三越前にひたすら米の旨さを追求する米が主役の和食店。

三越前にひたすら米の旨さを追求する米が主役の和食店。

日本橋 米祥(こめしょう)和食/三越前|食感や香りなど味わいの異なる、5種類のブランド米を常時用意する、米が主役の和食店だ。ひたすら米の旨さを追求した炊き方は、自宅では真似のできないプロの技。


日本橋 米祥(最寄駅:三越前駅)

鍋、水、火加減にこだわり抜いた米の旨さに唸る!

まず、使用する水は魚沼の超軟水。じっくり浸水してから炊飯専用のガス台の火にかける。丸みを帯びた土鍋の中心に、強火が当たることで対流が起こり、粒がふっくらとした最高の炊き上がりとなる。 熟練の料理長の手による、西京漬けや煮つけなど、築地から仕入れる新鮮な魚を使った一品料理も自慢で、ご飯のおかずはもちろん、酒のつまみにも打ってつけだ。

花キラリ 1100円(1合)

光沢のあるツヤ感が特長で、あっさりとした甘みがある

朱鷺と暮らす郷 1000円(1合)

もっちりとした食感のコシヒカリ

お供セット 700円

ちりめん山椒、明太子、海苔の佃煮の3種

いくら醤油漬け 900円

自家製の醤油ダレに漬け込んだ北海道産のイクラ

お造り三点盛り 1980円~

この日は甘海老、活〆シマアジ、本マグロ

銀ダラ西京焼 1300円

ご飯と相性の良い米味噌でしっかり味をふくませる

お店からの一言

料理長 飯塚貴巳さん

「日本酒は常時15種類取り揃えています!」

日本橋 米祥

[住所]東京都中央区日本橋室町2-2-1 コレド室町1 3階 [TEL]03-6225-2424 [営業時間]11時~15時半(14時半LO)、17時~23時(22時LO)※ランチタイム有 [休日]施設の休館日に準ずる [席]34席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、お通し代500円別 [交通アクセス]地下鉄半蔵門線ほか三越前駅A6出口直結

電話番号 03-6225-2424
2017年12月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


秋の最強グルメ、旬の食材×新米の【炊き込みご飯】を都内で食す!

秋の最強グルメ、旬の食材×新米の【炊き込みご飯】を都内で食す!

お待ちかね。新米の登場で、ご飯の美味しい季節です。特に旬の食材を使った炊き込みご飯はたまらない旨さ。ほっかほかの銀シャリや持ち帰りで食べたいおにぎりまで、とにかく旨い“秋味ごはん”を探してきました!


軽やかな酸味でグイグイ飲める恵比寿『魚屋きいもん』の生レモン割!

軽やかな酸味でグイグイ飲める恵比寿『魚屋きいもん』の生レモン割!

生搾りのレモン果汁が入った「生レモン割」(486円)のジャンボサイズが「ジャンレモ」。片手で持つのがやっとのボリューミーな一杯は1ℓサイズだが、軽やかな酸味でグイグイ飲める。


カクテルのようにバランスいい恵比寿それがしの「レモンサワー」にメロメロ!

カクテルのようにバランスいい恵比寿それがしの「レモンサワー」にメロメロ!

何て麗しいレモンサワーだろう。酸味の爽快さも、心地よい甘みも、果実のフレッシュ感もあり、カクテルのようにバランスいい1杯だ。『恵比寿それがし』の旨さの秘密は自家製レモンシロップ。


東京日本橋で涼むならここ!日本橋でおすすめの老舗のカフェ2店

東京日本橋で涼むならここ!日本橋でおすすめの老舗のカフェ2店

散策の合間に、老舗のカフェでひと休み。江戸文化が薫る日本橋は今も昔も美味しい店が集まっています。品格あるこの街の風情にしっくりと馴染むのは、何といっても和のお店。暑い夏、東京の日本橋で涼むのにおすすめな老舗カフェを2店 ご紹介。


丸の内で豪華な刺身盛り定食が1200円!1000円以下のお値打ちランチも!

丸の内で豪華な刺身盛り定食が1200円!1000円以下のお値打ちランチも!

山陰海鮮 炉端かば 丸の内店(居酒屋/東京)見よ、この豪華な刺身盛りが、丸の内で1200円! 鳥取や島根の郷土料理がとことん味わえるこちらの居酒屋。


最新の投稿


東京駅構内で「ちょい呑み」!コスパもGoodな店5選

東京駅構内で「ちょい呑み」!コスパもGoodな店5選

発車まであと00分!慌ただしくても楽しめるちょい飲みで、美味しいひとときを!列車の発車までまだ少しだけ余裕がある。そんな時に立ち寄りたいのが、ちょい飲みの店。美味しいお酒で列車を待てば、胃も満足、旅情もアップと一石二鳥です。 撮影/石井明和、小澤晶子(エノテカ)、大西尚明(あべや)取材/菜々山いく子


ザクッ、プリッ!一度食べたらハマる「エビフライ」は想像以上の食べ応え!

ザクッ、プリッ!一度食べたらハマる「エビフライ」は想像以上の食べ応え!

大山『とんかつ 豚しゃぶ 創作料理 銀扇』|テーブルに運ばれてきて、実際にその大きさを目にすると、「おーっ!」と感嘆の声を上げてしまった。ザクッ、プリッという爽快な歯ざわりのあと、ギュッと詰まった身の濃厚な味で満たされる。


じゅわっと旨みが染み出す大ぶりの牡蠣を赤坂で堪能!『とんかつ末吉』

じゅわっと旨みが染み出す大ぶりの牡蠣を赤坂で堪能!『とんかつ末吉』

粗めに仕上げた自家製パン粉に合うものをと探してたどり着いたのが、現在のぷりっぷりで大きな牡蠣。口に運ぶと、ザクザクという小気味いい音とともに、じゅわっと牡蠣の旨みが染み出す。


新宿『とみたや』でA5ランクの肉を使った「すき焼き」を満喫!

新宿『とみたや』でA5ランクの肉を使った「すき焼き」を満喫!

とみたや|もとは松阪牛の本場、三重県出身の初代が肉の卸業を営み、さらに虎ノ門で店を構えたのが始まり。3代目となる今も、長年の信頼関係と目利きゆえ、いい肉を安く仕入れられるのが自慢だ。


 昼に食べれば夜まで満腹!美味で食べ飽きない秋葉原の「デカ盛りパスタ」!

昼に食べれば夜まで満腹!美味で食べ飽きない秋葉原の「デカ盛りパスタ」!

『カフェ・レストランフレスカ』ではデカ盛りをどこよりも早い15年前に実施。当初は肉体労働で腹ペコの電化製品販売員のリクエストから始まったのだそう。


ランキング


>>総合人気ランキング