MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
ニット|純喫茶&ホットケーキ好きなら一度は訪れたい名店(喫茶店/錦糸町)

ニット|純喫茶&ホットケーキ好きなら一度は訪れたい名店(喫茶店/錦糸町)

“溶ける途中で落ちないように”、とバターを爪楊枝でとめた「ニット」のホットケーキは、純喫茶好きの間では有名だ。創業51年目。週末には家族連れの姿も目につく。平成生まれの子どもたちにも受け継がれている、まさに昭和の味だ。ニット[交]JR総武線ほか錦糸町駅から徒歩約4分 ※ランチタイム有

ニット(最寄駅:錦糸町駅)

ホットケーキ
750円

高さ8cmほどあるが、大判焼きの皮をふっくらさせたような軽い食べ心地で、実に美味しい! ドリンク付き

フルーツポンチ
750円

「フルーツポンチ」も懐かしい昭和なメニュー。

ニット

[住所]東京都墨田区江東橋4-26-12 小澤ビル1階 ☎03-3631-3884 [営]月〜土8時~20時、日・祝8時〜18時 [休]指定の日・祝 [交]JR総武線ほか錦糸町駅から徒歩約4分

電話番号 03-3631-3884
2016年1月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
【閉店】神楽坂『マドラグ』|京都の喫茶店『マドラグ』は、伝説の洋食店『コロナ』から受け継いだ玉子サンドが有名。神楽坂の店でしか食べられないのがこのカツサンド。
更新: 2019-04-26 09:29:56
電気機器専門のパーツ店やエンタメ系カフェが並ぶ通りの中に佇む、琥珀色の喫茶店。1984年に4代目の店主となった中村光雅さんは、ほぼ毎日お店を開けている。
更新: 2018-12-15 12:00:00
JR駅周辺の再開発地域が別世界に感じられる、どっしり落ち着いた外観。一説によれば、店が入るビルは築100年にもなるとか。
更新: 2018-12-14 18:00:00
高円寺『サルトリイバラ喫茶室』|印象的なブリティッシュグリーンの壁の色、明治~昭和にかけて作られたデッドストックのカップ。男性ひとりで訪れても絵になる空間でいただけるのは、国内各地で作られた無農薬の国産紅茶(和紅茶)だ。
更新: 2018-12-08 12:00:00
紅茶と共に、食事もしっかり食べられるお店。例えば、人気の「喫茶おとらの魯肉飯」。
更新: 2018-12-07 12:00:00
最新の投稿
家庭で簡単に、プロ並みのだしがとれるという、だしポットを発見!  なんと、急須でお茶をいれる容量でだしが取れるらしい!  料理番組でも、料理本でも、レシピに「だし○カップ〜」というコトバが出てくるだけに、 だしをマスターしなければ、お料理上手な奥さまにはなれんばい……!
更新: 2019-04-26 16:05:00
毎度おなじみ、コンビニ最強ダイエット食のサラダチキンです(笑)!  今回は、わりと王道的な感じで、食べる前から「これはアリでしょ!」という印象なのに、なぜか今まで売ってなかった明太子味。 ファミマは新しいフレーバーを定期的に出してくれて、サラダチキンに飽きちゃったはずの自分もついつい買ってしまう……。
更新: 2019-04-26 16:00:00
147年続く老舗ハンコ屋がオープンさせたワインバー。女性ひとりでも入りやすい雰囲気ながら、日本やフランスのワインが200種以上揃うなど、かなり本格的。
更新: 2019-04-26 12:00:00
大阪富国生命ビルの地下2階。 この場所を聞いただけでピンときた方はかなりの食通だ。 約100mほどある板張りの床には名店ばかりが連なり、「ミッテラン2世」はその中央に位置する。昼飲みできる飲食店がズラリと並ぶエリアでもある……。
更新: 2019-04-25 16:03:00
 恵比寿で9坪のコーヒースタンドから始まった『猿田彦珈琲』。開業してわずか7年だが、その躍進ぶりがスゴイ。
更新: 2019-04-25 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt