MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
吉祥寺の住宅街に佇む一軒家のお忍び蕎麦居酒屋

吉祥寺の住宅街に佇む一軒家のお忍び蕎麦居酒屋

晩酌や 月(バンシャクヤ ツキ)そば/吉祥寺|ここは吉祥寺の住宅街に佇む一軒家の蕎麦居酒屋。紺の暖簾をくぐれば、小さな池のある庭が見えてくる。

晩酌や 月(最寄駅:吉祥寺駅)

旨いつまみに酔いしれるお忍び蕎麦居酒屋

寛いだ雰囲気の店内で楽しめるのは季節の酒菜や上質な刺身。さらに「たまごふわふわ」など、江戸料理のレシピを再現した粋なつまみがあるのも興味深い。ご主人の手抜きのない仕事が何気ない酒菜にも命を吹き込み、食べれば思わず口元がほころぶ。日本酒やベルギービールなど酒は絞り込んで厳選したものばかり。〆は軽やかで酒の後にもするりと胃に収まる十割の細打ち蕎麦だ。

手打ちそば
756円

3種の挽き方の違う蕎麦をブレンドした十割の細打ちはのど越しと香りの良さを併せ持つ

茨城産栗素揚げ
648円

素揚げした栗はホクホク。渋皮ごと食べるとより味が深い。

お通し
 

蕎麦の実を入れた椀ものはこの季節にうれしい温かいお通し

菊鷹
702円(100ml)

福留さんイチ推しは「菊鷹」

鮟肝と黒胡椒
756円

余分な脂を落としてダシで炊いた鮟肝は、黒コショウの薬味でいただく

お店からの一言

店主 福留さん夫妻

「ゆっくりしてもらえる静かなお店です」

晩酌や 月

[住所]東京都武蔵野市吉祥寺東町1-12-3 [TEL]0422-57-6675 [営業時間]17時~23時LO [休日]木 [席]14席/全席禁煙/予約可/カード不可/サなし、お通し代324円別 [交通アクセス]JR中央線ほか吉祥寺駅北口から徒歩9分

電話番号 0422-57-6675
2017年12月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 落語には蕎麦のネタがよく出てくるほど両者の関係は深い。そんな江戸情緒あふれる寄席が、これまた江戸にルーツのある老舗蕎麦屋で楽しめるとは粋ってやつじゃないですか。
更新: 2019-05-20 13:17:24
厳選した北海道産の蕎麦粉を石臼で挽いたこだわりの蕎麦はもちろん、四季を感じる食材を使った料理で一杯やるのがいい。お茶割りも「そば茶割り」「抹茶割り」「玉露割り」「ウーロンハイ」「黒ウーロンハイ」と充実。
更新: 2019-03-05 18:00:00
郷土料理を肴に酒盃を傾け、板蕎麦で〆る。山形の豊富な山海の恵みを看板に、3月にお目見えしたばかりの新店だ。
更新: 2019-02-16 12:00:00
この店を訪れるなら刺身類はぜひ注文されたし! というのも、築地のみならず、契約する三浦の漁師から水揚げしたばかりの新鮮な魚介を日々仕入れているのだ。
更新: 2019-02-15 12:00:00
『かんだやぶそば』から暖簾分けした『杉並やぶそば』が、今年1月に赤坂サカスのダイニングに新店をオープン。「そば遊膳」と銘打ったコースには、カンピョウや玉子焼きを具に風味豊かな海苔で巻いた「そば寿司」や、もっちり感と溢れ出す香りを楽しめる「そばがき」など、伝統の蕎麦料理を盛り込んでいる。
更新: 2019-02-14 12:00:00
最新の投稿
新大橋通りに面した角に立つ小さなお店。中に入ると、多種多様なベルギービールが棚にずらりと並び、常時50~60種もの味を楽しめる。
更新: 2019-05-21 12:00:00
店主は毎朝築地へ足を運び、勝ち得た信頼と目利きにより入手した天然ものの魚にこだわる。そんな和食店で提供される、肉好きも大満足のメニューが右の逸品。
更新: 2019-05-20 12:00:00
「かろかろん♪」と鈴が鳴るドアを開けると、アフリカ調の素朴な色合いと華やかさが入り混じったリラックス空間が広がる。多国籍の雑貨を売っていた所に、お茶や食事を楽しめるスペースを開設したのが始まり。
更新: 2019-05-20 11:44:41
洋食店としての創業ながら、先代はとんかつ専門店だったという歴史を持つ店の当代が打ち出したのは、驚くほどふわふわのハンバーグ。「子どもの頃、親父が作るハンバーグが好きで、それを再現したかった」と店主は笑う。
更新: 2019-05-20 11:47:44

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt