三越前にひたすら米の旨さを追求する米が主役の和食店。

三越前にひたすら米の旨さを追求する米が主役の和食店。

日本橋 米祥(こめしょう)和食/三越前|食感や香りなど味わいの異なる、5種類のブランド米を常時用意する、米が主役の和食店だ。ひたすら米の旨さを追求した炊き方は、自宅では真似のできないプロの技。


日本橋 米祥(最寄駅:三越前駅)

鍋、水、火加減にこだわり抜いた米の旨さに唸る!

まず、使用する水は魚沼の超軟水。じっくり浸水してから炊飯専用のガス台の火にかける。丸みを帯びた土鍋の中心に、強火が当たることで対流が起こり、粒がふっくらとした最高の炊き上がりとなる。 熟練の料理長の手による、西京漬けや煮つけなど、築地から仕入れる新鮮な魚を使った一品料理も自慢で、ご飯のおかずはもちろん、酒のつまみにも打ってつけだ。

花キラリ(手前) 1100円(1合)

光沢のあるツヤ感が特長で、あっさりとした甘みがある

朱鷺と暮らす郷(奥) 1000円(1合)

もっちりとした食感のコシヒカリ

お供セット 700円

ちりめん山椒、明太子、海苔の佃煮の3種

ごはんのお供はコレ!
旨みとコクが甘み豊かなご飯を引き立てる

いくら醤油漬け 900円

自家製の醤油ダレに漬け込んだ北海道産のイクラ

お造り三点盛り 1980円~

この日は甘海老、活〆シマアジ、本マグロ

銀ダラ西京焼 1300円

ご飯と相性の良い米味噌でしっかり味をふくませる

お店からの一言

料理長 飯塚貴巳さん

「日本酒は常時15種類取り揃えています!」

日本橋 米祥

[住所]東京都中央区日本橋室町2-2-1 コレド室町1 3階 [TEL]03-6225-2424 [営業時間]11時~15時半(14時半LO)、17時~23時(22時LO)※ランチタイム有 [休日]施設の休館日に準ずる [席]34席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、お通し代500円別 [交通アクセス]地下鉄半蔵門線ほか三越前駅A6出口直結

電話番号 03-6225-2424
2017年12月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


蕎麦と日本酒で一杯!蕎麦前も充実の老舗『川むら』

蕎麦と日本酒で一杯!蕎麦前も充実の老舗『川むら』

川むら(そば/谷中)|日暮里駅から谷中ぎんざへの道中にあるのが、明治創業の同店だ。ここの蕎麦の味を知れば素通りはまず不可能。


最高の環境で「白米」を食べられる!東京都内の名店 5店

最高の環境で「白米」を食べられる!東京都内の名店 5店

【焼き肉から和食まで 至高の銀シャリ】炊き込みご飯もいいけど、白いご飯も食べたい!王道の定食のみならず、白米が評判の店を聞けば、ジャンルを問わず大調査。結果、焼き肉店まで範囲が拡大。お供も美味しい、最高の環境で白米を食べられる名店をお届けします。


至福の鯖百選[3] 水揚げの1パーセント! ミラクルな美味しさを堪能できる 「銚子極上さば料理祭」開催中!

至福の鯖百選[3] 水揚げの1パーセント! ミラクルな美味しさを堪能できる 「銚子極上さば料理祭」開催中!

サバ水揚げ量日本一を誇る千葉県銚子市。そのなかでも、最も脂がのった秋に水揚げされる、700グラム以上の大型サバが「銚子極上さば」。 漁獲量全体のたった1パーセントという貴重なサバがとことん楽しめる「第9回 銚子極上さば料理祭」が開催中……!


うどんの名店「長谷川」から暖簾分けした今大注目の新宿のうどん屋

うどんの名店「長谷川」から暖簾分けした今大注目の新宿のうどん屋

蔵出し和酒と江戸前天ぷら 甲州街道 賽(旧店名:武蔵野 はせがわ)|うどん好きならば、この店名にピンと来るだろう。大泉学園にある武蔵野うどんの名店『長谷川』から暖簾分けし、2016年にオープンした。


水天宮前の居酒屋『人形町 徳』の「伊勢うどん」は伊勢人の太鼓判付き!

水天宮前の居酒屋『人形町 徳』の「伊勢うどん」は伊勢人の太鼓判付き!

 割烹で修業した店主が開いた居酒屋で、伊勢うどんは30年前の開店当初からある人気メニュー。ランチでは小鉢やドリンクなどが付いた定食スタイルで楽しめる。


最新の投稿


奄美大島の郷土料理『なつかしゃ家』

奄美大島の郷土料理『なつかしゃ家』

“あんま”(お母さん)と親しみをこめて呼ばれるのが、店を切り盛りする恵上イサ子さん。島の中学校の校長を定年退職後、奄美独特の食文化を次の世代に伝えたいと、料理人へ転身した。


至福の鯖百選[6] 「もう1杯」が無限になる!?  ビールに最強の「サバグルメ」でカンパイ!

至福の鯖百選[6] 「もう1杯」が無限になる!? ビールに最強の「サバグルメ」でカンパイ!

ここしばらく「サバグルメ洋風化現象」が起きているなか、「サバと洋酒」シーンがもっと盛り上がってもいいはずだ。 サバと洋酒を極めなければ!と思っていた矢先に、ビッグニュースが飛び込んできた。なんと、キリンビールのビアレストラン『キリンシティ』が最高にビールに合う「サバ料理」を開発! これは行くしかない!!!


落合の豆腐屋『小野田豆腐店』

落合の豆腐屋『小野田豆腐店』

 ご近所さんやお使いの子どもたちが続々と訪れる、一見普通の“街のお豆腐屋さん”だが、手間暇かけて丁寧に作られた絶品の豆腐がいただける。四代目の小野田滋さんが北海道産「音更大袖振」と出合い、大豆に魅せられ作ったのは「四代目 絹」。


築地の豆腐屋『とうふ杉寅』

築地の豆腐屋『とうふ杉寅』

 近隣住民が買いに来るだけでなく、50軒を超える銀座の名店や料亭などにも豆腐を納めている店。ここではプロの舌も唸らせる逸品が手に入る。


名古屋エリア限定グルメ情報(60) たまり醤油の濃厚なコクとほのかな甘さがクセになる「チャーシュー中華そば」

名古屋エリア限定グルメ情報(60) たまり醤油の濃厚なコクとほのかな甘さがクセになる「チャーシュー中華そば」

名古屋には、味噌かつや手羽先、きしめんなど安くて旨いB級グルメは数多くあるが、ご当地ラーメンは存在しない。 そんななか、将来的に名古屋のご当地ラーメンとなる可能性を秘めたラーメンを出す店を発見した。それが『濃厚中華そば 佐とう』だ。


ランキング


>>総合人気ランキング