
店で手作りする濃厚な生湯葉に、しっとり仕上げた鴨のロースト、そして彩り野菜をあしらったカルパッチョと、コース口開けの前菜から、その出来映えに惚れ惚れ。続いてやってくる滋味あふれる椀物や、季節の一品料理でさらに心をつかまれたところで真打ちの登場だ。
更新: 2019-02-13 12:00:00
最新の投稿
春の鉄道旅、全国にはおススメの路線がたくさんあります。 そんななかでも、おおっ! すごいと思うのは、中央本線が走る甲府盆地。 時期は4月上旬、都心の桜から一週間くらい後に、このあたりは桃源郷と呼びたくなるような様子になります……。
更新: 2019-03-25 16:05:00
 旬の味を抜群の盛りでリーズナブルに提供。メニューはフレンチをベースにイタリアンのエッセンスを取り入れ、素材にこだわりあり。
更新: 2019-03-25 12:00:00
 ドイツワインの奥深さに魅了された店主が、現地での研修などを経て2016年にオープン。定番のボトル12種と7~8種の日替わりグラスワインを揃える。
更新: 2019-03-24 18:00:00
グルメ雑誌「おとなの週末」の人気コラム「おいしい往復書簡」掲載店舗。門上武司が関西でおすすめする担々麺をご紹介。
更新: 2019-03-23 12:00:00
 伊勢佐木町商店街の関内駅側出入口から野毛へと抜ける道すがらの一角こそ“バーの街”とも呼ばれる吉田町。そこで木と鉄格子のワイルドなファザードで待ち受けるバー。
更新: 2019-03-22 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt