大阪の味噌屋『天満屋』が前身、4代続く老舗。赤坂で松茸専門店として開業

大阪の味噌屋『天満屋』が前身、4代続く老舗。赤坂で松茸専門店として開業

赤坂 松葉屋(和食/赤坂)|大阪・梅田の味噌屋『天満屋』を前身として創業し、4代続く老舗。1976年にここ赤坂で松茸専門店として開業した。


赤坂 松葉屋(最寄駅:赤坂駅)

存在感のある松茸たっぷりのご飯がランチはおかわり自由!

現在の店舗は、料亭だった建物の趣を残したままリニューアルした贅沢な空間。夜は飛騨牛などを使った「松茸づくし会席」が7560円(サ別)~があるが、ランチなら大きくカットされた松茸がたっぷり入った炊き込みご飯がおかわり自由! 鯛をベースにコンブとカツオ少々を利かせたダシで炊いた松茸ご飯。鶏そぼろと油揚げでコクを足している。予約で席が埋まってしまうことも多いので注意。

黒毛和牛すき焼き御膳(100g) 2160円

一頭買いした黒毛和牛を使用したすき焼き。柔らかで脂のりのいい肩ロースにすっきりめの割下が抜群。小鉢や付け合わせ類などは日替わり。入口では、このゴボウの牛肉巻きのほか、鯛茶漬けなどの加工品を購入できる

三元豚ロース西京焼御膳 1620円

元・味噌屋のプライドを誇るしっとりジューシーな西京漬焼。限定10食の御膳

お店からの一言

店主 宮南 譲さん

「特殊な冷凍技術で一年中美味しい松茸ご飯をどうぞ」

赤坂 松葉屋

[住所]東京都港区赤坂3-13-16 [TEL]03-3583-9595 [営業時間]11時半~14時(13時半LO)、17時半~22時(20時最終入店)※ランチタイム有 [休日]土・日・祝 [席]84席/(昼)全席禁煙、(夜)個室のみ喫煙可/予約可/カード可/夜のみサ10%、夜・単品のみお通し代864円別 [交通アクセス]地下鉄千代田線赤坂駅1番出口から徒歩1分

電話番号 03-3583-9595
2017年12月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


最高の環境で「白米」を食べられる!東京都内の名店 5店

最高の環境で「白米」を食べられる!東京都内の名店 5店

【焼き肉から和食まで 至高の銀シャリ】炊き込みご飯もいいけど、白いご飯も食べたい!王道の定食のみならず、白米が評判の店を聞けば、ジャンルを問わず大調査。結果、焼き肉店まで範囲が拡大。お供も美味しい、最高の環境で白米を食べられる名店をお届けします。


赤坂『長太郎』で、なめらかなのど越しの「稲庭うどん」を堪能!

赤坂『長太郎』で、なめらかなのど越しの「稲庭うどん」を堪能!

 店主の藤原耕治さんが地元秋田から取り寄せている稲庭うどんの特長は、「なんと言ってものど越しとなめらかさ」。その言葉通り、細身でつるっとしていくらでもいけそうな食感は、ならではの旨さだ。


中目黒の隠れ家レストランの「鴨肉のすき焼き」-ナカモグロ

中目黒の隠れ家レストランの「鴨肉のすき焼き」-ナカモグロ

中目黒のすき焼き店「鴨とワイン Na Camo guro」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。中目黒の駅近ながら、実は隠れ家レストランだ。路地裏にある小さな扉を入ると、お洒落な空間がパッと現れる。[住所]東京都目黒区上目黒1-20-5 [TEL]03-5725-3378


とみたや(新宿/すき焼き)ー新宿でA5ランクの「すき焼き」を満喫!

とみたや(新宿/すき焼き)ー新宿でA5ランクの「すき焼き」を満喫!

新宿のすき焼き、しゃぶしゃぶ店「とみたや」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。もとは松阪牛の本場、三重県出身の初代が肉の卸業を営み、さらに虎ノ門で店を構えたのが始まり。3代目となる今も、長年の信頼関係と目利きゆえ、いい肉を安く仕入れられるのが自慢だ。[住所]東京都港区新橋4-15-1 岩崎産業ビル2階


秋の最強グルメ、旬の食材×新米の【炊き込みご飯】を都内で食す!

秋の最強グルメ、旬の食材×新米の【炊き込みご飯】を都内で食す!

お待ちかね。新米の登場で、ご飯の美味しい季節です。特に旬の食材を使った炊き込みご飯はたまらない旨さ。ほっかほかの銀シャリや持ち帰りで食べたいおにぎりまで、とにかく旨い“秋味ごはん”を探してきました!


最新の投稿


奄美大島の郷土料理『なつかしゃ家』

奄美大島の郷土料理『なつかしゃ家』

“あんま”(お母さん)と親しみをこめて呼ばれるのが、店を切り盛りする恵上イサ子さん。島の中学校の校長を定年退職後、奄美独特の食文化を次の世代に伝えたいと、料理人へ転身した。


至福の鯖百選[6] 「もう1杯」が無限になる!?  ビールに最強の「サバグルメ」でカンパイ!

至福の鯖百選[6] 「もう1杯」が無限になる!? ビールに最強の「サバグルメ」でカンパイ!

ここしばらく「サバグルメ洋風化現象」が起きているなか、「サバと洋酒」シーンがもっと盛り上がってもいいはずだ。 サバと洋酒を極めなければ!と思っていた矢先に、ビッグニュースが飛び込んできた。なんと、キリンビールのビアレストラン『キリンシティ』が最高にビールに合う「サバ料理」を開発! これは行くしかない!!!


落合の豆腐屋『小野田豆腐店』

落合の豆腐屋『小野田豆腐店』

 ご近所さんやお使いの子どもたちが続々と訪れる、一見普通の“街のお豆腐屋さん”だが、手間暇かけて丁寧に作られた絶品の豆腐がいただける。四代目の小野田滋さんが北海道産「音更大袖振」と出合い、大豆に魅せられ作ったのは「四代目 絹」。


築地の豆腐屋『とうふ杉寅』

築地の豆腐屋『とうふ杉寅』

 近隣住民が買いに来るだけでなく、50軒を超える銀座の名店や料亭などにも豆腐を納めている店。ここではプロの舌も唸らせる逸品が手に入る。


名古屋エリア限定グルメ情報(60) たまり醤油の濃厚なコクとほのかな甘さがクセになる「チャーシュー中華そば」

名古屋エリア限定グルメ情報(60) たまり醤油の濃厚なコクとほのかな甘さがクセになる「チャーシュー中華そば」

名古屋には、味噌かつや手羽先、きしめんなど安くて旨いB級グルメは数多くあるが、ご当地ラーメンは存在しない。 そんななか、将来的に名古屋のご当地ラーメンとなる可能性を秘めたラーメンを出す店を発見した。それが『濃厚中華そば 佐とう』だ。


ランキング


>>総合人気ランキング